活躍する先輩たち

ドール企画室 太田 早紀

ドルフィーDTPデザイナー
入社年:2017年


これが私の仕事

ドルフィーの世界観を紙面上で表現する仕事。

書籍や商品パッケージ、各種サービス用の書類など、ドルフィー®に関わる様々なグラフィックデザインを制作するのが私の仕事です。
一口にドルフィー®関連のデザインと言っても、求められるテイストは多種多様です。最新の自社情報をお客様へお届けする冊子「ボークスニュース」では、それぞれの商品が持つ雰囲気に合わせて紙面を装飾しています。リアルクローズならファッション雑誌風にしたり、ファンタジー系ドレスなら世界観を作り込んだり、幅広いデザインに対応できるよう日々センスの向上に努めています。お客様へ伝えたい文字情報を分かりやすく整理して配置する力も必要となるため、様々なデザインスキルが身に付く仕事です。
イベントで使用する大型POPは、データの制作だけでなく出力・加工までを社内で行っています。自分が作ったパネルが「ドールズ パーティー」のブースを美しく飾り付けている様子を見ると、達成感を感じます。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

広報デザインの力でお客様の心を掴む。

イベント会場や店舗からの報告、SNSで「ボークスニュースを見て、欲しいと思った」というお言葉をいただいた時が一番嬉しいです。
商品の魅力を紙面という限られた空間で100%伝えることは容易ではありませんが、人の心に刺さるものが作れた時にやり甲斐を感じます。実物を店頭で見て確認できるお客様ばかりではないので、自らの制作物が購買意欲を左右するのだということが心地よいプレッシャーとなっています。
また、ドール企画室に所属している社員は、PR広報制作担当も毎回「ドールズ パーティー」へ参加しています。オフィスでパソコンと向き合っているだけでは味わえない、お客様の生の声を聞くことが出来るのもこの仕事の楽しいところです。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

自らの長所を活かして、お客様へ喜びをお届けする。

昔から絵を描いたり物を作ったりすることが好きで、大学ではグラフィックデザインを専攻しており、それを活かせる仕事に就きたいと考えていました。
数ある会社の中でボークスを選んだきっかけは、ドルフィー®のファンだったからです。採用情報を見た瞬間に、可愛いドルフィー®のこと、それを生き生きと美しく展示している店舗、親切で優しいスタッフの方々が脳裏に浮かび「私も大好きなデザインで、大好きなドルフィー®を作る会社へ貢献できるかもしれない」と胸が高鳴りました。
自社商品の魅力をお客様へ伝え、ドルフィー®の購入を検討していただいたり、新しいドレスをお買い上げいただいたり…この趣味の喜びを提供できることが誇りとなっています。ボークスで好きなものに囲まれて仕事をしている毎日は本当に幸せです。


就職活動のアドバイス

とにかく色々な会社を見てみることが大切だと思います。
私は早い段階で第一志望をボークスに決めていましたが、同じ職種の中で沢山の会社を調べました。少しでも興味があればウェブサイトを隅々まで見たり、会社説明会やインターンシップへ参加したり、積極的に行動してみましょう。他社と比較することで自分が行きたい会社の良い部分が見えてきますし、その選択に自信が持てるようになります。広い視野を持って、後悔のない会社選びをしてください。