SRニュース

店舗情報  記事一覧

皆様こんにちは、札幌ショールームです!

すっかり涼しくなり工作や塗装が捗る季節になりましたね!
札幌ショールームはプラモデルやガレージキット、用品用材工具を多数取り扱っているほか、ホビーを楽しむヒントも店頭にて公開中です!
お客様よりお持ち込みいただきました珠玉の作品たちも、あなたがホビーを楽しむヒントの一つになると思います!

それでは今回も、お客様作品をご紹介していきたいと思います!

1003_01.jpg
作品名:ウルトラマンゼロ
製作者様:komon
製作者様コメント:エントリーグレードのウルトラマンゼロをストレートに組み塗装しました。

スタッフコメント:パッと見るとスーツアクターの実写の写真のよう!合わせ目を完璧に消し、シンプルな作りのエントリーグレードをここまでリアルに仕上げるのは流石です!
1003_02.jpg
作品名:ラオウ
製作者様:komon
製作者様コメント:ラオウ昇天の姿、名シーンの再現のため頑張って塗りました。

スタッフコメント:不朽の名作「北斗の拳」より、ラオウが義弟であるケンシロウとの闘いに敗れ、自ら秘孔を突いて天に帰る名シーンを再現!筋肉の陰影や、レザーブーツの質感表現も素晴らしく、悔い無き穏やかな瞳がとても印象的です!
1003_03.jpg
作品名:結晶ユニコーン黒板ダム
製作者様:A!RKING
製作者様コメント:ユニコーンガンダムの結晶Ver.を黒板塗装して、チョークでぬってあります。

スタッフコメント:黒板化塗料で塗装し、チョークを重ねて塗るというユニークな発想にびっくりです!チョークの風合いで結晶の眩さが見事に表現されています!

皆様、いつも素敵な作品をありがとうございます!
本日ご紹介させていただきました作品も当店ショーケースにて展示中!
SRニュースをご覧の皆様もぜひ、自慢の作品を札幌ショールームへお持ち込みください!

また、「塗るプラコンテスト3」の作品も大募集中です!塗るプラの「水木しげるの妖怪シリーズ」を自由に塗ってご参加ください!

それでは皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
次回のSRニュースもお楽しみに!

こんにちは!
名古屋ショールームの店長です!!

現在絶賛作品募集中の「塗るプラコンテスト3」!!
なんと今回はお客様の参加されるA~C部門に加え、スタッフだけが参加する「D.ボークススタッフ部門」が追加されました!!
名古屋ショールームからは、私とスタッフMが参加いたします!

そんな我々が営業時間中に堂々と作業をする為、「塗るプラ塗装実演in名古屋ショールーム」を行います。
スケジュールは下記の通り!!

10月10日(土)13:30~15:00 担当:スタッフM  実演アイテム:塗るプラ「キジムナー」
10月11日(日)13:30~15:00 担当:店長    実演アイテム:塗るプラ「輪入道」

1003_01.jpg

ファレホを使用して筆塗りで塗装を行いますので、「塗るプラに興味がある!」、「ファレホってよく聞くけど、実際どうなん?」そんな方は是非当日お越しください!
実際に塗装する所をご覧いただくことで、塗るプラやファレホに対する疑問や、難しそうといった意識は大分薄れると思いますよ!?

名古屋ショールームのスタッフ一同、皆さまのご来店と、塗るプラコンテスト3へのご参加をお待ちしております!!

こんにちわ!
神戸ショールーム店長の山崎です!!

みなさま、GO TOトラベルの地域共通クーポンはご存じでしょうか?

GO TOトラベルを利用した旅行代金の15%相当額がお買い物に使えるクーポンとして発行されるサービスです。

100301.jpg

※「GoTo トラベル」事業に関する詳細は下記のサイトをご確認ください。

「GoTo トラベル 旅行者向け公式サイト」

 

 

神戸ショールームでは地域共通クーポンの利用エリアの欄に「兵庫県」と記載されていれば「紙クーポン」「電子クーポン」のどちらもご利用いただけます!!

例)紙クーポンの場合

100302.jpg

利用エリアは旅行の宿泊地や目的地の都道府県と隣接する都道府県が対象となりますので、宿泊地や目的地が「兵庫県」だけでなく「京都府」「大阪府」「鳥取県」「岡山県」「徳島県」「香川県」だった場合も「兵庫県」は対象となります。

上記近隣府県にご旅行の際はぜひ神戸ショールにも足をお運びください。

※地域共通クーポンご利用時の注意点やご利用いただけない商品、サービス等については、下記ボークス公式サイトをご確認ください。

GoTo トラベル 地域共通クーポン ご利用案内

 

GO TOを利用して、神戸ショールームでお得なお買い物を!!

みなさまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

皆さん、こんにちは。
スタッフの青木です。

「V.K.Mペイントコンテスト5」大盛況のうちに終了となりました。
横浜ショールームでは過去最高のエントリー数!
ご参加してくださいました皆様、本当にありがとうございます!

さて、コンテスト終了となりましたが、
作品紹介のショールームニュースは続くのです!
本日は同じ作者様ですので、3部門同時に紹介したいと思います!
今回は最優秀賞を受賞した作品もございますぞ!
最初はコチラ!

1002-01.jpg

エントリー部門・ロボメカ部門
作者名「@館長」様
作品名「機動戦士ガンダム」
使用塗料「ファレホ」

横浜SR・最優秀賞を受賞した作品でございます!
おめでとうございます!
パッケージを彷彿とさせるイラスト風塗装。
凄まじい描き込みですね!

1002-02.jpg

光源の位置、陰影の描き込みなど
絵画と言えるほどの見事な表現!
宇宙をイメージしたベースの描き込みも素晴らしく、
圧倒的な統一感を誇っています。

1002-03.jpg

それでは製作者様のコメントです。

「安彦良和先生、大河原邦男先生をリスペクトし、筆塗りでイラスト風に仕上げました。ファレホとアクリルガッシュを使用。」

立体物にも関らず、イラストなのでは?と思ってしまうようなクオリティ!
製作者様の観察力の鋭さ、それを表現出来る技術とセンスに感動を覚えます。

お次はコチラ!

1002-04.jpg

エントリー部門・フリー部門
作者名「@館長」様
作品名「デビルマン」
使用塗料「ファレホ」

これはビックサイズ 竹谷隆之版のデビルマン!
元々カッコイイキットでございましたが、
それ以上に塗装が素晴らしい!

1002-05.jpg

身体の色から察するにアニメ版のイメージでしょうか?
肌色と黒のデビルマンも悪魔らしく渋い色合いですが、
このカラーリングも凄く魅力的です!

1002-06.jpg

それでは製作者様のコメントです。

「マックスファクトリーの竹谷版デビルマンです。25年前のソフビキットを組んでファレホとアクリルガッシュで筆塗りしました。」

独特な製作方法が必要なソフビをここまで丁寧に作れる技術、
アニメのカラーをリアル系のキットに取り込む塗装スキル、
最優秀賞のガンダムといい作品がハイレベル過ぎますぞ!

まだ続きますぞ!

1002-07.jpg

エントリー部門・アマビエ部門
作者名「@館長」様
作品名「アマビエ型デンシタコ」
使用塗料「ファレホ」

おお、可愛いアマビエ様。
キラキラした目、愛らしい雰囲気がいいですね!

1002-08.jpg

脚や鱗の描き込みも素晴らしい。
ハイライトとシャドウの描き込みがスゴイ...!
ちょこっとしたくちばしも可愛いですね。
目が光っているように見えるので、何かを見つけた瞬間かな?と思ってしまいます。

1002-09.jpg

それでは製作者様のコメントです。

「日ノ元重工のソフビ人形デンシタコ3号をアマビエモチーフでリペイントしました。ファレホとアクリルガッシュ筆塗りです。」

元のキットを調べましたが、実に見事なリペイント!
繊細ながらもデフォルメに似合うよう塗装されており、筆と塗料を自由自在に扱う技術力!
3作品ともハイクオリティで圧倒的存在感を誇ります!

それでは次回の作品でお会いしましょう!

皆様こんにちは、秋葉原ホビー天国5階でございます。

0930_01.jpg
0930_02.jpg

大好評頂いている秋葉原ホビー天国5階のフロア中央に鎮座する「お客様作品展示」コーナー!
いつも皆様にご覧になって頂き、展示して頂き本当にありがとうございます!
沢山の作品持ち込みを頂きウィンドウもついに手狭になってしまい嬉しい悲鳴をあげる今日この頃でしたが、今回対面のウィンドウを解放してコーナーの拡大を致しました!!

0930_03.jpg
0930_04.jpg

これで皆様の更なる作品の展示にも対応可能、遠慮無用でドシドシお持ち込みくださいね。

展示希望のお客様には事前にじっくり規約やコメントを考えて頂けるよう「展示受付事前記入用紙」をご用意しました!
ご自由にお持ち頂けますのでお気軽にお持ち帰り下さい。

0930_06.jpg

そして、展示をご覧になった後はウィンドウ横に設置された「展示製作者様名刺お持ち帰りコーナー」をご覧になるのもお忘れなく!
大変ご好評頂き、展示されているお客様のとても気合の入った(持って帰っていいのか気後れしてしまう)カッコイイ名刺を沢山置いて頂いております(無くなっていたらゴメンナサイ)。

見てくれる皆様にもう一押し自分の作品をもっともっと知って欲しい。
名刺作ったけど配る場所がない、色々な人ともっと繋がりたい、他にもこんな作品作ってます、等々。
皆様の模型交流に手助けとなれば幸いです。
※名刺の設置は作品を展示されている制作者様本人のみが可能となっておりますのでご了承下さい。

展示頂いた作品は「ボークス秋葉原ホビー天国公式Twitter」にて新規お客様展示作品としてを掲載、紹介させて頂いております。

Twitterを見て実際に見てみたいという作品がございましたら是非ホビー天国へご来店ください。
皆様の作品が誰かの励みになり、目標になり、模型製作の輪が更に広がってくれればと願っております。

さぁ皆様、ここホビーの中心地「秋葉原」ボークスのウィンドウに作品を展示してみませんか?
自分の作った模型を見てもらう機会がなかなか無い、Twitterなどには上げているがやっぱり実物を見てもらいたい!
展示会などは上手く時間が合わない...そんな時はどうぞ秋葉原ホビー天国「お客様作品展示」コーナーをご利用下さい。

「見て欲しいという気持ち」があれば上手い下手は関係ありません、ホビー天国5階スタッフ一同は皆様の作品を心よりお待ちしております。

※展示スペースの関係や展示の混み具合により展示が出来ない場合がございます。
心配な場合は事前にお電話でご確認下さい。大型の作品の場合も御一報頂けると幸いです。