活躍する先輩たち

営業部 森田 泰亘

大阪SR 店長
入社年:2016年


これが私の仕事

お客様はもちろん全ての人をホビーで幸せに。

営業部の仕事はボークスグループが作り、提供する全ての魅力ある商品・サービス・情報を直接お客様に提案し、お客様にボークスファンになって頂くことです。
私は3月にリニューアルオープンすることとなった大阪ショールームの店長職に任命されました。
店長職はいわゆるヒト・モノ・カネを管理します。スタッフの育成はもちろん、スタッフが笑顔で働ける職場作りや、売上を上げる為に「お客様目線」での店舗・売場つくり、商品管理をスタッフと協力し行っています。
今までとは違う仕事内容に戸惑うことも多いですが、毎日ワクワクしながら新しい仕事にチャレンジをしています。
店頭に大きく掲げた「ホビーは心の支え」の字のごとく、大阪ショールームがお客様、そしてボークスに関わる全ての人の心の支えとなり、幸せにすることが私の仕事です。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

常連様がドンドン増える喜び。

自分の好きなホビーで、お客様に幸せになって頂き、お客様からの笑顔と「ありがとう」のお言葉に毎日出会える素敵な仕事です。
そのお客様との接客の中で「ボークスだから」、「大阪ショールームだから」、「あなたがいるから」と常連様がドンドン増えていきます。「店長来たよ!」「こんにちは!」「あの時はありがとう!」とお客様からご挨拶を頂くと「ああ、この仕事で良かったなぁ」と思い、もっと常連様を増やそうと頑張れます!
私はホビースクエア京都、秋葉原ホビー天国を経験しましたが、その時の常連様が大阪に来るたび、「大阪に来たから見に来たよ!」とご来店頂いたり、月に1度遠方からお越しの常連様から「大阪ショールームはいつ来ても楽しい!遠くから来るだけの価値がある!!」と言って頂けた時は本当に嬉しかったです。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

ボークスホビーが好き、人の笑顔が好きだから。

あれ?引っ越した家の近くにホビーショップがある…行ってみようかな…。
それがボークスを知ったきっかけでした。前職でおもちゃなどの接客業をやっていたこともあり、ホビーでこんなお店が、こんなオリジナル商品があるんだおもしろいなぁ。はじめはそんな感じでした。
そして仕事の関係でさらに引っ越した先にもボークスがありました。「え?ここにもボークスが!?やった!」と驚きました。
最初はお客として通っていましたが、スタッフの素敵な接客態度や笑顔溢れる店内に、日に日にここで働きたいなぁ、楽しそうだなぁと思うようになりました。
前職を辞め、さてどうしようかなと思った時にすぐに働きたいと思ったのはボークスでした。
入社し数年が経ちましたが、好きなホビーで働いて、自分だけでなくお客様も笑顔に幸せにできるボークスはやっぱり大好きな会社でおもしろい会社だと思います。


就職活動のアドバイス

私の場合、工学部でしたが業種は選ばず気になった会社にとにかくアタックしました。
会社説明会に参加することによって、お客様としての立場では知ることができなかったその会社の良さや凄さがわかり、ここで○○がしたい!と思うようになりました。
その会社に入りたいだけが目標になってしまうと入社してからきっとつまずいてしまいます。
その会社で何がしたいか?どういったことがしたいのかを考えること、最後まであきらめないことが大事だと思います。