ホビースクエア秋葉原

最新記事

皆様ごきげんいかがですか?『俺の模型部屋』管理人です。


早いもので4月も半分が過ぎました!管理人は、新緑が美しく、桜の季節よりもウキウキする季節です。
緑と言えば、「俺の模型部屋」にて開催しました第3回目の制作実演で情景がどんどん出来て行く様子が楽しかったですね!!


次回実演は、続きで
『KATO!ジオラマくんのススメ その2』です。


0418_01.jpg

日時  :4月25日(日)13:00~
場所  :ホビースクエア秋葉原 内「俺の模型部屋」
参加方法:参加費無料。時間になりましたら、俺の模型部屋前にお集まり  ください。
実演内容:KATO製「ジオラマくん」制作、第2日目。仕上げるぞ!!

第1日目で制作しました「ジオラマくん」の状態はこちら!!

0418_02.jpg

大まかなレイアウトとベースとなる着色が終了しました。
改めてジオラマくんのセット内容だけでここまで表現できちゃうのが凄いですよね。
ここまでの所要時間は、約3時間です。週末の2日間あれば、余裕で完成しちゃうのです。

そして25日(日)の実演では、完成まで頑張ります!!


2日目の実演は、
①細かなストラクチャーの設置、接着。
 ストラクチャーの配置バランスの考え方と決まった場所への接着を実演

②KATO製『はじめての、』シリーズを使用して、季節を表現ししてみよう

0418_03.jpg

メーカー:KATO
商品名 :はじめての、深雪(しんせつ)
     はじめての、草はら
価格  :各1,485円(税込)

内容  :「深雪」または「草はら」、散布用ボトル、専用糊のセットです。
     お試し用、入門用としておすすめです。

さあ最終的にはどんなジオラマくんが出来上がるでしょうか?楽しみですね!!
管理人は制作実演を見ていると、そのジオラマには、どんな車両がにあうのかしらといろいろと考えております。
ちょっと私のNゲージの在庫を見てみようとおもいます。

車両まで考え始めると、この趣味の奥の深さを感じますね!!

それでは、皆様のご来店・ご参加、スタッフ一同お待ちしております。

皆様こんにちは。ホビースクエア秋葉原用品担当です!


今回は4月11日(日)に行われました実演「アルゴファイル社製電動工具『アルティマAT』と『アルティマ5』を使ってみよう!!」のアフターレポートをお伝えいたします!!


0417_01.jpg


当日ご参加くださった皆様、ありがとうございます!

皆様がいらっしゃらなければ、一人寂しく削り続けるだけの一日となるところでした・・・
え?モデラーにはよくある日常?
・・・否定はしませんが、せっかくの実演です!
楽しくお仕事をさせて頂いたことに、改めて「ありがとうございました!」をお伝えしたかったのです!!

さて、当日は電動工具の力を余すことなく発揮し、とにかく色々な素材を削ったり加工したりを行ったのですが、主に、


1,ガレージキットの湯口の処理・バリ取り

2,スチロール樹脂・ポリエステルパテ・ウレタン樹脂・3Dプリンター用樹脂の各素材の切削
  ※オマケとして、今話題の3Dプリンター出力品のサポート材の除去も行っております!


といったふうに、大まかに二種類の実演を行っております。
その中で、皆様からの疑問やリクエスト等にお応えしながらの進行となりました。

それでは、ゆるりと1つ目から振り返って参りましょう!

ガレージキットの湯口はガッツリとアルティマATで削り、残りをアルティマ5で平滑に!


0417_02.jpg

左右のあるパーツなので、ビフォーアフターで見て頂ければと思います!
左側で、赤く塗られている部分を処理しております!

正直、この実演を始める前は無理してモーターツールを使わないで、ニッパーとナイフで処理した方が楽だし早いじゃん!
と思っていたのですが、それは大きな間違いでした!!

アルティマATでの湯口処理、めちゃくちゃ早いんです!!
付属のジルコエボのビットを使ったのですが、ニッパーと違って刃のダメージを気にせず一気に処理できるのは爽快でした♪

そして湯口を薄く残したら、アルティマ5の出番です!
湯口を整えてそのまま表面処理まで突入!!
ついでにバリも綺麗に取り去って、あれよあれよの内にサフがよく食い付いてくれそうなサラサラお肌の出来上がり☆

いやぁ、これはもう革命でしたね!
削っているので湯口をニッパーで切り取ろうとしたとき、ついでに表面まで捥げてしまい泣く泣くパテで埋めるといった事故の心配がないのが嬉しい!!


後半の2つ目では、とにかく切削!

各種素材がガンガン削れていく様は、まさに爽快でした♪


0417_03.jpg


こんな感じの素材を加工しました!
もちろんどれもバッチリ、ストレスフリーに削れましたよ☆

そんな中でも、アルティマATとゴッドハンド製のドリルビットを使用した軸打ちが好評でした!!

3mm軸コレットチャックが付属するアルティマATだからこそ出来るこの組み合わせ!
2mmの軸を打ち込むので、「どうせ穴あけるときに穴広がるし、1.9mmのビットで穴をあけよう!」と、ビットを装着して作業を開始。
高性能なアルティマATは瞬く間にウレタン樹脂に穴をあけてくれたのですが・・・


あれ?鋼線がささらない?


なんと用意した2mmの軸がキャストにささりません!
まさか全くブレなかったというのか!?という驚きを抑えつつ、2mmのドリルで穴を軽く広げると、少しの抵抗を感じながらバッチリ軸が打ち込めました!
これはスゴイ!!

「こんなことも出来るんですよ!」と、ちょっとした使い方の提案のつもりだったのですが、ガチの実用レベルですよコレは!!
これで軸打ちの作業時間を短縮できますね♪
いえ、もう本当に今まで5分からかかってた作業が秒ですよ秒!
中心出すだけであとはモーターツールでグイっと完了です!!

こんなふうに、担当も新しい発見がたくさん出来ちゃいました実演「アルゴファイル社製電動工具『アルティマAT』と『アルティマ5』を使ってみよう!!」、皆様いかがだったでしょうか?
5時間を超える実演となりましたが、今回使用したツールは両方とても軽く、なんと手への負担も軽い軽い!
特に翌日に腕が痛くなったりすることはなく、ここもポイントですね☆

さて、HS秋葉原では、次回以降も日曜日に実演を予定しております!

そんな次回はなんと4月18日、4月25日と二週連続企画!!
鉄道コーナー「K.松浦」さんによる「KATO ジオラマくん」制作実演が予定されております!
ジオラマ制作に興味がある方も、そうでない方も、日曜日はぜひHS秋葉原へご来店くださいませ!


尚、今回実演で使用しましたアルティマAT、アルティマ5共に、HS秋葉原では好評販売中です!

0417_04.jpg

メーカー:アルゴファイル
商品名 :アルティマオートトルク(アルティマAT)
価 格 :13.200円(税込)

0417_05.jpg

メーカー:アルゴファイル
商品名 :アルティマファイブ(アルティマ5)
価 格 :10.120円(税込)

そして、メインのモーターツールに並んで参加者の皆様の視線を奪っていたこの集塵機!

これを使うだけで本来飛び散って周囲に舞い、うっかり吸い込んでしまう削りカスを強力に手元に吸い集めてくれます!!

諭吉さん一人でこの性能!!

今回のような切削作業ではマストなアイテムですよっ!

0417_06.jpg

メーカー:アルゴファイル
商品名 :ラップボードファイブ
価 格 :9.900円(税込)

こちらも絶賛好評販売中ですので、皆様よろしくお願い致します♪


それではスタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております!

皆様こんにちは! 鉄道フロアの大和です!!
春ですねぇ、日差しも暖かかくて休みの日は散歩に出たくなってしまいます。(マスクを忘れずに!)

さぁ、今週も鉄道フロアのオススメ商品をご紹介いたしましょう!
というわけで、今週ご紹介するのは、コチラ☆

0415_01.jpg
「485系特急電車 京都総合運転所 特急『白鳥』セット」~~!!

名列車として今でも多くのファンの記憶に残る「白鳥」が、TOMIXのハイグレード仕様で登場です。

0415_02.jpg
特急「白鳥」は湖西線や北陸本線、羽越本線経由で大阪と青森間を結んだ特急列車です。
この列車は「昼行特急日本一の走行距離」で1,000km以上を走る列車としても有名でした。

国鉄の分割民営化後も各地で活躍した485系が短編成化や塗装変更される中、金沢総合車両所に所属する489系と並び国鉄色のボンネット型先頭車が残ったこともあり、多くのファンから親しまれました。

0415_03.jpg
京都総合車両所に所属する485系に組み込まれているボンネットスタイルのクハ481はA09編成の片側、クハ481-126を除いて「ゆぅトピア和倉」などの気動車と併結する為に密着連結器に改造されていました。

今回基本セットAに含まれるボンネット型先頭車は片方が運転席上のヘッドライトのカバーが外された姿を再現しています。
付属のインレタには4種類の車番が収録されていますが、該当するのはクハ481-105・120となります。

0415_04.jpg
基本セットBに含まれるのは200番台と300番台の先頭車です。
白鳥で活躍した485系は大阪方と新潟方で先頭車のスタイルが違うのはよくあることだったので、多彩な先頭車の差異をお楽しみください。

最後まで活躍した金沢総合車両所の489系は雨樋部分の赤帯塗装が省略されてしまいましたが、2000年代初頭の485系・489系はここにも赤帯が巻かれていました。

0415_05.jpg
基本セットに含まれるサロ481は基本セットAには「キノコ型クーラー」でお馴染みのAU12形を載せたタイプ、基本セットBはAU13形を載せたタイプが含まれています。

ヘッドマークには「白鳥」の他に「雷鳥」も含まれています。
北陸本線を彩った二つの名列車をお気軽に再現してみませんか?

今週ご紹介した商品はコチラ!

■98385 JR 485系特急電車(京都総合運転所・白鳥)基本セットA 18,414円(税込)
■98386 JR 485系特急電車(京都総合運転所・白鳥)基本セットB 18,414円(税込)
■98387 JR 485系特急電車(京都総合運転所・白鳥)増結セット 12,276円(税込)

こちらの商品は4月16日からの発売です。

というわけで、今週はTOMIXの「485系 特急『白鳥』セット」についてご紹介しました。
2000年代初頭を駆け抜けた485系の雄姿をNゲージで是非再現してみてください。

次回のSRニュースもお楽しみに!! それではまた~~!!

皆様こんにちは。ホビースクエア秋葉原キャラグミン担当です!

4月となり、新生活や新学期など色々始まる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
担当はウマ娘にハマり、四六時中ウマを育てる毎日。
いい因子が欲しいです。

さて、そんな生活の中でオタクとして外せない...今期アニメチェック!!
春アニメが少しずつ始めっている中で、今回担当がおすすめしたいのは4/10から始まったアニメ

『イジらないで、長瀞さん』

です!
気弱なオタク男子高校生"センパイ"ととんでもな性癖の持ち主"長瀞さん"を描くラブコメディ!
担当が今期気になるアニメの一角です!
Sっ気がある長瀞さんの表情がたまらないので是非アニメには期待したい!

さて、そんな作品ですがボークスではキャラグミンとして長瀞さんが発売されております!

0412_01.jpg

0412_02.jpg

商品名 :キャラグミン non 長瀞さん(水着ver.)
メーカー:ボークス
価格  :7,480円(税込)
原型製作:造形村
仕様:レジンキャスト製組立キット
全高 (スケール):約13センチ (nonスケール)
パーツ数:18点 瞳デカール付き
商品名 :キャラグミン non 長瀞さん (制服ver.)
メーカー:ボークス
価格  :7,480円(税込)
原型製作:造形村
仕様:レジンキャスト製組立キット
全高 (スケール):約14.8センチ (non スケール)
パーツ数:14点 瞳デカール付き

簡単な組み立てで作ることが出来るガレージキットなので初めての方にも安心です!
アニメを観て気に入った方、是非当店へお立ち寄りください。
また、作る上でわからない事などあれば気軽にスタッフへお尋ね下さいね!!

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ではでは・・・
次回のショールームニュースの更新をぜひお楽しみに!
それでは次会うときまでご機嫌ようー!

皆様ごきげんよう!!「俺の模型部屋」管理人です。

晴れた日のお昼は"暑い(汗)"と感じますが、朝晩は少し冷え込みがありますね!そんな春らしいお天気が続く中、皆様のホビーライフは充実していますか?!

私はといいますと、この春始まったアニメに影響されて、『スーパーカブ』のプラモデルを購入しました。キットは110㏄なのですが、アニメは50㏄のカブでして、どう改造しようかと考え中です。(メーターだけ変更のお手軽改造でいいかしら?)

そんな皆様の、模型制作の疑問の助けになればと始めました、俺の模型部屋での制作実演、次で3回目です。

今回の実演テーマは、

『KATO!ジオラマくんのススメ その1』です。

0411_01.jpg

日時:4月18日(日)13:00~
場所ホビースクエア秋葉原 内「俺の模型部屋」
参加方法:参加費無料。時間になりましたら、俺の模型部屋前にお集まりください。
実演内容:KATO製「ジオラマくん」制作、第1日目。

「ジオラマくん」は、こちらです!!

0411_02.jpg

メーカー:KOTO
商品名 :ジオラマくん Mini Diorama Kit  
販売価格:4,950円(税込)

付属品がこんなにタップリ!!

・ペーパーキット(鉄橋・踏切・柵・船着場)・ペーパークラフト(車両、農機具小屋など)
・ユニトラック線路用スロープ橋脚・ねんど・ナノプランツミックスグリーン・花(黄色)
・ギガプランツミディアムグリーン・広葉樹の幹(小) (2本)・絵の具(青・白・茶)
・スピードボンド・説明書・ジオラマくん絵本・単線架線柱・曲線線路R183-45°(1本)
・ジオラマベース・線路固定用ビス

日本の鉄道模型メーカー、あの!『KATO』さんから発売されましたジオラマキットです!!
制作に必要な物が既にセットされておりキット内容だけでミニジオラマが出来ちゃうのです。
付属のレールは、UNITRACKですのでお手持ちのユニトラックと繋げる事が可能です
対象年齢10才以上でございますので、工作が好きな方であれば簡単に制作を楽しめますよ!

今回の実演は、"何と2日間"行います。(1日目:4月18日、2日目:4月25日開催)

1日目の実演は、

地面、川を作る:彩色、パウダーで季節感の再現。、
木を作る   :木のキット組立て、幹、枝の彩色。
ペーパーキットの組立て:鉄橋や踏切等の紙製ストラクチャーの組立て。

を行います。

KATO製品という事で、「鉄道模型」の技術かと思われるかもしれませんが、AFVモデル、飛行機モデル、艦船モデル等のスケールモデルのジオラマ、ミニチュアをさらに彩るビネット、ロボットプラモデルを置くジオラマベース等の制作にも使える技術になります。使用する用品も、実はほとんど一緒なんです!!
本当に広い模型のジャンルのお客様に楽しんでいただける実演でございます!!きっと、ジオラマ制作が皆様のホビーの表現を広めてくれることでしょう!!


それでは、皆様のご来店・ご参加、スタッフ一同お待ちしております。

ホビースクエア秋葉原 店舗情報
  • 101-0021
    東京都千代田区外神田1-15-16
    ラジオ会館 8F
  • 03-5256-1990
  • 平日 11:00~20:00
      土日祝 10:00~20:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る