活躍する先輩たち

ドール企画室 澁谷 利佳

PR広報制作
入社年:2012年


これが私の仕事

多様な世界観をデザインで表現。

ボークスオリジナル商品「ドルフィー」を専門に企画するドール企画室のPR広報では、書籍やイベント用の大型POP、各種サービス用の書類まで「グラフィックデザイン」のほぼ全ての制作を担います。
自社情報誌であるボークスニュースを作るのも私たちの主要な仕事の一つ。
紙面という限られた空間の中で商品をイキイキと表現し、お客様の心を掴む情報ページのデザインを行います。
デザインテイストは流行のカジュアルファッションから魔法使いの住まうファンタジー世界まで多種多様。
ゲーム・アニメのキャラクターやファッションブランドのテキスタイルを取り扱う機会もあり、作品の緻密な世界観に寄り添うデザインが求められることも。
常に「どのようなお客様にお届けしたい商品なのか」「どのような形で送り出すべきなのか」「どのように愛していただくのか」−−様々な視点から考え、分野に拘ることなく新たなデザインに挑戦していける仕事です。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

お客様と商品の架け橋となる。

ボークスニュースでの新商品告知ページ、SNSでの告知画像やオーダーサービスのカタログなど自社展開は勿論のこと、コラボ作品関連イベントや催事会場でのブース装飾、POP、フライヤー、その他様々な形でお客様がドルフィーと出会う時、その視線の先には必ずと言っても過言ではないほど私たちPR広報が手がけたデザインが存在します。
そうした制作物をご覧いただきドルフィーの購入を検討していただいたり、ドルフィーと生活することを夢見ていただいたり……魅力的なデザインを作るということは、お客様とドルフィーが共に過ごすきっかけを作るということに他なりません。
「ボークスニュースを見て」「このフライヤーの商品なんだけど」店頭やイベントに来てくださるお客様のそういったお言葉をいただいた時、お客様とドルフィーを繋ぐ架け橋になれた!と心からの喜びを感じます。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

喜びをお届けし、喜びを得る仕事。

学生時代、ドルフィーのユーザーとしての生活を楽しむ中でスタッフの皆さんにとても親身な対応をしていただき、また絶えず提供される企画を通して日頃からボークスに大きな信頼を寄せていました。
そうした経験もあり、いざ就職活動をはじめるにあたって「大好きなドルフィーの魅力を、この日々の楽しさをお届けする側になりたい!」と決意し志望に至ります。
ボークスには「商品が好き」という想いを存分に活かすことができる環境、個性を伸ばして育成する風土があります。
ユーザーとしての視点から意見を求められたり、ゲームやファッションブランドなど愛好する作品の知識を活かして商品に関わる機会もいただきました。
個人の持つ感性を活かしつつ、商品を「売る」力を学び用いる機会を与え、お客様は勿論スタッフにも新たな喜びを提供する。
そんなボークスだからこそ、今も変わらぬ気持ちを抱きながら毎日の職務に励むことができています。


就職活動のアドバイス

みなさんには「好きなもの、こと」はありますか?
「仕事」について考える際、好きなことを仕事にするという選択に大きなリスクを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、困難を迎えた時に「好き」というその想いは強力なパワーになります。「仕事が好きだから」「商品が好きだから」「商品を待っていてくれるお客様の笑顔が好きだから」……
自己分析をされる際には「自分が好きなもの、こと」について、ぜひじっくりと向き合ってみてくださいね。