横浜ショールーム

お客様作品紹介 記事一覧

こんにちは、横浜ショールームの☆野です。

横浜ショールームはスケールモデルを充実取扱中!
それだけでなく、入れ替わり制で日々お客様の完成品がウィンドウを彩ります。

さて、そんなお客様の制作したスケールモデル完成品を随時ご紹介していきます。

今回の作品はこちら!

0527-01.jpg

作品名『チャーチル Mk.Ⅶ』
制作者『ゆう』様
キット『タミヤ 1/35 チャーチル Mk.Ⅶ』

これは不思議な色合い!
琥珀とも大理石とも金属ともいえるような表現です。
これはラップ塗装と呼ばれる塗装技術で塗られています。
黒系下地色の上から、ラップシートをくしゃくしゃにしたものでシルバーをポンポンと軽くたたくようにスタンプします。
その上からエアブラシでキャンディ塗装でコートすると、このような不思議な表現が出来上がるのです!


0527-02.jpg

チャーチルに似合う、少しレトロな色調で、優雅さと重厚さを表現しました。
輝度の強いアイスシルバーが金属感を出して、プラスチックモデルなのに、あたかも金属のような重厚感です!

0527-03.jpg
それでは制作者様のコメントです。

『タミヤのチャーチルにジャーマングレーを吹いてGXアイスシルバーでラップ塗装し、GXクリアオレンジを重ねていきました。』

車両の重みに相応しい色の選定で、作品に「自分表現」が見事に表れてます。
模型とは「作らなきゃいけないもの」ではなく「クリエイトしてよいもの」です。
創造性と独創性あふれるこの作品は、そんな模型の本質を思い起こさせてくれます!

この作品は横浜SRのスケールモデルウィンドウにて展示中です。


それでは、次の作品紹介でお会いしましょう!

こんにちは、横浜ショールームの☆野です。

横浜ショールームはスケールモデルを充実取扱中!
それだけでなく、入れ替わり制で日々お客様の完成品がウィンドウを彩ります。

さて、そんなお客様の制作したスケールモデル完成品を随時ご紹介していきます。

今回の作品はこちら!

0526-01.jpg

作品名『F-4EJ改』
制作者『フジヤ』様
キット『SWS 1/48 F-4EJ改 ファントムフォーエバー2020』

早速!SWS自慢の限定キット『F-4EJ改 ファントムフォーエバー2020』を完成させてくださいました!!
嬉しい!!
塗装もデカールも丁寧に施してくれて、キットの魅力を引き出してくれました。

0526-02.jpg

驚きなのは、この作品は全てファレホの筆塗りなのです。
筆目もまるで見えない見事な塗装は、ファレホの高性能もありますが、間違いなく製作者様の腕前の良さ。
スミ入れのふき取りを活かして「ぼかし」もよい塩梅で入っています。

0526-03.jpg
それでは制作者様のコメントです。

『素組筆塗り』


多くを語らずですが、製作時間も短く(何しろ発売されたばかり)細部まで丁寧に塗り分け、密度の高いモデリングです。
弊社にとって10周年記念、ファントムにとって退役記念の特別な作品を、こんなに素敵に作って頂けるとはメーカー冥利に尽きます!
本当にありがとうございました!!

この作品は横浜SRのスケールモデルウィンドウにて展示中です。


それでは、次の作品紹介でお会いしましょう!

こんにちは、横浜ショールームの☆野です。

横浜ショールームはスケールモデルを充実取扱中!
それだけでなく、入れ替わり制で日々お客様の完成品がウィンドウを彩ります。

さて、そんなお客様の制作したスケールモデル完成品を随時ご紹介していきます。

今回の作品はこちら!

0502_01.jpg

作品名『BAR』
制作者『筆塗り模型工房』様
キット『アミュージングホビー 1/35 ドイツ30.5㎝自走砲ベア』

でか~い!!
キングタイガーよりでかくて長い車両に、さらにオーバースケールの大砲!
搭載しているのは30.5㎝臼砲です。
E-100系の超重戦車(マウスとどっこい位の計画車両)をベースに車体を大型化し、巨砲を積んだ夢の車両です。

0502_02.jpg

重量は実に120トン!(ちなみにキングタイガーでも70トンくらい)
自走砲なのに厳重に装甲化された車体を支えるために、恐ろしく幅広な履帯です。
これがまた実に迫力があります。
ちなみに戦闘室上面に張り巡らされたフックの数々は自作の金属線でディテールアップされています。
この辺の情報量が光っていますね。


0502_03.jpg
それでは制作者様のコメントです。

『305mm臼砲搭載のロマン兵器です。
上面フックの差し替え等でデッチアップしています。
ライフリングはタガネで彫り直しています』

どれどれ、砲身を見てみましょう。
バッチリ彫られていますね。
ここから撃ちだされる砲弾は、10kmまで届くと言われています。
ウェザリングの塩梅もばっちり!

この作品は横浜SRのスケールモデルウィンドウにて展示中です。


それでは、次の作品紹介でお会いしましょう!

こんにちは、横浜ショールームの☆野です。

横浜ショールームはスケールモデルを充実取扱中!
それだけでなく、入れ替わり制で日々お客様の完成品がウィンドウを彩ります。

さて、そんなお客様の制作したスケールモデル完成品を随時ご紹介していきます。

今回の作品はこちら!

0429_01.jpg

作品名『日本巡洋艦 吾妻』
制作者『K-5』様
キット『シールズモデル 1/700 日本巡洋艦 吾妻』

模型ならではの情景に、圧倒的な情報量の工作。
もう横浜SRではおなじみの超絶モデラー、『K-5』さんの作品です!
今回は素晴らしい満艦飾!
1/700というサイズながら世界各国の旗を飾り付けた装甲巡洋艦『吾妻』です。
いやはや相変わらず見事な工作技術!
それに、選んだ題材も興味深いですね。


0429_02.jpg

艦尾ラッタルに近づくカッターボートが『現実感』を醸しますね。
さて、吾妻は我らが『三笠』と同期にあたる装甲巡洋艦。
この頃の日本の軍艦は、ヨーロッパに外注で建造してもらっていましたが、本艦はフランス製。
このフランスという国の兵器は今も昔も独自性がありまして(笑)、今回は当時としてはかなり『細長い船体』というのが特徴。
第二次世界大戦のフネに見慣れた身としては判り難いですが、当時としてはかなり幅が細く、長さが長い目立つ船でした。


0429_03.jpg
それでは制作者様のコメントです。

『明治33年、フランスから日本に回航された状態を再現しました。
マストには満艦飾を施した他、精密にディテールアップしました』

日本に回航。
先ほど言ったように、この頃は日本は外注に大きく頼っていた時期。
頼んだ船がやってくるのはひとつのイベントです。
そんな『情景』を思い浮かべさせるのがK-5さんの作品の素晴らしさ!
圧倒的な技術と豊かな物語性をいつも感じさせます。

素晴らしい作品をありがとうございました。

それでは、次の作品紹介でお会いしましょう!

皆様、こんにちは!
ブロッカーズ担当のタケです。

今回の作品紹介が、ブロッカーズ甲子園21~ゾディアック~の最後の紹介となろう・・・
我が紹介に!一片の悔い無し!!

10作品と多くのご参加を頂いたブロッカーズ甲子園21~ゾディアック~ですが、まだまだ投票は受付中!
ご来店の際はぜひ、ご協力お願い致します。

さてさて、早速とはなりますが・・・最後の一作品!
見ていきましょう!

0322_02.jpg


横浜ショールームの最後のエントリーといったらこの人!
「大波 朱」様の作品です!!
FIOREが出る前から女の子ブロッカーズを作り、ジョイントフレームによるスカートの再現のプロフェッショナル・・・。
過去にQ.O.Vの栄光を掴み取ったあの方でございます。

今回はローズを使って何を作ったのか!
では、いつものあれ・・・いってみましょう!

「何の星座でしょうか!?」
デデン

0322_01.jpg

といってもですね・・・
今回思いっきり答えがあるんですよ・・・。
どことは言いませんがね?あるんですよ!!


はい、おそらく65%の人が分かったであろうこの問題!
答えをすぐに発表しましょう

0322_03.jpg


【参加部門】B.組み換え部門
【作品名】ブロッサムナイト アストライアー
【機士名】大波 朱 様
です!

はい、正解は・・・
乙女座でした!

35%の人は天秤座と答えたと思っております。
そう、乙女座です。

実は、乙女座には物語が二つあるらしく・・・
一つは乙女座の物語の中にある女神デメテルとしての乙女座です。

もう一つは天秤座の物語の中にある女神アストライアーとしての乙女座です。

今回再現いただいたのは天秤座の物語にあるアストライアーとなっており、そのため印象に残る天秤が添えられています。

奥が深いですなぁ・・・

奥にはブロッカーズベースに乙女座の再現が!
これもまたクオリティが高いですね。

色鮮やかなローズに様々なストーリーが重なった素晴らしい作品でした!

以上、大波 朱様でブロッサムナイト アストライアーでした!!


この度のブロッカーズ甲子園では本日ご紹介しました、10作品が全てとなります。
ご参加、本当にありがとうございました!!

この後は、ショールーム代表決定投票(現在開催中)と東西代表投票が控えております!!
ご来店の際はぜひ、ご協力のほどお願い致します。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

横浜ショールーム 店舗情報
  • 220-8577
    神奈川県横浜市西区南幸2-15-13
    横浜ビブレ 9F
  • 045-321-7871
  • 11:00~21:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る