活躍する先輩たち

ドール企画室 藤井 琢也

ドルフィーイベント/商品プランナー
入社年:2004年


これが私の仕事

業界全体を巻き込み成功に導く。

東京ビッグサイト等の大型展示場で開催するイベントや、直営店での季節の催し、ホテルやクルーズ船を貸し切って行うパーティー等、ボークスのドールに関連するイベントの企画、準備、運営を執り行っております。
プロジェクトの担当や社内協力者だけでなく、お客様、協力会社、そして業界全体をも巻き込んでイベントを成功へ導くことができる【強くて楽しいチームづくり】が私の仕事です。
「10,000人を超えるビッグイベント」から「招待客のみで開催する親密なレセプション」まで、バラエティに富んだ催しを創造できるとてもエキサイティングな業務です。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

「ありがとう」に喜びもひとしお。

入社4年目の時です。主力商品のひとつ「スーパードルフィー」が、発売から10年を迎え、年間を通しての記念事業が進行しておりました。
その年は次から次へと新しい試みや、たくさんの経営資源をかけたプロジェクトが目白押しで、それ故に「失敗は許されない」と、今までにないプレッシャーとの闘いの日々でした。
その中でも、≪どうしたら喜んでもらえるだろうか≫≪こうしたら楽しいかもしれないな≫ と、【お客様がイベントを楽しんでいる姿を想像して】毎日励んでいたのは良い思い出です。
「ありがとう」 「また楽しみにしてるね」と、労いの言葉をかけていただいた時は、本当に喜びもひとしおです。
チームで協力してつくり上げた企画をお届けできるのは、すごくやりがいを感じます。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

「輝いている」という実感が持てる!

入社面接や試用期間を通じて、≪他のどのような会社よりも、自分が活躍することができる会社ではないか≫と、代表や幹部たちの熱意と社風を感じておりました。
私は入社当時、「Webデザイナー/エンジニア」として採用をいただき、「ロジスティククルー」や「ボークスUSAのECサイト立ち上げ」等に従事しておりました。
そのキャリアを重ねるのなかで、様々な形で自身をアピールできる機会をいただき、現職のイベントプランナーとして催しをプロデュースできる業務に就くことができました。
それは、【意志を持って行動すれば、一番輝ける仕事に巡りあえる】という事です。
チャンスを掴もうと努力する社員にスポットが当たるのは良い会社だと思います。


就職活動のアドバイス

世の中にある仕事や業務の多くは、【自分のやりたいことや好きなことを実現するよりも、誰かの役に立つことや幸せに感じてもらえることの達成】によって評価されます。
そのために、あなたが世界に貢献できる「何か」を徹底的に見つめ直してみてください。
あなたの持っている「知識、技術、感性」を十分に発揮できる仕事を見つけることができたら、その発揮できる何かにさらに磨きをかけて、より広く、より深く追及することできたら、きっと素敵な会社との出会いが訪れると思いますよ。
願わくはその会社がボークスだったら嬉しいですね。