名古屋ショールーム

ミニチュアフィギュア 記事一覧

皆様こんにちは! ボークス名古屋ショールームです。

タイトルのとおり、先日よりボークスホビーフレンドVol.10掲載の エコーズ・オブ・キャメロット 王妃グィネヴィアをワールドミニズコーナーで展示しております!

1023_02.jpg

1023_03.jpg

先週は王妃グィネヴィアをお手本に顔塗装を試みたわけですが、やはり実際に塗装されたものを見ると「もっとこんな風に塗りたい!」という気分が沸き上がってきます。1023_04.jpg

紙面には掲載されていない向きももちろんご覧いただけます!ご来店の際はぜひ、360度ぐるっと王妃グィネヴィアをご覧ください!

ボークス名古屋ショールームでは、お客様からのお預かり作品をはじめ、ネコ・ギャラクシー タケウチ・マリナや、ビッグチャイルド 流血のゴゥラックなどの海外ミニチュア作例を展示しております!

それでは!また次回のSRニュースでお会いしましょう!

皆さまこんにちは! ボークス名古屋ショールーム スタッフMです。

本日行いましたファレホ塗装実演のアフターレポートです。

まず今回から新しくカメラとモニターが増えました!

1016_02.jpg

これで塗装中の手元や、キットの細部までご覧いただくことができるように!

そして今回はボークスホビーフレンドvol.10掲載の「塗るホビ!」を参考に顔を塗装しております。

使用したのは次の三色です。

1016_03.jpg

70835 #037 サーモンローズ 17ml(319円(税込))70944 #039 オールドローズ 17ml(319円(税込))70928 #006 ライトフレッシュ 17ml(319円(税込))は、いずれも女性の肌色を塗るのに最適な色ですので、店頭で見かけた際はマストバイですよ。

詳しい塗装方法はボークスホビーフレンドvol.10掲載の「塗るホビ!」に載っておりますので、まだボークスホビーフレンドvol.10をお持ちでない方はこの機会に店頭もしくはオンラインストアでのお買い物でぜひ手に入れて下さい!

そして顔を中心に塗ること小一時間の状態がこちら!

1016_04.jpg

つややかなお肌の表現ができました!

やってみて気を付けた方がよいと思ったことが以下の4点です。

  • まんべんなく明るいところで塗ったほうが良い→顔は凹凸が非常に多いので、スポット的な明るさだと塗った影か落ちた影かわかりにくい。
  • ファレホの「透過力」を信じる→薄く塗っていると「ホントに色ついてるかな?」と、思うこともありますが、しっかり色はついています。
  • 筆は含みの良いものをこまめに洗いながら使う→造形村スペシャルブラシ ZM07(1,210円(税込))造形村スペシャルブラシ ZM05(990円(税込))を使いました。
  • はみ出しても焦らない→必ずリカバリーできるので、焦らない。

この4点に気を付けて塗れば、楽しく顔塗装できること間違いなし!

最後にファレホ筆塗り塗装に欠かせないアイテムのご紹介です。

1016_05.jpg

レッドグラスゲームスのウェットパレット スターターパック(3,410円(税込))があれば、塗装中の塗料の乾燥を防ぎ、より快適に筆塗りを楽しめます。
もっと広い面積のウェットパレットをお求めの方にはウェットパレット スタジオXLパック(6,820円(税込))、もっと小さいサイズをお探しなら造形村 ウォーターパレット(550円(税込))もおすすめです。

ボークス名古屋ショールームでは、エコーズ・オブ・キャメロットをはじめとした海外ミニチュアや、筆塗りに必要な各種アイテムを取り揃えておりますので、ご来店の際は是非ご確認ください!

なお来週末も実演(内容未定)を実施予定ですので、ご注目下さい!

それでは!また次回のSRニュースでお会いしましょう!

皆様こんにちは!ボークス名古屋ショールームです。

記事タイトルのとおり、ボークス名古屋ショールームでは今週末10月16日(土)14:00から塗装実演を行います。

塗るのはコチラ!

1014_02.jpg

エコーズ・オブ・キャメロット 湖の乙女(5,830円(税込))!!!

湖の乙女をボークスホビーフレンドvol.10掲載の「塗るホビ!」を参考に塗っていきます。

その他ファレホに関するご質問などにもお答えしますので、ぜひお立ち寄りの際はご覧ください。

それでは!次回のSRニュースでお会いしましょう!

皆様こんにちは! ボークス名古屋ショールーム、スタッフMです。

もういくつ寝ると9月ですが、ツイッターホビー企画室公式アカウントでも紹介のありましたように9月11日(土)「ゼロテ」社と「ノクターナモデル」社の新商品が発売となります!

ボークス名古屋ショールームにもサンプルが到着いたしましたので、さっそく組んでみました!

名古屋ショールームのサンプルは......

0830_02.jpg

0830_03.jpg

イケメン爬虫類のリザードキン(ツインブレード装備)(3,850円(税込))

0830_04.jpg

組み立て前から禍々しさ120%のスケルトン ガーディアン (2,970円(税込))です!

まずはリザードキン(ツインブレード装備)(3,850円(税込))から組んでみました。

0830_05.jpg人間よりもはるかに長いリーチの腕で繰り出される剣戟の犠牲者たちの頭蓋骨が足場となっています。0830_06.jpg

ウロコの上からでもわかるマッシブな上半身とバランスよく伸びたしっぽ! いい背中してますよ!
腕パーツと胴体パーツの接続部分が三角筋になっているので、つなぎ目も出にくく、非常にマッシブ!

そしてスケルトン ガーディアン (2,970円(税込))も組み立てました!

0830_09.jpg

攻撃が当たったら「呪い」が付与されそうな禍々しいお姿です!そして塗りごたえのありそうな大サイズ!
塗装をする事を考えて、マントと楯は仮止めをしています。

0830_10.jpg

マントと盾は後ろからみても非常にカッコよくなっております!
足元の折れた斧や朽ちた頭蓋骨にもご注目ください。

0830_07.jpg

同じゼロテ社の凶戦士 (1,540円(税込))と比べると大きさが良く分かりますね。

0830_11.jpg

これはもう並べて飾るしかない体格差......!

さらにゼロテ社のミノタウロス(軍旗装備)( 3,630円(税込))と比べてみました。

0830_08.jpg

0830_12.jpg

どちらもダンジョンで見かけたら気づかれないうちに回れ右する組み合わせですね。

最後に記念写真!

0830_13.jpg

今回ご紹介したスケルトン ガーディアン (2,970円(税込))リザードキン(ツインブレード装備)(3,850円(税込))をはじめとする「ゼロテ」社の新商品とスペインの老舗ミニチュアメーカー「ノクターナモデル」社の商品は、9月11日(土)より発売開始です!

0830_15.jpg

0830_14.jpg

※一部限定店舗販売商品があります。

それでは!また次回のSRニュースでお会いしましょう!

皆さんこんにちは! ボークス名古屋ショールーム スタッフMです。

まずは先週末8月14日(土)・15日(日)に行いましたファレホ筆塗り実演にご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

今回はアーミーペインター マスタークラスドライブラシ3本セットを使ってファレホで筆塗り』をテーマに実演を行いましたので、以下アフターレポートです。

【ハイライトプライミング】

0821_02.jpg

0821_03.jpg

今回は奥まった部分を一部明るくしたかったので、エアブラシでハイライトプライミングを行いました。
今回は使っていませんが、ファレホ ホビーペイントスプレーなら、2種類の吹き口がついているので、細かい部分への吹きつけも可能ですので、是非お試しください。

【一日目】

70942 #075 ライトグリーン70911 #022 ライトオレンジ70802 #041 サンセットレッド(いずれもモデルカラー)をメインに使ってウェットブラシ技法で塗っていきました。

0821_04.jpg

塗装する対象物に垂直にブラシを当てると、刷毛が出にくく、色の移り変わりを塗ることができます。
アーミーペインター マスタークラスドライブラシ3本セットを使って塗装するときは、同じところを塗り続けるよりも、何度も薄く塗っていくほうが失敗しにくいと感じました。

0821_07.jpg

正面の光源は『緑の騎士』らしく緑を意識していますが、背後からの光は補色である赤を選びました。

0821_05.jpg

マントの内側を明るくしたかったので、左足あたりの光としてオレンジを塗っています。

0821_06.jpg

影になる部分は、ハイライトプライミングで残っている黒をベースに 72022 ウルトラマリンブルー(ゲームカラー)や、72745 チャードブラウン(ゲームエアー)を混色して塗りました。

【二日目】

前日から引き続き光の表現を行いました。

0821_08.jpg

胸の装飾や肩を覆うツタを目立たせるため 72022 ウルトラマリンブルー(ゲームカラー)でウォッシングを行ったり、70942 #075 ライトグリーンでドライブラシを行っています。
さらにアーミーペインター マスタークラスドライブラシ3本セットArtis Opus シリーズ M - size 1を使って塗りこんでみました。

0821_09.jpg

顔部分は目立たせたかったので、思い切って補色で強調しました。
顔部分だけ赤い光があたると違和感が出ますので、踏み出した右足や左肩、胴体部分にも赤みを追加しました。

0821_12.jpg

盾を持った右腕が暗くなっていたので、赤色で立体感を出しています。

0821_11.jpg

マントとヘルムの房は69023 ターコイズ(メカカラー)を重ね塗りし、単調にならないように心がけました。

0821_10.jpg

アーミーペインター マスタークラスドライブラシ3本セットを使うことで、盾部分のようなグラデーションが筆塗りで簡単に行えます!

【最後に】

今回の塗装実演は、ひたすらアーミーペインター マスタークラスドライブラシ3本セットの使い勝手の良さに驚きっぱなしでした。
トントン、ポンポンしているだけで「めっちゃ塗りが上達した!」気分が味わえる逸品です!
ご自宅にワンセットあっても損はないかと思います。

今回実演しました『緑の騎士』は、ワールドミニズコーナーで展示しておりますので、ボークス名古屋ショールームにご来店の際は是非チェックしてみて下さい!

それでは!また次回のSRニュースでお会いしましょう!

名古屋ショールーム 店舗情報
  • 460-0011
    愛知県名古屋市中区大須4-1-71
    矢場町中駒ビル 2F
  • 052-238-0771
  • 平日 11:00~20:00
      土日祝 10:00~20:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る