ホビースクエア秋葉原

実演 記事一覧

皆様こんにちは!ホビースクエア秋葉原用品コーナー担当★野です。
本日も皆様に耳よりの情報をお伝え致します!

以前、実演で度々ご紹介しましたボークスのイベント限定ガレージキット「絶対領域綾波レイ」。

0515_02.jpg

このパーツの一部を使用して、エアブラシの楽しい塗装の可能性をご紹介します。

ちなみに前回の記事はコチラ

・実演アフターレポート!「サフレス塗装をやってみよう!桃肌フレッシュ」編

・実演アフターレポート!「ガレージキット・キャラグミンを作ってみよう塗ってみよう!」編

クリーチャーや怪獣などでも活用できる、フリーハンドでのエアブラシ塗装です!
時にマスキングを使用して色の塗り分けを行うエアブラシ塗装ですが、モノによってはその作業も必須ではありません。

大きなパーツであった場合、エアブラシは細密な塗装が可能なので、実に「いい塩梅」でノーマスキング塗装も可能です。

これがまた楽しいのです!!

という訳で、ノーマスキングでもこんな塗装が出来る、ノーマスキング塗装は楽しい!という事をご紹介しましょう。

まずは綾波の足元にあるエヴァンゲリオンの頭部頭蓋骨のパーツをご覧ください。


0515_03.JPG


先程の画像に、炎のエフェクトが加えられていますね。
この炎も、マスキングなしで楽しめる塗装部分です。

0515_04.JPG

詳しくはコチラの記事もご覧ください。

・春の新生活でエアブラシチャレンジ!造形村エアフォースセットで炎のグラデーションを塗装してみた!

さあ、まだ塗装されていないエヴァンゲリオンの塗装をマスキングなしで塗りますぞ!!


じゃじゃん!!

0515_01.JPG

一見細かそうですが、フィーリングで思うまま塗装したのであっという間に完成してしまいました。
(途中の工程の画像を撮影し忘れるくらいには・・・)
色の境目はマスキングを施すのではなく、エアブラシならではの「細吹き」で輪郭を先に描いて、あとは塗り絵の様に各々の色を塗ってゆきます。
境目で色が混じった部分は、最後にクリアブラックを重ね塗りするといい塩梅に誤魔化せます。

塗装の順番ですが、今回は「炎の照り返し」の部分から先に塗り始めました。

0515_05.JPG

たまたま炎のエフェクトを先に塗っていたので、その色味に合わせて炎の中心点を白に近い黄色で、外に広がるにつれクリアーオレンジやクリアーレッドで色付けします。
実は、エヴァンゲリオンの頭部の塗装は、炎のエフェクトの後に塗っているのです。
なんというか、綺麗にメカを塗った後、炎のエフェクトを描き足すのは勇気がいるじゃないですか。
なので、「今回はこのくらい燃やそう!」と考えて炎の色を塗ったら気分はだいぶ楽になるもんです。というかむしろ楽しい。


0515_06.JPG
目元の粘膜部分は、モデルカステンのラッカー塗料「粘膜クリアー」が文字通りに大活躍!
クリアー系の塗料なので、大まかな塗装が終わった後に、大胆に後付け塗装。
当然マスキングなしです。

超作業楽しい!

粘膜クリアーをまぶた(?)にかけてヌラヌラした感じを出したり、瞳の部分にかかって生物感を出した時などは、意図せず勝手にいい感じになってくれてニヤニヤが止まりません!
この塗料、美少女フィギュアだけでなく、怪獣やクリーチャーにもめっちゃ役立ちそうじゃないですか!?

メタリックレッドの「歯」の部分の塗り分けにもご注目。
色の境目にたっぷりクリアーブラックを重ねることで、グラデーションを付けつつ、楽に境目を誤魔化しています。


それでは、エヴァンゲリオンの頭を炎のエフェクトに囲まれた台座にセットオン!

0515_07.JPG

どうでしょう、炎にあぶられている感じがでていれば良いのですが・・・

一見、難しそうに見える部分ではありますが、この台座周辺はマスキングを必要とせず、心の赴くままに楽しく塗れた箇所です。
怪獣やクリーチャー、大型のオブジェクトなど「色の境界が曖昧」なモチーフの時、エアブラシは超絶楽しく塗装が出来るのです!

さて、最後にノーマスキングでこんな風に塗装が出来た一例です。


0515_08.JPG

非常に精巧に造形された、一体成型のチューブ・パイプのエフェクトモールドです。
最初はコレをどうマスキングしたものか、大変迷いましたが・・・

「この部分も境目がぼやけていた方がそれっぽいんじゃなかろうか」

と思い直し、マスキングなしで細吹き塗装を試してみました。
パイプが密集している太ももの部分は、部分的にツヤあり黒下地を塗りましたが、プラグスーツに接している腰回りのパイプは黒下地なしで、直接シルバー・ゴールド・ガンメタルなどを細吹きしました。

境目はまたしても「粘膜クリアー」が大活躍!さらに姉妹塗料とでもいうべきモデルカステンのサフレス塗装用塗料「桃肌フレッシュ」や「サフレスフレッシュ・リアルカラー」「褐色フレッシュ」なども交互に使って色味にランダムな感じを出してみました。
いざ塗装してみると、はみ出しも少なく見た目以上に楽に塗装できました。

最後に細部の金銀をファレホで筆塗りして完了!

さて成功例ばかりだけでなく失敗例もお話ししましょう。
腰回りの銀のパイプはさすがに「はみ出し無し」という訳にはいかず、銀色がプラグスーツに掛かってしまうことがありました。
ですが、銀色塗装後、肌色→クリアーホワイトでエアブラシでリタッチ(これまたマスキングなし)し、最後に境目を粘膜クリアーでぼかすことで、比較的簡単に修正完了しています。


0515_09.JPG

というわけで、実演で少しずつ進んできた綾波レイも、完成まであと一息!

これらの塗装は、非常に高い圧力から細かい圧力まで調整可能なハイパワーマシン「造形村エアフォースコンプレッサー」と、
その大パワーを、繊細に制御可能な模型専用のエアブラシ「造形村プロモデル-A」で行っています。

高性能でなめらかなエアブラシ塗装が出来る造形村コンプレッサー

造形村エアフォースはコチラ

そろそろ新生活に慣れてきた皆さんも、より本格的なコンプレッサーシステムの導入をお考えであれば
造形村がオススメです!!

次回も用品のお得な情報をお届けしていきます。用品コーナー担当でした!

皆様こんにちは!ホビースクエア秋葉原用品コーナー担当★野です。
本日も皆様に耳よりの情報をお伝え致します!

以前、エアブラシと筆塗りの併用をこのショールームニュースにてご紹介しました。

前回の記事はコチラ
・エアブラシと筆塗りを併用して、さらなる化学反応を起こせ!!

さて、今回はその延長線上で、ファレホを使った筆塗りの応用方法をご紹介します。
かなりピンポイントな塗装方法ですが、他の事柄でも使用できる局面があるかもしれません。


今回は、1/700の軍艦のプラモデルに入っている、小さなボートの窓枠の塗装です。
これを応用すると「ちょっとエッジの立った塗装」
をしたいときに、ファレホを使うと役に立つかもしれません。

それではまずは、塗装するパーツからご覧いただきましょう。

0508_02.JPG

とりあえず本体色をぬりました。
ここから、側面の「窓枠」を塗っていこうと思います。
右側の少し大きなボートには、ちょっと先走って窓が描きこまれていますね・・・

そうそう、パーツの大きさを見て頂く為に、塗料ビンとサイズを見比べてみましょうか。

0508_03.JPG

このくらいのサイズです。
かなり小さいので、既に塗ってある丸い窓枠はともかく、角ばった窓枠はサイズ的に一見難しそうです。

ああ、ところで今から塗る窓枠ですが、実際に考証をしたりしていません。
雰囲気で塗っているため、そこだけ予めご了承下さい。たぶん実物と違う・・・

よし、それでは実作業開始!
まずは、窓枠の部分に黒のファレホで「横線」を引きます。


0508_04.JPG

のっけから、いきなりきれいな黒線を引けるわけではないので、上か下か、いずれかをキレイにすると意識して塗ります。
今回は、なるべく下のラインがキレイになるように塗りました。

どうでしょう見えますかね?
上のラインはちょっとはみ出してますがここでは気にしない。


0508_05.JPG

続いて上のラインが気になったら最初に塗った基本色で修正します。
先程と船体を反転させていますが、右側が修正済み。左側がこれから修正ってところです。

ここで「修正」できるだけの隠ぺい力があるのがファレホの強み!
エアブラシ塗装のはみ出しのタッチアップや、細部筆塗りのリカバーもこの要領で非常に簡単にできます。
ちなみに最後にエアブラシで「マットバーニッシュ」を吹きつけると、さらにタッチアップ跡は目立たなくなりますぞ!

さあ、こっからが筆塗りの醍醐味、面白い所だ!!

今度は縦に基本色を「ビッ」と差します。

ここは多少の慣れがいりますが、ちょっと思い切りよくやった方が上手く線を引けます。
筆に含ませる塗料の量がポイント。自分の筆遣いに合う塗料の量を探し出しましょう。

0508_06.JPG

ここは、専門のファレホホビーブラシの「プロモデラー」もしくは「ディテール」の極細筆を使用すると、含みのコントロールがしやすいかな?

・ファレホホビーブラシ プロモデラー
・ファレホホビーブラシ ディテール

筆は弊社サイトはもちろん、各店舗で豊富にそろっています。
ワールドワイドな塗料メーカーが贈る、ホビー専用に特化した筆の使い心地、是非一度お試しあれ!

さあ、ここで今一度塗料ビンとサイズを見比べてみましょう。

0508_01.JPG

こんなサイズの小さなボートですが、窓枠のエッジがしっかり出ているのが分かりますでしょうか?
ちなみに丸い窓枠も、右と左で位置がずれていたりしたので、一度基本色で塗りつぶしてもう一度塗り直したりしています。

何度かやり直しができるとなると、案外心が落ち着いてミスも少なくなり、気軽に修正できるのがファレホの嬉しい所。

さ、こんなボートをチマチマ塗って、キットに乗せたのがこちら。

(まだ未完成です。繰り返す実演を通じていつか完成します)

0508_07.JPG

0508_08.JPG

ファレホのおかげで情報量を引き出す事ができたように思います。
もちろん、表現方法としてはさらに精密感の高いエッチングの貼り付けなど、もっともっとハイエンドな技術もありますが、ファレホならではの選択肢として、こんな方法もあるという事でご紹介させていただきました!

特にこの塗装は、私の技術ではファレホなしでは無理がある、ファレホだからこそ楽しく塗れる方法です。
皆さんも、ぜひご自身のジャンルでファレホの隠ぺい力の良さをご活用ください!


次回も用品のお得な情報をお届けしていきます。用品コーナー担当でした!

皆様こんにちは!ホビースクエア秋葉原用品コーナー担当★野です。
本日も皆様に耳よりの情報をお伝え致します!

塗装方法には「筆塗り」と「エアブラシ」があります。

これらは対立するものではなく、「乗算」されるものですので、是非併用して使って頂きたいと思います。

特にファレホは筆塗り能力がずば抜けていますので、ファレホのエアブラシに筆塗りを加えるだけでなく、ラッカー塗装の上のワンポイントにも向いていますぞ?

さあ、それでは早速ご覧いただきましょう。

まずは、前回の実演でファレホのエアブラシ塗装をしたプラモデルです。

0501_02.jpg

0501_03.JPG

こちらは以前の実演で製作した、宇宙戦艦ヤマトのメカコレクションシリーズ。
手のひらサイズのプラモデルです。

実演で何度かに分けて制作しましたが、この時点ではまだ未完成でした。


ちなみに前回の記事は、こちらをご覧ください。


・実演アフターレポート!「エクスプレスカラーで簡単モジュレーション塗装をしてみた!」編

・実演アフターレポート!「この春、ファレホでエアブラシ塗装!」編

そこから、ファレホの筆塗りで最後の仕上げを施したものがコチラです。 0501_01.JPG

ファレホを使って、細部を筆で塗り分けして完成!

エアブラシで全体のグラデーションを施しましたが、筆は、エアブラシではできないような細部塗装が本領発揮!

今回製作したプラモデルは、とても小さいのにディテールがしっかり入っていてメーカー側の大変な努力が伺えました。
せっかくここまでモールドを入れてくれたメーカーの意気込みに、モデラーとして応えたいと思い、細かなディテールを強調してみることにしました。

0501_04.JPG

艦橋周りや大砲の周辺に、沢山のモールドが浮き出ています。
これらを強調する為に、「基本色(今回は赤ピンク)に白を足した色」を筆でチョンチョンと浮き出たモールドに乗せています。

色を乗せるたびにモールドが際立ち、
「うぉおおお!メーカーさん頑張ったなぁぁぁぁ!」
などと叫びながら楽しく色を筆で乗せて行きました。


0501_05.JPG

どうでしょうか、エアブラシで塗装した基本塗装に、筆塗りを加えることで、モールドがひときわ目立つようになったのではないかと思います。
全体塗装のクオリティやグラデーションはエアブラシ塗装が速くて綺麗。
そして、こんな細かい塗装は筆塗りの独壇場。

両者を掛け合わせるとさらに表現力マシマシです!

0501_06.JPG

こちらも、船体に所々出ている「浮き出たモールド部分」に「基本色+白」を筆でチョンチョン乗せています。
多少はみ出しても、スミイレをすれば目立たなくなりますよ。

一見地味な作業に見えますが、筆塗りをすればするほどに、キットの良さが引き立てられる感じが実感できてとても楽しいです!!

さあ、ここまでは実演で作って出来上がったものを画像に収めましたが、一つここで、実際に作業しながらファレホの「細部筆塗り能力」を見て頂くとしましょう。


0501_07.JPG

さあ、こちらはエアブラシで塗装した濃いグレーの上に、白に近い細かな筆塗りを施している最中です。
いま、筆先で差している部分はまだ塗り分けがされていませんね。

そこにファレホの筆塗りを加えると・・・


0501_08.JPG

ご覧の通り!
サッと一発筆塗りで、濃いダークグレーの上に、白に近いグレーが乗りました。

ちなみに使用している塗料はなんとエアブラシ用のモデルエアー。
エアブラシ用に希釈済みの塗料ですが、それでもこのくらいの細かい筆塗りならば問題なく発色してくれます。
もちろん筆塗り専用のモデルカラーならさらに隠ぺい力もアップ!

このチマチマしたディテールのすべてをマスキングするとなると気の遠くなる作業ですし、既存の塗料の筆塗りだとムラが出てしまって満足な仕上がりにならない所ですが、ファレホだとエアブラシと筆塗りの組み合わせで実に簡単に塗り分けが完了しますぞ!


如何でしょうか?
筆塗りとエアブラシをコンボすることで、表現力と効率はグングン引きあがってゆきます。
「筆塗り技術」の上に「エアブラシ」を「オン」させることでよりお手軽に、より良いものを作ってゆこうではありませんか!

次回も用品のお得な情報をお届けしていきます。用品コーナー担当でした!

皆様こんにちは、用品担当の★野です!


4月13日(土)開催の「アニメプラモをエアブラシ塗装してみよう!」実演にご参加頂きありがとうございました!

さて今回は、アニメプラモをエアブラシで塗装しようということで、ガンプラの塗装をしてみましたぞい!0417_21.JPG

低圧から高圧まで安定して乱れの無いエアーを供給できるハイパワーマシン「造形村エアフォース」コンプレッサーと、その大パワーを制御して、指先数センチの至近距離からでも綺麗な塗装やグラデーションを施せる「模型専用」に設計された「造形村プロモデルA」エアブラシを組み合わせた、エアフォースコンプレッサーセットを使用して、ガンプラ「HGUC 1/144 クスィ―ガンダム」を半分塗装・半分素組の形で塗装してみました!

造形村コンプレッサーに興味のある方はコチラをご覧あれ

「造形村エアフォース」


0417_22 .JPG

右半分が造形村エアフォースコンプレッサーシステムで塗装。
左半分が未塗装パチ組状態です。


0417_23.JPG


このガンダムの手首も見せ場だと思いますので、ディテールに合わせて塗り分けをしています。
指の付け根や関節の金色部分は、ファレホによる筆塗りです。
ラッカー中心の塗装であっても、こんな時にファレホは重宝しますね!

0417_24.JPG

基本的に今回はディテールアップをしていない(それどころか合わせ目消しすらしていない!)のですが、片方の手首だけ、前回のモーターツール実演で肉抜き穴を埋めて削っています。

前回の実演

実演アフターレポート!「アルティマATでモーターツールチャレンジ!」編  の記事はコチラをクリック


0417_25.JPG

背面も、半分だけ塗装して、半分は未塗装のまま!
エアブラシを使うと、自分の好きな配色を、ムラなく綺麗に塗装できますぞ!
『ガンプラは自由』の合言葉の元、今回は『超合金トイっぽい感じ』を目指して製作させていただきました。


0417_26.JPG

アルミの様なバーニアも、ボーンペイントの『マキシマムシャインシルバー』でシュシュッと吹き付け!
ちなみに今回はお客様の前でサッと塗装するスピード塗装でしたので、ツヤありの黒下地すら使用せず、そのままシルバーを吹き付けて仕上げています。(もちろん、黒下地を使用した方が更に仕上がりは良くなります)それでもこのくらいの金属感が出るのは嬉しいですね。

ここでボーンペイント「マキシマムシャインシリーズ」の個人的な豆技。
この塗料は、圧力を高めに(0.3MPPくらい)して、エアブラシのアジャスターを可能な限り絞り込み、『高圧でごく少量の塗料を吹き付ける』ことで輝度が高まります。

そんな塗装方法も、高圧力・高精度のエアフォースコンプレッサーなら楽々クリアー!

0417_27.JPG

シルバーの上にクリアー塗料を吹き付ける「キャンディ塗装」も、吹き付けの強弱で陰影を付けられます。
この滑らかな陰影も、造形村エアフォースコンプレッサーのおかげで表現できました。

0417_28.JPG

首回りも細かい造形が施されていたので、マスキングを施して塗り分けしています。
え?片方のアンテナが無い?
そうなんです。作業中に行方不明になってしまいました・・・
見つかるといいな!

さて、今回の実演の作例は、「エアブラシ塗装したもの」と「パチ組」のものとを分けてお客様にも見比べて頂く事が出来るかと思います。
近々、用品フロアにて展示しますので、エアブラシ導入をご検討の方は是非ご覧ください!


次回も用品のお得な情報をお届けしていきます。用品コーナー担当でした!

皆様こんにちは、用品担当の★野です!


3月30日(土)開催の「この春、ファレホでエアブラシ塗装!」実演にご参加頂きありがとうございました!

0403_02.jpg

さて今回は、初心に立ち返りエアブラシの使い方や洗浄の仕方なども交えて、ファレホエアーの性質やグラデーションの塗り方などを紹介しました。

また、実作業を通じてファレホという塗料が匂いが全くしなかったこと、そして海外の厳しい安全基準に則って非常に安全性が高い塗料であることも実感して頂けたと思います。

0403_01.JPG

実演では、アニメモデルの全体塗装や、これまで実演で塗装していた艦船スケールモデルの続きを行いながら、改めてエアブラシ塗装の基本をご紹介しています。

それでは実際に実演でサッと塗装したアニメキット、メカコレクション宇宙戦艦ヤマト2199 No.14 「ダロルド」から行きましょう。


0403_03.JPG

この手のひらサイズのプラモデルを、エアブラシ塗装しました。
使用したのはエアブラシ専用塗料である「ファレホエアー・ゲームエアー」や、筆・エアブラシ両用可能な塗料「メカカラー」「エクスプレスカラー」等を使用しました。
これらは、出力の高いコンプレッサーならば希釈無しでそのまま塗装OK。カップ内調合も可能です。
使用したコンプレッサー

「造形村エアフォース」

ならば、非常に高い圧力を出せるので、水性塗料のスペックを存分に引き出せますぞ。

0403_04.JPG

メカカラーでサッと塗装した後、エクスプレスカラーで下地を生かしつつお手軽グラデーション。
船体横の発光表現も、軽くマスキングをしてから「白」→「エクスプレスカラーの黄色」→「エクスプレスカラーの赤」の順番でボカシを入れています。
船体艦首の上下の部分で、上の部分の影になる部分は、下の部分(円筒状の部分)にマスキングを軽く当てて、エクスプレスカラーの茶色でモジュレーション塗装をしています。
艦首上下の境目がくっきりしているのは、マスキングして色分けしているためです。
地味なところですが、こんな塗装も「エクスプレスカラー」発売のおかげでやりやすくなりました。

スミ入れもお客様の前で実演しました。
ファレホにエナメルのスミイレは出来るの?という質問がありましたが、ご覧の通りエナメル塗料のスミイレとふき取りがバッチリ出来ます。

また、甲板の白ラインについても質問が集まりました。

0403_05.JPG

この塗装は少し手間がかかるので、実演に先んじて塗装を済ませていた部分です。
こちらは、最初に甲板を真っ白に塗ってしまってから、デザインナイフと定規で細切りにしたマスキングテープを「白ライン・ガミラス文字」になる部分に貼り付けます。
それから甲板色の濃い赤を塗装。グラデーションなども全てかけ終わったらマスキングテープを剥がすと「白ライン」がくっきりと表れるのです。

ちなみにこの作業で一番活躍した道具は、細切りしたマスキングテープをキレイにつまんでピタッと貼って、塗装後に塗膜を傷つけずキレイに剥がした

「造形村 Vピンセット」かな?


さあ、ここまで塗装が済んだところで(まだ未完成ですが)、続いての教材は、たびたび実演で少しずつ完成に近づいている艦船模型です。

0403_06.JPG

今回も、そこそこに作業が進みました。
前回の実演から今回の実演の間にエクスプレスカラーが新発売されましたので、少々エクスプレスカラーで「グラデーションの後付け」を行っています。
これはどちらかというと、すでにエアブラシを所持している方が「既に塗装され、スミ入れも施されている状態で、その上から色調を変化させる塗料を上掛けする」というエクスプレスカラーならではのお手軽表現に驚かれていました。


0403_07.JPG

また、ファレホエアーの筆塗り能力にもご注目ください。
ファレホエアーはエアブラシ用に調合済みですが、だからと言って全く筆塗りが出来ないという訳では決してありません。
濃いブルーグレーの上の淡いホワイトグレー(四角いツブツブみたいな部分ね。)は、ファレホエアーの筆塗りです。
このくらいの面積ならしっかり発色してくれるんですよ!


0403_08.JPG

ボカシもエクスプレスカラーでシュッシュと追加。
船体の横にもモジュレーションで継ぎ目を入れてみました。
ちょっとわざとらしくなってしまったので、もう少し修正した方がイイかな?
でも、そんな修正もファレホならそんなに難しい事ではありません。

今回使用した塗料やエアブラシ、コンプレッサーは、全てボークスが自信を持ってお客様に御案内しているモノばかり!
みなさんも、この春にエアブラシデビューをするときは、是非私達ボークスにお手伝いさせてください!

次回も用品のお得な情報をお届けしていきます。用品コーナー担当でした!

ホビースクエア秋葉原 店舗情報
  • 101-0021
    東京都千代田区外神田1-15-16
    ラジオ会館 8F
  • 03-5256-1990
  • 平日 11:00~20:00
      土日祝 10:00~20:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る