活躍する先輩たち

ホビー企画室 岡田 翔平

商品企画
入社年:2015年


これが私の仕事

魅力的な商品やイベントをお客様にお届け!

私はボークスホビー企画室の一員として、弊社オリジナル商品「ブロッカーズ」の企画を行っています。
主な仕事は2つに分けられます。1つ目は「製品化に向けての業務」です。
デザイン画を元に設計スタッフと打ち合わせを行い、『どんなギミックや造形なら魅力的か』を相談しながら商品の原型を作ってもらいます。次に生産工場から届くテストショット(製品の初期サンプル)を実際に組み立てて確認し、納得できるクオリティに仕上がるまで何度も工場と修正を重ねます。
他にもパッケージ用の写真撮影や生産スケジュール管理、商品の宣伝など、1つの企画が開始してから発売するまで様々な業務があります。
2つ目は「イベントの企画運営」です。
新作発表の場やお客様が参加できるコンテストなど、複数のイベントを定期的に開催しております。
商品をより効果的にアピールしていくためにキャンペーンや戦略を考えるのも企画の大切なお仕事です。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

自分が携わった商品が店頭に並ぶ喜び。

ホビー企画室配属後に初めて受け持った大きな業務が「ブロッカーズFIORE プリムラ・シネンシス」のパッケージ用の写真撮影でした。
先輩や上司のアドバイスを頼りに、試行錯誤しながらポージングを行って撮影していた記憶があります。
その後「プリムラ・シネンシス」のパッケージが店頭に並んでいるのを見て、自分が関わったものが商品としてお客様の手に届く場所に置いてあることに感激しました。思わず『この写真を撮ったのは自分だよ!』と自慢したくなるほど嬉しかった思い出です。
それ以降いくつもの商品を手がけましたが、今でもそれらが店頭に並ぶ度に感慨深い気持ちを抱きます。
商品を実際に手に取ってくださったお客様からお褒めの言葉をいただいたり、楽しく遊んでいただけた時こそ企画者としての努力が報われる幸せな瞬間だと思います。
同時に「もっと素敵な商品をお届けしたい!」とやる気やモチベーションも上がります。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

大好きな「ホビー」に囲まれて仕事がしたい!

私は元々、ブロックトイなどの「自分の空想を反映させて遊べる玩具」が好きでした。
就職活動の際、大好きなホビーに関わる仕事がしたいと考え、全国のホビーメーカーを探していたところボークスに出会いました。ボークスの商品は買って終わりではなく、ユーザーの手で作り上げたり遊ぶことに重きを置いた商品が多いため、私が考えるホビーの楽しみ方に一番近いと感じました。
その中でも特に「ブロッカーズ」に魅了され、ぜひこのシリーズに携わりたいと思い、この世界に飛び込みました。
入社後は店舗で経験を積み、その後ホビー企画室へ異動してブロッカーズ担当となりました。
弊社は企画・製造・流通・販売など全てを一気通貫で行っているため、自身のアピールポイントや得意分野を積極的にPRすることで部署間を越えたプロジェクト/イベントに携わることができます。
様々な業務を経験し、更なる成長ができるのもボークス魅力です。


就職活動のアドバイス

何よりも積極的に調べ、自分からアプローチを行うことです。
就職サイトや合同説明会で見つけることができる会社はほんの一部で、自社のオフィシャルサイトからしか応募を受け付けていない会社も多数あります。自分で積極的に調べない限り、そのような隠れた会社と出会うことはできません。
自分の「好きな事」「本気でやりたい事」を見つめ直して、マッチする企業を県内外問わず広い視野で探すことが大切です。ぜひ自信を持って誇れる仕事を見つけてください。