活躍する先輩たち

デジタルコマースグループ 髙橋 裕子

ECストアコーディネーター
入社年:2009年


これが私の仕事

データと向き合い、お客様のニーズにあわせて変化していくECサイト運営

スマートフォンの普及などにより、多くの方がウェブサイトやSNS上の情報に対し、場所や時間を問わずにアクセス可能になったことで、求められる情報の質やスピードも変化したと感じています。
その変化に対応する為、ボークスでは2019年に新たなITと物流の改革プロジェクトが立ち上がり、「デジタルコマースグループ」という組織が編成されました。
私たちのチームはこのグループの中で、様々なお客様のデータと向き合い、デジタルマーケティングとECサイトの企画運営を行っています。日々、仮説→分析→立案→検証→新しい仮説と、試行錯誤を繰り返していますが、他部署からの協力もあり、少しずつ形になってきているところです。
結果は売り上げデータとして数字に反映される為、大変ですが、やりがいのある業務です。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

世界中のすべての方が私たちのお客様!

インターネットを通じて商品を販売するということは、日本国内のみならず、世界中の方が私たちのお客様になる可能性があるということです。
その可能性に挑戦する為、ボークスは10年以上も前に越境ECサイトの運営を開始し、多くの商品を海外のお客様の元へ送り出してきました。
現在も、世界中の様々な地域からご注文をいただきますが、以前、キプロス共和国のお客様からドルフィー・ドリーム®のご注文をいただいた際には驚きました。
地中海の島に佇むドルフィー・ドリーム®を想像するだけで、「ホビーの世界に国境は無い」ことを実感します。
いずれは全世界のお客様のニーズを分析し、様々な企画に挑戦をして、世界中の皆様にボークスの商品をご愛顧いただきたいと思っています。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

お客様の喜びを、自分たち自身の手でイチから作り上げる

長年、ボークス商品のファンでした。顧客としてイベントなどに参加する中で、商品の独自性に加えて、「お客様ファースト」を感じるスタッフの皆さんの接客に、自分もこういう働き方をしたいと思うようになりました。
実際、入社して知ったのは、イベントの運営スタッフがすべてボークスのスタッフだったということ。接客のみならず、イベント会場の設計・搬出入・設営など、言わば裏方の業務もすべて自社スタッフで行っていたのです。
このように、常に、「自分たちの手で、お客様を喜ばせたい!」と考えているからこそ、商品のデザインや造形にも、イベントにも、販売スタッフにも、同じ「ボークスらしさ」を感じるのだと思いました。
そして、今では私自身もボークスのスタッフとして、イベントに参加させていただいております!


就職活動のアドバイス

会社というのは適材適所を念頭に社員を配置する為、希望部署以外での採用や、入社後の異動もあり得ます。
その為、「興味がある職種」というだけで就職先を決めては、将来的に挫折や退職の原因になりかねません。
「この会社が好き」という気持ちが根底にあれば、どんな職に就いても、様々な経験を積み、成長して、最終的には自分に最も適する仕事ができると思います。
そのためにも、インターンシップに参加するなどして、その会社自体の魅力や将来性を見極めてください。