宇都宮ショールーム

ミニチュアフィギュア 記事一覧

皆様、こんにちは!
宇都宮ショールーム、ホビーコーナー担当のRです!
天気が良くても悪くても作業ができる!
水性塗料ファレホで塗るミニチュアはもうお決まりですね?

さて、前回から少し間が空いてしまいましたが、「塗るガレ」シリーズの、
「ケツァルコアトル」を塗装していきますよッ!
前回の記事を見逃した方はこちらこちらをご確認くださいね!

いよいよ完結!!

1110_01.jpg個人的ケツァルコアトルの「好きポイント」である鳥類の羽と羽飾りを塗装してみました。
鮮やかな色はサンセットレッドブルーグリーンです。
特に影色を入れていないのですがハイライトプライミングの効果で
陰影が表現できています。すごい!!

1110_02.jpg金属部分も塗装しました。
羽の先端の明るい色は蛍光マゼンタを混色せずに乗せてみました。

そして、前回「大失敗」予告をしていたベースの岩......すっごく軽そう。
塗りなおせるのも筆塗りだからこそ、ですかね。

1110_03.jpg完成がこちら。
瞳にはMMPのグロスクリアコートを使用しています。
無事にゆめかわな仕上がりになったのか?!
これはゆめかわなのか...?
ゆめかわではない気がしますが、可愛のでOK!

ファレホがきれいに発色する&乾くのが早くてどんどん塗れちゃう!ので
実質3日間ほどしか作業していません。

ちょっとした隙間時間に塗っていくのにちょうどよい大きさとモールドがしっかりしていて、ぺたぺた塗っていくだけでもしっかり完成するので初心者にもおススメの難易度!
もちろん上級者の方にも拘っていただける「塗るガレ」をぜひあなたの色で
完成させてみて下さいねッ!

気になる実物は宇都宮ショールームで展示中!
使用した色や組み立て方、塗り方などなど、ご質問がありましたら
お気軽にスタッフまでお声掛けくださいね。
皆様のご来店、心からお待ちしております。

皆様、こんにちは!
宇都宮ショールーム、ホビーコーナー担当のRです!
天気が良くても悪くても作業ができる!
水性塗料ファレホで塗るミニチュアはもうお決まりですね?

さて、前回に引き続き「塗るガレ」シリーズから、
ケツァルコアトル」を塗装していきますよッ!
前回の記事を見逃した方はこちらをご確認くださいね!

今回からいよいよ色を乗せていきますよ~
主として使っている色を紹介しているので参考にしてくださいね!

1012_01.jpg
まずは岩を塗っていきます。
明るいグレーにグリーンでウォッシュをかけて
陽の当たる明るい森のイメージで塗っていきます!
のちに大失敗が判明するのですが、どうなってしまったのかは次回?次々回?ご確認ください。

1012_02.jpg
蛇体の部分も塗装していきます。
今回のテーマは「とにかくかわいく!目指せゆめかわ!」です。
可愛いピンクということでブラウンローズを選んでみました。

1012_03.jpg
新木色でヘビらしい模様をパッケージを参考に入れています。

1012_04.jpg
(早速写真を撮るのを忘れてしまいました)
ペールサンドを重ねて蛇体のベースはひとまず完了!
塗るガレシリーズは凹凸がはっきり表現されているので、
簡単に塗るだけでリアルな仕上がりに!
更に模様が透けることで思っていた以上に、リアルに......

無事にゆめかわな仕上がりになったのか?! 気になる実物は宇都宮ショールームで展示中!
ぜひ、宇都宮ショールームでご覧になってくださいね。
ご来店、心からお待ちしております。

皆様、こんにちは!
宇都宮ショールーム、ホビーコーナー担当のRです!
皆様、秋の夜長に製作するミニチュアはもうお決まりでしょうか??

さて、今回はラインナップも増えて益々の盛り上がりを見せる「塗るガレ」シリーズから、
ケツァルコアトル」を塗装していきたいと思いますッ!
ミニチュア初心者でも楽しめる! ぜひ私と一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
どうぞ最後までお付き合いおねがいします。

今回はハイライトプライミングを行っていきますよ~

1008_01.jpg
まずはパーツの確認と仮組、パーティングラインの処理を行います。
パーツも少ないので間違えなくていいですね。
パーツはキャストクリーナ等で洗浄してよく乾かしてください。

1008_02.jpg
ハイライトプライミングに使う塗料はコチラ。
今回ブラックは筆で塗り、ホワイトはエアブラシで吹いています。
もちろんエアブラシがない方はホビーペイントスプレーでもOK。

1008_03.jpg
まずは黒で塗りつぶして。

1008_04.jpg
ホワイトでハイライトを思いっきり入れるッ!

メカカラーのプライマーはディテールをつぶしにくい細かい粒子なので、
筆塗りでも重宝しますよ!

1008_05.jpg
うーん、これだけでもなんかいい感じ。

皆さんも隙間時間で少しずつ塗装にチャレンジください!

記事を書いている間に完成してしまった実物は宇都宮ショールームで展示中!
ぜひ、宇都宮ショールームでご覧になってくださいね。
ご来店、心からお待ちしております。

皆様お久しぶりです!
宇都宮ショールーム、ホビーコーナー担当のSです!
新型コロナウイルス感染症関連の対策のため、4月22日(水)から休業させていただいておりましたが、先日5月16日(土)より営業再開の運びとなりました。
つきましては、当面の間12:00~19:00の短縮営業となりますのでご了承ください。

さて、本日は現在発売中の塗るガレ最新作「アマビヱ」のご紹介です!

0520_01.jpg

塗るガレ「アマビヱ」
■価格
アマビヱが現れたとさせる弘化3年(1846年)になぞらえ、
特別価格 ¥1,846(税込)
■仕様
レジン製未着色ミニチュア
高さは、飾りやすい約65mmサイズ

■アマビヱとは?
アマビヱは九州肥後国(ひごのくに)熊本藩に現れたとされる。時は弘化3年4月中旬、毎夜ごと海に光るモノが出た為、役人が赴いた所、それが姿を現した。その者は「私は海中に住むアマビヱと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが、併せて疫病も流行する。私の写し絵を人々に早々に見せてくれ。」と告げ、再び海の中へと帰って行ったという。江戸時代後期、この伝承は遠く江戸にまで伝えられ、挿図付きで瓦版に取り上げられたといわれています。

ネット上で話題となり、一躍有名となった妖怪、アマビヱ。
一刻も早く新型コロナウイルスが終息してほしいという願いと、色を乗せる度に、完成に近づくワクワク感と彩り豊になっていく色塗りで、心から明るくなってほしいという想いを胸に、このたび商品化となりました!

京都大学附属図書館所蔵『肥後国海中の怪』に描かれているアマビエのイラストを参考に、絵の中から浮きでたかのような仕上がりとなっております。
まるで絵画を塗っているかのような、新感覚の塗装をお楽しみいただけますよ!

また、皆様によりホビーを楽しんで頂けるようにTwiterにてペイントコンテストも開催中です!

0520_02.jpg

「私の写し絵を人々に早々に見せよ」というアマビヱのお告げのように、完成したらぜひSNSなどで発信してみてくださいねっ。

塗るガレ「アマビヱ」は「ボークスホビー天国オンラインストア」からもご購入いただけます。

それでは皆様、お体に気をつけて素敵なホビーライフをお過ごしください~!

皆様ご機嫌いかがでしょーか!?
以前こちらのニュースにて、ワタクシ冨永がゼロテ社の新製品「魔神」をご紹介しましたが、今回はその組み立てと塗装前の工程に関して、製作上ちらっと気になったトコロをイロイロレポートしてまいります!

①、パーツの合わせ目とか

仮組していて気が付いたのが「パーツ同士の合わせ目の隙間が少し目立つところが一部あった」ということ。しかしパーツの勘合自体は前回にも言った通り概ね良好で、ぶっちゃけそのまま塗装してもいいのですが、やはり『気になるものは気になる』ッ!!ということで、この隙間をエポキシパテで埋めます。処理前後がこんな感じ。

1105-1.jpg

プラパテとかではヒケてしまい却って面倒なので、盛りつけた後、硬化前までに形を整えたり、しわなどのモールドを入れ易い等の理由でエポキシパテをチョイスしています。
モノはどれでもいいとは思うのですが、自分は「硬化一時間前のもうひと修正(モールドをへらでつけ直したり)」がしやすいタミヤエポキシパテ・即硬化タイプを使いました。

②、パーツの接合とか

前回仮組しましたが、脚や翼の根元の接合などは細い真鍮線の使用、一か所の軸打ちではやはり重量を支えるのにちと不安と思ったので、軸の径を1.5㎜の真鍮線を使い太くするとともに、必要だと思われる個所には固定補助のため、同じく真鍮線の軸を複数個所に打っております。

1105_2.JPG

軸を打つためのパーツの開孔は、ドリル刃を装着したピンバイスを使用します。因みに複数の軸打ちによる「補強」を行ったのは、「膝」「股の付け根」「尻尾の付け根」「腰」「首」「翼」です。
ただでさえ各パーツが大きく、接合部にかかる荷重が結構あるので、このキットには必要な作業と判断いたしました。
こうした手間を加えることで、完成後の作品の強度が格段にアップします!実際にそれを行った後に再仮組みを行ってみましたが、ガタツキも無くいい感じに安定してくれました。w

③、その他とか

...いえね?問題ではないんですけど、エッヂの効いたパーツ、というかトゲとか角とか尖ってる部分がスゴく多いので、パーツを組み合わせようとするとそういうところが結構手に食い込んで痛くなるんです。w皆さまも気をつけてくださいね。組み立て作業は出来る限り布などをあてて慎重に行なってください。

そんな訳で塗装前の大まかな組付けとスタンバイが完了、いよいよペイントの作業に突入します!!
ここまで来たらもう完成させるしかありません!以降の宇都宮ショールームのニュース更新を楽しみにお待ちいただければ幸いでゴザイマス。

1105-3.JPG

ぜひ皆様もお手元の魔神サマを完成させて、その威容をばっちりお祀りしてくださいませ!!

因みに今回ご紹介したエポキシパテやピンバイス、ドリルといった必要な工具用品はすべてボークス宇都宮ショールーム他、全国のボークスショールームで揃えられます!ぜひご利用ください。

1105_4.jpg

以上、ボークス宇都宮ショールームへの皆様のご利用、ご来店を心よりお待ちいたしております。

宇都宮ショールーム 店舗情報
  • 320-0803
    栃木県宇都宮市曲師町2-18
    宇都宮フェスタ 6F
  • 028-636-9393
  • 平日 11:00~20:00
      土日祝 10:00~20:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る