秋葉原ホビー天国2

お客様作品紹介 記事一覧

皆さんこんにちは!
ホビー天国2 3Fスタッフです。

3月3日(日)13時より行なわれた「ファレホペイントコンテスト2」の結果発表をお伝えして参ります!
ファレホコン2まとめ.jpg
ファレホペイントコンテスト2は前回のエントリー数を上回る119作品のエントリーとなりました!!もちろん投票やコメントも数多く頂きました!
作品エントリーしていただいた方、投票していただいた方、皆様本当にありがとうございました!!

今回も最優秀賞と各部門ごとの金、銀、銅賞に加えスタッフセレクト賞があり、多くの作品が受賞しております!

さぁ、それではいよいよ結果発表へと参りましょう!


■A.ミニチュアペイント部門
【金賞
A_01.jpg

作者名:タナカチップス
メーカー名:ビッグチャイルド社
作品名:Green Garden
コメント:ジオラマ含め全てファレホ使用です。木の輪切りをベースにGreenKnightのイメージを作り上げました。

ミニチュアペイント部門 金賞に輝いたのは「タナカチップス」様の「Green Garden」です!!
木の輪切りという斬新なアイデアの台座には、生い茂る緑とせせらぎのある幻想世界。そしてその地を守るかのように佇む緑の騎士!まさにGreenKnightにふさわしい舞台のジオラマ作品となっています!金賞の受賞、おめでとうございます!



【銀賞】
A_02.jpg

作者名:ぷらに
メーカー名:ネコギャラクシー
作品名:ロージー&ソラヤ
コメント:主にファレホ筆塗りしました。

2人の向かうところに敵は無し!そんなフレーズがピッタリな二人の世界を、繊細な描き込みと美しいグラデーションで見事に再現!背景の塗り込みも見どころの作品です!銀賞、おめでとうございます!



【銅賞】
A_03.jpg

作者名:きなこもち
メーカー名:ビッグチャイルド社
作品名:ケイ卿
コメント:ベース部分以外は、すべて新ゲームカラーで塗装しています。イケおじ風に仕上がっております!

威風堂々たる表情が良く似合うケイ卿を、繊細な塗り分けと塗装技術で再現されています!また各所の質感や照り返しなども見どころとなっております!銅賞おめでとうございます!



■B.ロボ、メカ部門
【金賞】
B_01.jpg

作者名:クドウ・ジョウジ
メーカー名:ウェーブ
作品名:「情景、個と社会」
コメント:全てファレホ筆。対比表現として遠近法やツヤ有無、明暗強調を用い、攻殻機動隊のテーマ性を探求しました。

ロボ、メカ部門 金賞に輝いたのは「クドウ・ジョウジ」様の「情景、個と社会」です!!
遠近法を用いたジオラマに作られた東洋の演出は、夜の街を妖しくも美しく表現!また独特の塗装技術で塗り込まれたネオンの映り込みは、見る者を攻殻機動隊の世界へと誘います!金賞の受賞、おめでとうございます!



【銀賞】
B_02.jpg

作者名:zama
メーカー名:コトブキヤ
作品名:ナインボール(NB版)
コメント:エアブラシと筆の両方を使用して塗装を行っております。マスキングなしのフリーハンドで塗り分けています。

全身のウェザリングと細部まで施されているドライブラシで、アーマード・コアの独特な金属感をリアルに表現しています!メカニカルな重厚感あふれる作品となっております!銀賞、おめでとうございます!



【銅賞】
B_03.jpg

作者名:多幸
メーカー名:ボークス
作品名:カーディナル・バング:赤備え
コメント:ファレホ赤4色を点描で模様の種にして製作。約30%は使ったのに表面に出ているのは10%未満・・・

色濃い紅色に独特な模様の装甲や金銀塗装などが見どころのカーディナル・バング!その左手に携えている「ボークス MMシリーズ クバルカンの象徴」のベイルもファン必見ポイントです!銅賞おめでとうございます!



■C.ミリタリー部門
【金賞】
C_01.jpg

作者名:ツナ侍
メーカー名:タミヤ
作品名:M4シャーマン
コメント:荷物に少しアクリルガッシュを使用したのと、仕上げのつや消しクリア以外は全てファレホです。

ミリタリー部門 金賞に輝いたのは「ツナ侍」様の「M4シャーマン」です!!
AFVにはウェザリングがよく似合う!装甲には幾重にも塗りこまれたウォッシング、また各所に施されたドライブラシやチッピングなど、どれもハイレベルな仕上がりの作品です!金賞おめでとうございます!!



【銀賞】
C_02.jpg

作者名:馳走
メーカー名:ピットロード
作品名:奇襲成功!
コメント:エクスプレスメディウムを混ぜたファレホを極細綿棒で着彩。このスケールでもぼかし迷彩ができます。

写真からは想像もつかないほどの極小作品!傾斜台座に配置された戦闘機は、写真から飛び出したかのような斬新な見せ方がポイントの作品!細かな塗り込みも必見です!銀賞、おめでとうございます!



【銅賞】
C_03.jpg

作者名:明卦 抄一
メーカー名:ハセガワ
作品名:夕陽のコトブキ飛行隊
コメント:トップコート以外のサフや塗装にファレホを使用しました。

折れた翼が撃墜されたことを想像させ、機体中に施されたウェザリングが激しい戦闘後であったことを物語っています。水を使わない水面の表現も斬新なアイデア!銅賞おめでとうございます!



■D.ガールズフィギュア部門
【金賞】
D_01.jpg

作者名:K
メーカー名:コトブキヤ
作品名:アンブッシュ(伏兵)
コメント:壁面にサンドブラウン、Nグレー等を使用。アルシア本体の塗り分けにジャーマングレー、シルバー等を使用。

ガールズフィギュア部門 金賞に輝いたのは「K」様の「アンブッシュ(伏兵)」です!!
「美少女×戦闘」はもはや現代美学!細部の作り込みにまで拘った演出はまさに戦場そのもの!キャラクターとの掛け合わせにより「静」と「動」の緊張感が伝わってくるシーンを生み出しております!金賞の受賞、おめでとうございます!



【銀賞】
D_02.jpg

作者名:ぷらに
メーカー名:左手工房
作品名:蛇目樽子
コメント:主にファレホで筆塗りしました。リボンの描き込みがんばりました。

女の子らしい肌の柔らかいグラデーションや、ヘッドホンのシャープさが特徴的なバストアップモデル。シャツの質感やリボンの描き込みも見どころの作品となっております!銀賞、おめでとうございます!


【銅賞】
D_03.jpg

作者名:ルベン
メーカー名:桜前線
作品名:博麗霊夢
コメント:3年前にGKを始めて、ファレホを使い影付けやドライブラシの技法を使った。ミスはあるけど、結果が好きだ。

表情豊かな霊夢の魅力がよく引き出された作品です!衣装の陰影が上手く塗られていて躍動感が感じられる仕上がりとなっております!見る側も元気が出てきますね!銅賞おめでとうございます!


■E.モンスター部門
【金賞】
E_01.jpg

作者名:オデ
メーカー名:エクスプラス
作品名:ガメラ1999
コメント:本体はファレホによる筆塗り、甲羅はファレホモデルエアーによるエアブラシと筆塗りを併用しました。

モンスター部門 金賞に輝いたのは「オデ」様の「ガメラ1999」です!!
ハイレベルな塗装技術でガメラを表現!岩肌のような皮膚のモールドから見られる「赤み」が生物らしさを感じさせる独特の色づかいとなっております!金賞の受賞おめでとうございます!


【銀賞】
E_02.jpg

作者名:蒼不動
メーカー名:バンダイ
作品名:二大怪獣襲来!!
コメント:ソフビはファレホで全体をリペイントし、台座はほぼファレホで作製しています。

元がソフビ ウルトラ怪獣シリーズとは思えないハイレベルなリペイント技術で塗装された2体の怪獣と、地面の質感あふれる台座でウルトラ名作回を再現された作品です!銀賞、おめでとうございます!


【銅賞】
E_03.jpg

作者名:きなこもち
メーカー名:HOT GOBLIN
作品名:Winged Lion
コメント:ベース部分以外は新ゲームカラーで塗装しています。ミニチュアペイントを始めて約一年最善を尽くしました。

人と獣の組合せを、絶妙な塗装技術と陰影法で表現!バランスの良い構図や、暗めのトーンで塗り込まれたライオンのシャープなタッチと力強い目線、翼の柔らかいグラデーションが見どころの作品です!銅賞おめでとうございます!


■F.フリー部門
【金賞】
F_01.jpg

作者名:壁職人
メーカー名:ゲームズワークショップ
作品名:ナガッシュNo.14
コメント:全体的にエアブラシでファレホを使っています。

フリー部門 金賞に輝いたのは「壁職人」様の「ナガッシュNo.14」です!!
死霊王ナガッシュを中心に複数体のキットを組合わせた圧倒的大ボリューム作品!その大きさながら幻想的な色彩や細部にまで塗り込まれた繊細な塗装技術はまさに「芸術」!金賞の受賞、おめでとうございます!


【銀賞】
F_02.jpg

作者名:コモノスキー@織部
メーカー名:海洋堂
作品名:心を折りにきた太陽の塔
コメント:サフからファレホです。下から黒、上から白で塗装して下地を生かしながら発色するまで塗り重ねてます。

云わずと知れた日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」をハイレベルな塗装技術で徹底再現!外観のウェザリングもさることながら、緻密な内部の作り込みを精密塗装で見事に表現されています!銀賞、おめでとうございます!


【銅賞】

F_03.jpg

作者名:K
メーカー名:童友社
作品名:秋の岐阜城
コメント:城の塗装にデッドホワイト、Nグレー等を使用。仕上げにクリアオレンジを軽く吹き付けして背景の色を整えました。

日本の「秋」を岐阜城で表現したジオラマ!その色彩センスは自然が持つ「独特の色どり」を見事に再現、見る者を惹き付ける作品となっています!銅賞おめでとうございます!

以上が、各部門賞に輝いた18作品となります!



さぁ、いよいよファレホペイントコンテスト 最優秀賞の発表となります!
栄えある最優秀賞に選ばれたのは・・・・


■最優秀賞
S_01.jpg

作者名:MaSa
メーカー名:ゼロテ社
作品名:ミノタウロス
コメント:初めてファレホで塗装しました。NMMがんばりました。

最優秀賞に輝いたのは「MaSa」様の「ミノタウロス」です!!
ふんだんに描き込まれたノンメタリック塗装と正確な陰影で細部まで塗り込まれた屈強なミノタウロス、静寂の様子が伺える作り込まれた台座とジオラマ要素が組み合わされており、見どころが沢山詰まった完成度の高い作品となっております!

この度は最優秀賞の受賞、本当におめでとうございます!


それでは最後に、スタッフセレクト賞を受賞された作品をご紹介いたします!

st_01.jpg

作者名:パズ
メーカー名:バンダイ
作品名:リック・ディアス
コメント:モノアイ以外はすべてファレホ。プライマー→ドライブラシ→エクスプレスカラー。筆塗りオンリーです。


st_02.jpg

作者名:つS
メーカー名:リンボディビジョン209
作品名:アトリア・クラスッス
コメント:グラデーションを中心に塗りました。使用したファレホは白から黒を8色を使っています。


st_03.jpg

作者名:フィリス・ユリースト
メーカー名:バンダイ
作品名:RX-78-2 ガンダムver.Ka
コメント:各種ファレホカラー使用、エアブラシ全塗装です。調色なし、全てファレホの原色使用です。


st_04.jpg

作者名:マイキー
メーカー名:うどん工房
作品名:ゴールドシップ
コメント:色づかいや、白にこだわりました。髪の毛や、アイペイント、部分塗装にファレホを筆塗りしました。


st_05.jpg

作者名:小泉けん
メーカー名:バンダイ
作品名:奇襲
コメント:ファレホの筆塗りです。アーティファクトを使用して遠近感が出るようにしました。


st_06.jpg

作者名:shiro
メーカー名:バンダイ
作品名:リコザク last shooting
コメント:見えている部分は、ほぼファレホです。ファレホは、隠ぺい力、塗膜が強く、使いやすいです。


st_07.jpg

作者名:mario-51
メーカー名:黒龍工房
作品名:ゴジラ(2001)
コメント:下地以外ファレホです。発光イメージで全体的に青みを意識しました。


st_08.jpg

作者名:ナリ
メーカー名:マックスファクトリー
作品名:発進ガンバスター!!
コメント:あこがれだったイラスト風ペイントにチャレンジしてみました。ファレホメインで塗装しました。


st_09.jpg

作者名:sakuzima
メーカー名:コトブキヤ
作品名:フレームアームズ・ガール
コメント:本体のクリアパーツ表面は成型色のままでそれ以外はすべてファレホで塗りました。


st_10.jpg

作者名:T
メーカー名:ボークス
作品名:武部沙織
コメント:全体的にファレホで塗装しました。


st_11.jpg

作者名:チップス
メーカー名:N.S.Miniatures
作品名:旅の途中
コメント:ほぼ全てファレホの筆塗りです。崖を作ったりNMMをやってみたり、楽しく作ることができました。


st_12.jpg

作者名:いしころ
メーカー名:バンダイ
作品名:BOBA FETT
コメント:プラ材はすべてファレホで筆塗りしています。岩は100均のアクリル絵の具で塗りました。

以上、12作品がスタッフセレクト賞を受賞いたしました。
皆様、おめでとうございます!



さて、ここまでご覧の方々にお知らせがございます。


なんと!
次回「ファレホペイントコンテスト3」の開催が決定となりました!!


開催日程は6月頃を予定、詳細は4月末ごろに発表予定となっております。

今回ご参加いただいた方々はもちろん、コンテストをご覧になって興味を持たれた方も是非、ご参加をお待ちしております!!


次回以降ですが、今回の参加作品紹介もまだまだ続きます!
必ず最後までご紹介させて頂きますので、ぜひお付き合いくださいませ。


それでは、皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

皆さんこんにちは!
ホビー天国2-3階担当スタッフです!

「ファレホペイントコンテスト2」は作品受付が2月4日(日)で終了し、エントリー作品数は前回を上回る120作品となりました!!
エントリーに駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございました!!

さて、コンテストは只今「作品人気投票」期間となっており、エントリーくださった各部門ごとの作品に、皆様から投票していただく期間となっております。

コンテスト作品受付を行った店舗ごとに2月25日(日)まで人気投票を行っていますので、皆様がいつも行かれているボークスショールームはもちろん、他のショールームへ遊びに行かれた際には「これがいい!」と思った作品に是非投票してくださいね!
皆様の一票お待ちしております!

それではいつもながら「ファレホペイントコンテスト2」作品紹介に移らせていただきます!今回も様々な力作が登場していますので、皆様是非ご覧下さい!


HT-012-1.jpg

参加部門F:フリー部門
作者名:モリモリ
メーカー名:株式会社SO-TA
作品名:燕巫女イヴァレ
ファレホ使用率:60%
コメント:赤色系統の配色をファレホゲームカラーBSLカラーチャートを参考にしてリペイントしました。

スタッフコメント:SO-TAより人気ミニフィギュアシリーズ、紡ギ箱~第2節~ 燕巫女イヴァレが、ガールズフィギュア部門にて登場。流線型を多用した独特な造形を活かした炎のような色彩は、制作者独自の塗装表現となります!

HT-012-2.jpg

「モリモリ」様は、イヴァレの配色を「同系統の色」でまとめるために、ファレホ BSLカラーチャートを参考にされて赤系統の色でリペイントされております。配色された赤色はイヴァレの独特な流線型の造形と相まって、まるで炎神を想像させるような雰囲気になっていますね!
また造形モールドを活かされた塗装をされており、塗った面のモールドに塗料が残るぐらいの濃度で塗られているため、モールドに色濃く残った塗料が、まるでスミ入れをしたかのような表現になっています。

HT-012-3.jpg

イヴァレが持っている両剣や背中の刀剣には、ダークブラウンのような暗めの茶系を使われていて、本体と併せて見ると同系色で塗られた統一感ある配色なのが分かります。また刀剣にも造形モールドを活かした塗装をされており、暗めの色でも模様がはっきりとわかるくらいの濃さで塗られていますね。
「モリモリ」様は、配色や塗り方など塗装の基本に忠実なリペイント作品となっております。


HT-013-1.jpg

参加部門D:ガールズフィギュア部門
作者名:K
メーカー名:コトブキヤ
作品名:アンブッシュ(伏兵)
ファレホ使用率:40%
コメント:壁面にサンドブラウン、Nグレー等を使用。アルシア本体の塗り分けにジャーマングレー、シルバー等を使用。

スタッフコメント:前回のファレホペイントコンテストにて、ミニチュアペイント部門「銅賞」、ロボメカ部門で「銀賞」を受賞されている「K」様が、今回もご参加くださいました!

「K」様は、ジオラマ作品をはじめとした多様な作品で参加されており、今回も複数部門にてエントリーいただきました。いつも素敵な作品ありがとうございます!

まず1作目はガールズフィギュア部門作品をご紹介いたします。「戦い×少女」のコンセプト通りに、コトブキヤ 島田フミカネ ART WORKSのプラキット アルシアを使用されたジオラマ作品が登場。円形台座にストラクチャーとキャラクターを組み合わされており、360度どこから見ても楽しめるようになっています!

HT-013-2.jpg

アルシア本体は、キャラクターイメージに合わせた配色で塗られており、髪の毛や肌は薄めのグラデーション塗装で、女の子らしい柔らかな仕上げをされています。
また腕などの機械的な部分や装飾のモールドには、シルバーやジャーマングレーなど、メカニカル要素の強い色で塗られているため「戦う女の子」として分かりやすく表現されております。
さらに背景のレンガや地面の色に合わせた迷彩コートが、まさに待ち伏せしている「伏兵」の雰囲気を漂わせていますね。

HT-013-3.jpg

背景として配置されているレンガですが、実はただ積まれているわけではなく、ブロックが一個一個ランダムに積まれているではありませんか!一つ一つ積み上げていくのはとても根気のいる作業なのです。この作業をするだけでも大変なのに、さらに崩れかけた動きのある表現までされているほか、いくつかのレンガにはヒビや欠け跡なども見られます。

そして2枚目の写真になりますが、アルシアが背にしているレンガに弾痕があることにお気付きでしょうか?「K」様は手間をかけて作り上げたストラクチャーに、さらに一手間二手間と細かい演出を加えて、このリアルな戦地のシーンの作り上げておられます。仕上げに土や泥などのジオラマテクスチャーを使うことで、リアルタイムな戦地の雰囲気が漂うジオラマ作品になっていますね!



さて、今回のご紹介はここまで!
今後もコンテストの参加作品を順次ご紹介してまいります。次回を是非お楽しみに!

ファレホペイントコンテスト2の作品人気投票は2月25日(日)まで行っています。
各部門ごとに作品をご覧になられて「これがいい!」と思った作品に是非投票してくださいね!

■スケジュール
申込用紙配布:配布終了
作品受付期間:2023年12月30日(土)~2024年2月4日(日)
人気投票受付期間:2024年2月10日(土)~2月25日(日)★今ココ!
結果発表&表彰式:2024年3月3日(日)
作品返却期間:2024年3月24日(日)迄

それでは皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

皆さんこんにちは!
ホビー天国2-3階担当スタッフです!

「ファレホペイントコンテスト2」の後半戦もいよいよ作品締め切りが近くなってきました!
しかしまだ制作時間はあります!迷われている人は、1作品エントリーしてみませんか?皆様の作品を是非お待ちしております!

それでは「ファレホペイントコンテスト2」作品紹介に移らせていただきます!今回も様々な力作が登場していますので、皆様是非ご覧下さい!


■エントリーNo.007
HT-007-1.jpg

参加部門D:ガールズフィギュア部門
作者名:まっしろならむね
メーカー名:クルシマ製作所
作品名:1/2.5 ホシノ・ルリ
ファレホ使用率:50%
コメント:髪、眼、台座部分、ネルガルのロゴ、服の黒い部分をファレホで筆塗りしました。デカいルリルリを作れて満足です!!

スタッフコメント:これはまた懐かしいレジンキットの作品が登場です!ご存知の方はかなりの模型長者ですね!アニメ 機動戦艦ナデシコよりクルシマ製作所 1/2.5胸像シリーズ ホシノ・ルリが、ガールズフィギュア部門にてエントリーです。
HT-007-2.jpg

「まっしろならむね」様は、カラースプレー(缶スプレー)と筆塗りで作品を仕上げられており、白・肌・オレンジ色の箇所にカラースプレーを使用され、それ以外は筆塗りで塗装されたとのことです。
アニメキャラのイメージとして「肌や衣装にムラを出したくない」との想いからカラースプレーを選ばれたそうで、顔、シャツ、制服にはムラがなく綺麗に仕上げられているのがわかります。
またアニメ公式のセル画イラストを参考にして、髪や眼、胸のロゴマーク、黒色部分などを筆塗りで仕上げられたとのことです。ネルガルロゴマークの難しい曲線やルリの眼を、アニメのイメージどおりに描き込まれていますね!
HT-007-3.jpg
ルリの中では一番塗装面積が広く、塗り分けが複雑な髪の毛部分ですが、ハイライト・ベース・シャドウの色分けがしっかりとつけられているのが分かります。
ご本人様より「髪の質感を頑張った」とのコメントをいただいているとおり、絶妙な色加減に加えてセルアニメ独特の陰影を忠実に再現されていますね!


■エントリーNo.008
HT-008-1.jpg

参加部門F:フリー部門
作者名:M
メーカー名:バンダイ
作品名:嘴平伊之助
ファレホ使用率:30%
コメント:猪の被り物をTVアニメに近くする為にファレホのゲームカラーを数回に分けて塗装を行ないました。

スタッフコメント:アニメで人気を博した鬼滅の刃より主役キャラクターのひとりが登場。バンダイ 鬼滅模型 嘴平伊之助がフリー部門にてエントリーです。
HT-008-3.jpg
「M」様のファレホ使用率は30%となっており、猪の被り物をファレホ ゲームカラーで筆塗りされたとのことです。ゲームカラー ボーンホワイトとウルフグレイを使われており、重ね塗りを繰り返して塗装されております。ウルフグレイの塗りこみによる深みとボーンホワイトのドライブラシ加減が、まるで猪の毛並みのような表現を生み出していますね。
HT-008-2.jpg
アニメ設定を意識して配色されており、猪の被り物以外をラッカー塗料で仕上げられているとのことです。特徴的な二刀の光沢ある刀は、黒色の刀身に銀色の刃となる色選びをされており、刀らしさを表現しています。
また肌色部分にはつや消しコーティングをされておりマットな肌の質感を表現し、つやの違いを利用して衣装との区別を明確にしたアクセントをつけた作品となっております。


■エントリーNo.009
HT-009-1.jpg

参加部門B:ロボ、メカ部門
作者名:シロネコ
メーカー名:バンダイ
作品名:X-WING
ファレホ使用率:1%
コメント:チッピング塗装にファレホのジャーマンカムフラージュブラックブラウンを使用しました。

スタッフコメント:人気映画「スターウォーズ」よりバンダイ 1/72 Xウィング・スターファイターが登場。エピソード4でルーク・スカイウォーカーが搭乗した機体をウェザリング塗装で仕上げており、ジオラマ風台座との組み合わせにより劇中シーンをイメージした作品となっています。
HT-009-2.jpg
「シロネコ」様は、なんと今回初めてエアブラシによる全塗装とウェザリングにチャレンジされたそうです!機体のカラーリングが綺麗に色分けされていて、エアブラシで丁寧に塗られています。ウェザリング塗装も機体の「すす汚れ」が効果的に塗られており、劇中さながらのリアルな出来栄えとなっております!初めてのウェザリング塗装でここまで仕上げられる「シロネコ」様のセンスは素晴らしいですね!
HT-009-3.jpg
機体表面の「黒いチッピング」にファレホを使われており、SFならではの「宇宙ウェザリング」を効果的に使われています。機体のスス汚れとチッピングのアクセントが、劇中の戦闘シーンを思い浮かばせるリアルな仕上がりとなっております!


■エントリーNo.010
HT-010-1.jpg

参加部門F:フリー部門
作者名:amちー[ALC]
メーカー名:バンダイ
作品名:ナイチンゲール
ファレホ使用率:90%
コメント:ファレホに初めてチャレンジ!サフ後、ファレホの各シリースで筆塗り、ウェザリングを行ないました。

スタッフコメント:バンダイキャンディ ガンダムアーティファクト第一弾よりナイチンゲールが登場!ウェザリング塗装で仕上げられた作品となっております。
尚、アーティファクト作品はこれで2作品目のエントリーです。
HT-010-2.jpg
ファレホ使用率は90%で、コーティング以外は全てファレホで筆塗りされた作品になります。
下地に黒色サーフェイサーを使われた「黒立ち上げ」塗装となっており、上からファレホを塗られております。「amちー[ALC]」様は、ファレホを使われたのが今回の作品で初めてとのことですが、初手でファレホのムラの出にくさを見抜かれており、塗装に活かされております。筆ムラのないきれいな面に仕上げられていることから、「amちー[ALC]」様の筆塗りの基礎技術が高いことがわかりますね!
HT-010-3.jpg
塗装は、ウェザリング塗装とチッピング塗装を併用されていて、戦闘による汚れや塗装の剥がれた感じを表現し、メカモデルの完成度が高められています。
またスミ入れはされておらず、下地に使われた黒色をそのまま使用しているため、溝には自然なモールドラインが表現されております。これは黒立ち上げ塗装の利点で、モールドを塗りつぶさないように塗ると「スミ入れなしでもモールドが分かる」ようになり、amちー[ALC]様のように自然な溝を残して塗ることができるのです!
仕上げには、きめ細かいツヤ消し粒子が特徴のガイアノーツ EXフラットクリアーを使われていて、作品全体がツヤの均一化と滑らかさを持ちつつ、落ち着いた雰囲気に仕上がっております。


■エントリーNo.011
HT-011-1.jpg

参加部門B:ロボ、メカ部門
作者名:amちー[ALC]
メーカー名:バンダイ
作品名:グフカスタム 連邦軍仕様
ファレホ使用率:85%
コメント:ファレホ2作目!サフ後、黒立ち上げ風にファレホの各種で筆塗り、汚し加工をしました。錆色がお気に入り。

スタッフコメント:続きまして、同じくamちー[ALC]様の作品をご紹介させていただきます。バンダイ ガンプラHGUCよりグフカスタムが登場。制作者独自のif設定によるMSカラーバリエーション作品となります。
HT-011-2.jpg
ファレホのモデルカラー、ゲームカラー、メカカラーを使われており、メインカラーには帆船色の様な黄色っぽい白色を塗られています。こちらもウェザリング塗装とチッピング塗装を併用されているほか、新たに雨垂れ跡(ストレーキング)も肩や腕、腹などに追加された作品となっております。全身のチッピングやストレーキングと合わせて見ると、時間経過が楽しめる仕上がりとなっております。
HT-011-3.jpg
背面もしっかりウェザリングがされていて、前面に比べるとチッピングは少なめでストレーキングが多く見られる仕上がりになっています。特に脚のふくらはぎなどは、パネルラインに沿った錆の塗りこみや、筆塗りの縦筋を利用したウェザリングと相まって、絶妙な錆表現のストレーキングが楽しめます!



さて、今回のご紹介はここまで!
今後もコンテストの参加作品を順次ご紹介してまいります。次回を是非お楽しみに!

ファレホペイントコンテストの作品エントリーは2024年2月4日(日)まで受け付けております。
今まで参加してくださっていた方はもちろん、初めて参加される方も初心者~上級者までどなたでも参加OK!ご興味のある方は奮ってご参加下さい!

詳しい参加規約は、店舗スタッフにご確認いただくか、参加申込用紙やVOLKS HOBBY Blogにてご確認下さい。


■スケジュール
申込用紙配布:レジにて絶賛配布中!
作品受付期間:2023年12月30日(土)~2024年2月4日(日)★今ココ!
人気投票受付期間:2024年2月10日(土)~2月25日(日)
結果発表&表彰式:2024年3月3日(日)
作品返却期間:2024年3月24日(日)迄

それでは皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

皆さんこんにちは!
ホビー天国2-3階担当スタッフです!

おかげさまで早くも「ファレホペイントコンテスト2」作品エントリー数が30点を超える勢いとなっております!エントリーしてくださった方々、本当にありがとうございます!

しかし受付期間はまだまだ前半!今から制作を始めても十分間に合います!少しでも気になった方はコンテストに参加してみませんか?皆様の作品を是非お待ちしております!

それでは「ファレホペイントコンテスト2」作品紹介に移らせていただきます!今回も様々な力作が登場していますので、皆様是非ご覧下さい!



■エントリーNo.004

HT-004-1.jpg

参加部門A:ミニチュアペイント部門
作者名:つS
メーカー名:リンボディビジョン209
作品名:アトリア・クラスッス
ファレホ使用率:100%
コメント:グラデーションを中心に塗りました。使用したファレホは白から黒を8色を使っています。

スタッフコメント:今回2作品目となる「つS」様の作品は、ワールドミニズの大人気メーカー、ニュージーランド「リンボディビジョン209」社製「アトリア・クラスッス(75mm)」でエントリーくださいました!
メカ作品から打って変わってフィギュア作品となり、全体に塗りこまれたグラデーションが際立つ作品です。本作品もファレホ使用率100%の筆塗り仕上げとなっております。

HT-004-2-2.jpg

「つS」様は金属パーツのエッジ部分に白を使われており、色々な角度から見ても各パーツの輪郭がはっきりと確認できる塗装表現となっております。また各部分のシャドウには黒を多く使われているため、全体的にグラデーションのコントラストが強調されて立体感あふれる作風となっております。

HT-004-3.jpg

背中側も正面同様のタッチで塗装されております。中でも目を引くのは膝まである長い髪の毛で、広い面積の塗装部分ですが丁寧に仕上げられており、髪の艶やかさが見事に表現されているのがわかります。
また本体だけでなくアトリアの影もメリハリのあるグラデーションで、75mmサイズとは思えない作品の存在感をさらにアップさせていますね!ご本人様より「グラデーションを頑張った!」とのコメントをいただいているとおり、アトリア本体から台座まで繊細なグラデーションで、リンボディビジョンの精密な造形が引き立つ作品に仕上がっています!


■エントリーNo.005

HT-005-1.jpg

参加部門F:フリー部門
作者名:つS
メーカー名:スクウェア・エニックス
作品名:ゼニス
ファレホ使用率:100%
コメント:ドライブラシを使い、5色のファレホを塗りました。

スタッフコメント:続きまして同じく「つS」様の作品をご紹介いたします。スクウェア・エニックスよりフロントミッションのプラキット、ヴァンツァー ゼニスが登場。3作品目はフリー部門でのエントリーとなっており、これまでの作品同様にファレホ使用率100%の筆塗り仕上げ作品です。

HT-005-3.jpg

スクウェア・エニックス「ストラクチャーアーツ」を使用した作品は今回2体目となっており、本作品も「つS」様持ち前の繊細なドライブラシ技術で高密度なディテールを見事に浮き立たせて、立体感あふれる作品に仕上げられております。

HT-005-2.jpg

「誰でも出来る!」をコンセプトにファレホ5色を使い、白黒灰をメインにドライブラシで仕上げたとのことですが、ここまでのテクニックは一朝一夕ではなかなか出来ないものです。色使いといい筆さばきといい「つS」様のレベルの高さに脱帽させられますね!


■エントリーNo.006

HT-006-1.jpg

参加部門B:ロボ、メカ部門
作者名:フィリス・ユリースト
メーカー名:バンダイ
作品名:RX-78-2 ガンダムVer.Ka
ファレホ使用率:99%
コメント:各種ファレホカラー使用、エアブラシ全塗装です。調色なし、全てファレホの原色使用です。

スタッフコメント:前回ファレホペイントコンテストにご参加くださった「フィリス・ユリースト」様が今回もご参加くださいました!ありがとうございます!お馴染みのガンプラ作品にてロボ、メカ部門でのエントリーとなっており、丁寧なエアブラシ塗装で今回はMGを制作されております。

HT-006-2.jpg

誰が見ても一目で分かる「ガンダム」作品で、こちらはカトキ・ハジメ氏がプロデュースするVer.Ka仕様となります。「フィリス」様は設定に忠実な配色で仕上げられており、尚且つファレホの混色は一切せず、ボトルの色のまま塗装されているとのことです!ファレホの特徴である「色数の多さ」をうまく利用されて、見事な色選びでVer.Ka仕様を再現されているのはさすがですね!
因みに使われているのはモデルカラー、モデルエアー、ゲームカラー、ゲームエアーにメカカラーとほぼ全種類を使用されているそうです!

HT-006-3.jpg

コーティングには2種類を使用されており、関節やバーニアなどのメカニカルな部分にはメタルバーニッシュを使われていて、それ以外はメカカラー マットバーニッシュで仕上げられているとのことです。繊細なマットコーティングの中にキラリと光る光沢の輝きが作品にアクセントをつけていて、見るものを飽きさせない仕上がりの作品となっております。




さて、今回のご紹介はここまで!
今後もコンテストの参加作品を順次ご紹介してまいります。次回を是非お楽しみに!

ファレホペイントコンテストの作品エントリーは2024年2月4日(日)まで受け付けております。
今まで参加してくださっていた方はもちろん、初めて参加される方も初心者~上級者までどなたでも参加OK!ご興味のある方は奮ってご参加下さい!

詳しい参加規約は、店舗スタッフにご確認いただくか、参加申込用紙やVOLKS HOBBY Blogにてご確認下さい。

■スケジュール
申込用紙配布:レジにて絶賛配布中!
作品受付期間:2023年12月30日(土)~2024年2月4日(日)★今ココ!
人気投票受付期間:2024年2月10日(土)~2月25日(日)
結果発表&表彰式:2024年3月3日(日)
作品返却期間:2024年3月24日(日)迄

それでは皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

皆さんこんにちは!
ホビー天国2-3階担当スタッフです!

前回エントリー作品が100点を超えるほど大変好評だったファレホペイントコンテストが、満を持して帰ってきました!

昨年12月30日(土)より「ファレホペイントコンテスト2」の作品エントリーがスタートとなり、受付開始が年末にも関わらず、初日から11点のエントリーをいただきまして非常に好調なスタートとなりました!
エントリーに駆け付けてくさった皆様ありがとうございます!!

でも「ファレホペイントコンテスト2」のエントリーは始まったばかり!まだまだ期間は十分にありますので、皆様の参加作品を心よりお待ちしております!

今回も様々な力作が登場していますので、皆様是非ご覧下さい!
それでは「ファレホペイントコンテスト2」早速ご紹介させていただきます!



■エントリーNo.001

HT-001-1.jpg

参加部門D:ガールズフィギュア部門
作者名:円珠
メーカー名:ミリメートルモデリング
作品名:セーラーマーキュリー メタリックver.
ファレホ使用率:3%
コメント:胸と腰のリボンにファレホ使用。要所にメタリック塗装を施し、台座は水面をイメージして作りました。

スタッフコメント:ファレホコンテスト2の記念すべき第一作品目は「円珠」様です。国内外でも息の長い人気を誇るアニメ作品 美少女戦士セーラームーンより「セーラーマーキュリー」がメタリックver.での登場、煌びやかな光沢メタリックが目を引く作品です。
イベントディーラー ミリメートルモデリング様の作品を使用されて、ガールズフィギュア部門でのエントリーとなっております!

HT-001-2.jpg

製作期間は30日程、キャラクターイメージを保ちつつ、衣装の青色の部分や装飾品にキャンディメタリック塗装を施されており、リボンや髪の毛のハイライトにもアレンジをきかせた作品となっております。
光沢度の高いキャンディの輝きがメタリック塗装を一層引き立てていてとても綺麗ですね!実はこのメタリックはネイルアート用の資材を使われており「ネイルアート技法」で塗られたとの事です!まるで衣装がエナメル生地で出来ているかのような表現が実に素晴らしいですね!
尚、光沢コーティングに使われたのはMr.カラーUVカットクリアだそうです。

HT-001-3.jpg

台座にもこだわり溢れる塗装が施されており、水面をイメージされて作成されたとのこと。厚みの違うクリアベースを2枚使われており、下になるベースの下面にメインとなる柄をつけ、上面に水の波紋を書き込んでいます。更にその上に2枚目のベースを乗せて、立体的な模様のベースを作り上げていますね!白い波紋に強弱がつけられていて、ベースの立体感が更に引き立てられているのが分かります!

フィギュアとベースがまさにベストマッチしており、キャラクターイメージが一層引き立つ作品に仕上がっております!



■エントリーNo.002

HT-002-1.jpg

参加部門B:ロボ、メカ部門
作者名:パズ
メーカー名:バンダイ
作品名:リック・ディアス
ファレホ使用率:99%
コメント:モノアイ以外はすべてファレホ。プライマー→ドライブラシ→エクスプレスカラー。筆塗りオンリーです。

スタッフコメント:ホビー天国人気部門のロボ、メカ部門トップバッターは「パズ」様です。
バンダイキャンディ ガンダムアーティファクト第一弾よりリック・ディアスが登場!約5cmという大きさとは思えないほど存在感があり、エッジがよく表現されている作品です!

HT-002-2.jpg

ガンダムアーティファクトは、その独特のシルエットとディテールのセンスから非常に人気の高い食玩シリーズです。アニメ設定に比べ、ディテールが細かくアレンジされている立体物となっており「パズ」様はその細かいディテールを活かした塗装をされております。エッジのよく効いたドライブラシと新作ファレホ エクスプレスカラーの使い方が実に見事となっており、約5cmという小さいサイズを感じさせない作品となっております!
因みに木製台座は、GSIクレオスのウェザリングカラーで仕上げられたそうですね。

HT-002-3.jpg

「パズ」様の塗装方法ですが、ブラックで全体を塗りつぶしたあとにホワイトでドライブラシをされており、仕上げにエクスプレスカラーで陰影をつけた塗装をされているのだそうです。
エクスプレスカラーは他のファレホに比べてとても流動性が高い塗料で、下地を程よく透過し、凹凸に明るさ、すき間に程よい中間色と強い影ができます。「パズ」様はエクスプレスカラーの特徴を見事に活かした塗装法をされており、まるで色を分けてドライブラシをしたかの仕上がりに見せていますね!



■エントリーNo.003

HT-003-1.jpg

参加部門B:ロボ、メカ部門
作者名:つS
メーカー名:スクウェア・エニックス
作品名:ウォーラス
ファレホ使用率:100%
コメント:サフから全てファレホです。ドライブラシ技法で5色を重ねて塗りました。

スタッフコメント:スクウェア・エニックスの名作ゲーム「フロントミッション」よりヴァンツァー ウォーラスが登場。90年代を彷彿とさせる機体シルエットにドライブラシが良く似合う作品となっております。

HT-003-2.jpg

スクウェア・エニックスから販売されているプラスチックモデル「ストラクチャーアーツ」を使用されており、高密度なディテールアレンジが特徴のキットとなっております。「つS」様は特徴である細かいディテールを繊細なドライブラシで見事に浮き立たせており、90年代ロボットの雰囲気を再現されております!
隅々にまでわたるドライブラシは細かい頭部のエッジにも行き渡っており、「つS」様が丁寧に仕上げられているのが良く分かりますね。

HT-003-3.jpg

「つS」様はファレホ使用率が100%で、下地のサーフェイサーもファレホを使われているとのことです。全体がグレーを基調とした色合いとなっており、ファレホ5色を使用されています。全て筆塗りをされているそうで「グラデーションをがんばりました!」とのコメントも頂いております。全体のドライブラシはもちろん、細部や広い面積のグラデーションが綺麗に表現されています。中でも肩やバックパックの絶妙な塗りこみは素晴らしいですね!



さて、今回のご紹介はここまで!
今後もコンテストの作品紹介を順次行なって参ります。是非次回をお楽しみに!

ファレホペイントコンテストの作品エントリーは2024年2月4日(日)まで受け付けております。
今まで参加してくださっていた方はもちろん、初めて参加される方も初心者~上級者までどなたでも参加OK!ご興味のある方は奮ってご参加下さい!

詳しい参加規約は、店舗スタッフにご確認いただくか、参加申込用紙やVOLKS HOBBY Blogにてご確認下さい。


■スケジュール
申込用紙配布:レジにて絶賛配布中!
作品受付期間:2023年12月30日(土)~2024年2月4日(日)★今ココ!
人気投票受付期間:2024年2月10日(土)~2月25日(日)
結果発表&表彰式:2024年3月3日(日)
作品返却期間:2024年3月24日(日)迄

それでは皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

秋葉原ホビー天国2 店舗情報
  • 101-0021
    東京都千代田区外神田4丁目2-10
  • 03-3254-1059
  • 平日 11:00~20:00
      土日祝 10:00~20:00
  • 定休日:無し
  • 店舗ページを見る