活躍する先輩たち

ドール企画室 井上 美季

ドールメイクアップ
入社年:2007年


これが私の仕事

創る×造るのバランスを意識して。

私の仕事はボークスオリジナル商品「スーパードルフィー®」の顔のメイクの企画・制作と販売商品の生産です。
メイクは眉毛一本で表情が変わってくる繊細な仕事です。企画・制作ではお客様に満足していただけるように表情の付け方や色の効果的な組み合わせを研究し、ドレスデザインをしているスタッフやイベント事務局の意見を取り入れ、魅力溢れるメイクを生み出しお届けしています。
販売商品の生産ではチームワークが重要です。
手作業で一つずつ仕上げていますので完成度を合わせる為に、制作者の意図を理解して、メイクをしています。
しかし、多くのお客様にお届けする為には一人で は到底無理なのでチームでの仕事を行います。メイクスタッフ個人の特性を活かし、得意な所は伸ばし、足りない所は補えるような指導を心がけています。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

「好き」を「喜び」に変えて原動力に。

メイクをする事が好きです。無限にある色の中からその子にあった色を選んで、一番素敵な組み合わせを考える時間が楽しいです。
筆を使って描く眉やまつ毛の表現をする時に、自分の持っている技術を発揮させる事が楽しいです。
この2つの組み合わせから表情を創り、理想のメイクができた時が嬉しいです。
築き上げてきたボークスのメイク技術をお客様に認めらる事やそのメイクがお客様から「可愛い」や「かっこいい」と思って頂ける事が更に嬉しいです。
これからも、もっと努力して他では出来ないメイクを生み出し続けたいです。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

未来に技術と想いを継承していく。

私は多くの伝統文化に囲まれた京都で育ちました。
父は西陣織の仕事に携わり、幼い頃からその姿を見て、職人な父に憧れていました。
自分もそんな父のようになりたいと伝統工芸の学校に通い学んでいましたが、どの道に進むか迷っていた時に、同じ京都の会社ボークスのスーパードルフィー®に出会いました。
自分だけのたった一つのドールを販売している事を知り、造り手の技術力の高さと想いが新しい伝統文化になるものだと感じて、思い切って飛び込みました。
メイク技術に更に磨きをかけそれを継承し、日本が誇れる伝統文化にしていきたいと思っています。


就職活動のアドバイス

好きな事を仕事にできたら一番理想的ですが、何になりたいのか、好きな事が見つからない方もいらっしゃると思います。
けれど、仕事とは誰かの役に立つ事です。誰かの為に真剣に向き合い、取り組む事でやりがいや達成感が生まれます。
続けていく事で誇りを持てるようになり、理想の働く私になれるのではないでしょうか。自分を信じて踏み出してみてください。