活躍する先輩たち

ドール企画室 石倉 野乃花

ドルフィークリエイティブ職
入社年:2020年


これが私の仕事

お客様の「想い」をカタチにする

自社のオリジナル商品である「スーパードルフィー®」のメイクアップ(お化粧)をするのが私の仕事です。
メイクはドールのヘッドに筆やエアブラシなどの道具を用いて1点1点手作業で行っています。
ドールメイクの技術はとても早いスピードで進化しています。
そのため自分も常に目標を設定し、技術のアップデートをしていかなくてはいけません。
メイク業務の種類は様々で、限定商品の量産やオーダーに副ったメイクをする「フルチョイス」などがあります。
量産は数多くを作るため、効率が重視される反面、質を落とさず均一に沢山のメイクをする事が必要となります。
一方「フルチョイス」はお客様の気持ちや要望をメイクに表現するため、汲み取る力が必要となります。
私はメイクの仕事には描く技術に加えそれらの力も大切だと考えています。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

ドールを通じて広がる喜びの輪!

SNSでお客様がメイクしたドールを評価してくれたり、大切にしてくれているのを知った時です。
お迎えした時の喜びやワクワク感が伝わってきて、とても嬉しくなります。
また、ドールズパーティーなどで来られたお客様から、愛のあるお言葉を直接いただくと、それがモチベーションに繋がり仕事の励みになります。
SNS、イベントでお客様同士がドールを通じて、喜びの輪が広がっていくことが私自身の喜びにもなっています。
これからもお客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら1つ1つ大切にメイクしていきます。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

大好きな描くこと×可愛いもの

学生時代は美術大学で古い日本画の模写、技法の研究をしていました。
模写では、その作品の時代背景や、作者の意図を汲み取ることを学びました。
そしてこれらを活かした仕事に就きたいと思っていた所、ボークスのホームページを拝見し、その可愛さと技術の高さに感銘を受け、この仕事に挑戦したいと思ったのが始めでした。
小さい頃から可愛いものも大好きだったので、商品の世界観などにも魅了され、「ここしかない!」という強い想いで就活にのぞみました。


就職活動のアドバイス

自分の「好き」や「好奇心」に素直になり、まずはやってみることを大切にしてほしいと思います。
就職活動は自分を成長させられる貴重な機会なので、恐れずにチャレンジしてみてください。
そして、その会社で自分の「なりたい姿」を実現できるかイメージするため企業説明などに積極的に参加することをおススメします。後悔のないよう頑張ってください。