横浜ショールーム

お客様作品紹介 記事一覧

皆様、こんにちは。
スタッフNです。

現在、ボークス全店にて水性塗料の祭典「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付を実施しております!
参加部門にもよりますが、水性ホビー塗料の「Vallejo(ファレホ)」、「キメラカラー」、「MMP」のいずれかを、一部にでもご使用頂ければ、全塗装、部分塗装問わずご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください!

それでは今回エントリーいただいた3作品を早速ご紹介をいたします!
最初の作品はコチラ!

0712_1.jpg
0712_2.jpg
0712_3.jpg

エントリーNo.19
参加部門:C.ロボメカ部門
作者名:工房ユミー 様
作品名:ロスト・テイルズ
コメント:機体色はファレホのメカブラックとガイアカラーのプリズムブルーブラック、灰色はファントムグレーです。

スタッフコメント:横浜SRでも話題沸騰!コトブキヤから発売のヘキサギアがエントリー!
元は「ウィアード・テイルズ」という9本の尾をもつ機体ですが、その尾を戦闘で失ったため「ロスト・テイルズ」となり、今は砲塔とクローをその尾部に備えています。
モノトーンで仕上げられた機体の中に潜む差し色の赤と、プリズムブルーブラックのツヤが美しく光ります。
登場しているガバナーや宙を舞う鳥形の支援メカの塗装も抜かりなし!

次の作品はコチラ!

0712_4.jpg

0712_5.jpg
0712_6.jpg

エントリーNo.20
参加部門:A.ミニチュアペイント部門
作者名:キジトラ工房 様
作品名:ちび竜
コメント:胴体と岩を中心にファレホを使用。苔むした岩の感じが出るよう塗りました。とても楽しいキットです。

スタッフコメント:フリー部門にも既にエントリーしていただいた「キジトラ工房」様が「塗るガレ 龍神」でもエントリー!複数部門へのエントリーありがとうございます!
可愛らしくも、威厳を感じさせるシブい赤と緑のカラーリングが素晴らしい!どんな願いも叶えてくれそうです。
さらに抱えた宝玉は、メタリックカラーで塗られています。メタリックカラーは特性上、通常色よりも筆ムラが残りやすいのですが、この作品では筆ムラがほぼなく、非常に丁寧に塗装されています。
今回とくにこだわりポイントの岩は、滑らかなコケに覆われたような質感に!岩にまかれているしめ縄のコケも相まって、悠久の時の流れを感じさせてくれます。


本日最後の作品はコチラ!

0712_7.JPG
0712_8.JPG
0712_9.JPG

エントリーNo.21
参加部門:F.コンペ部門
作者名:Fujishin 様
作品名:ファフニール
コメント:全てファレホで塗装しました。素材感を意識して塗装しています。宝箱や宝石に特にこだわりました。

スタッフコメント:昨年からスタートした、「コンペ部門」!全国の猛者たちが頂点をめざしてシノギを削りあう部門です。
今回のテーマは「質感表現」です。腕自慢の貴方のエントリーをお待ちしております!
さて、Fujishin様は今回で何と5部門目のエントリー!なんと全部門制覇目前!ありがとうございます!
邪竜ファフニールがその手に持った宝石にご注目!まるで本物の宝石のように深みある輝が見てとれます。
また足元のハンマーにはNMM塗装が施され、ギラリと強い輝きを放っています。高難度の塗装表現も軽々とやってのける、Fujishin様の技術力に脱帽です!


以上、3作品のご紹介をさせて頂きました。
今回も見応えのある作品ばかりでしたね!

今回ご紹介させて頂いた作品を含め、「V.K.M.ペイントコンテスト9」のエントリー作品は、レジ横すぐの特設ショーケースに展示させて頂いております!
是非店頭にてじっくりとご覧ください!


また自分も「V.K.Mペイントコンテスト9」に参加したい、と考えている方は是非こちらの詳細をご覧ください! 

【イベント情報】ボークスV.K.M.ペイントコンテスト9開催概要

「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付期間は、2022年7月31日(日)まで受け付けております!
皆様の力作を、ボークス横浜ショールームスタッフ一同お待ちしております!

皆様、こんにちは。
スタッフ青木です。

現在、ボークス全店にて水性塗料の祭典「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付を実施しております!
参加部門にもよりますが、水性ホビー塗料の「Vallejo(ファレホ)」、「キメラカラー」、「MMP」のいずれかを、一部にでもご使用頂ければ、全塗装、部分塗装問わずご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください!

それでは今回エントリーいただいた3作品を早速ご紹介をいたします!
最初の作品はコチラ!

20220709-1.jpg

20220709-2.jpg20220709-3.jpg

エントリーNo.16
参加部門:C・ロボメカ部門
作者名:詩朗 様
作品名:A-TOLL
コメント:メカカラーピュアブラック主にガンメタル、チタンダークブルーを細部に使用しました。

スタッフコメント:
VKMペイントコンテストの常連であり、ゾイド、FAGなど幅広いジャンルを作られる詩朗様。
今回はMH A-TOLLでのエントリーです!
黒を基調とした装甲にメタリックグリーンとゴールドの差し色が美しいカラーリングで重厚感溢れるMHになっております!
配色のセンスや塗装面の美しさ、毎回ハイレベルで仕上げてくるのは流石としか言いようがありません。
ラウンドバインダの塗り分けも素晴らしく、ゴールドがキッチリと円になっている素晴らしさ。
綺麗に円を塗る...これは簡単なようで圧倒的に難しい、腕の見せ所であるポイントでしっかりとテクニックを見せてくれています!

次の作品はコチラ!

20220709-4.jpg

20220709-6.jpg

20220709-5.jpg

エントリーNo.17
参加部門:C・ロボメカ部門
作者名:タカ 様
作品名:SMPガオキング
コメント:シール部分をメカカラーファレホで塗装して、ガオライオンの牙をシルバーで塗装した。

スタッフコメント:
続いてVKMペイントコンテストの常連である「タカ」様もエントリーです!
シール部分を全てファレホで塗り分けていくスタイルは今回も健在!
設定通りのカラーリングで完璧に仕上げて、カッコ良いガオキングとして誕生!
どんな色でも筆塗りでキッチリと塗り分ける...そう、タカ様は隠蔽力の低い色でも綺麗に発色する様に塗られる素晴らしいテクニックの持ち主。
SMPなど非常に細かい作業が必要なキットでも、そのテクニックを駆使し素晴らしい作品を仕上げているのです!


本日最後の作品はコチラ!

20220709-7.jpg

20220709-8.jpg

20220709-9.jpg

エントリーNo.18
参加部門:C.ロボメカ部門
作者名:ネルニャンコ 様
作品名:ギュンギュンツヴァーク君
コメント:むりやりチョロQメカを搭載、走ります!かわいいアピールしているあざといピンクがファレホ、他はラッカー。

スタッフコメント:
秘密結社の試作ライト級ATツヴァークがサンドローダーだけでなくチョロQメカまで搭載し超絶な機動力を手に入れた!
高い機動性を持つツヴァークに相応しい改造で、あらゆる場面で爆走してくれそうです!
ユニオンモデルの1/60シリーズなので小型のキットとなりますが、丁寧な塗り分けと下処理を行い艶も半光沢に整えることでATらしい重厚感溢れる仕上がりとなっています。
肩や腕をピンクで塗装することで存在感を高め、小型でも目立ちやすくアピールしているのも良い見せ方ですな!


以上、3作品のご紹介をさせて頂きました。
今回も見応えのある作品ばかりでしたね!

今回ご紹介させて頂いた作品を含め、「V.K.M.ペイントコンテスト9」のエントリー作品は、入り口すぐの特設ショーケースに展示させて頂いております!
是非店頭にてじっくりとご覧ください!


また自分も「V.K.Mペイントコンテスト9」に参加したい、と考えている方は是非こちらの詳細をご覧ください! 

【イベント情報】ボークスV.K.M.ペイントコンテスト9開催概要

「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付期間は、2022年7月31日(日)まで受け付けております!
皆様の力作を、ボークス横浜ショールームスタッフ一同お待ちしております!

皆さんこんにちは!
横浜ショールームのスタッフAです!

現在、ボークス全店にて水性塗料の祭典「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付を実施しております!
参加部門にもよりますが、水性ホビー塗料の「Vallejo(ファレホ)」、「キメラカラー」、「MMP」のいずれかを、一部にでもご使用頂ければ、全塗装、部分塗装問わずご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください!

それでは今回横浜ショールームにエントリーいただいた3作品を早速ご紹介をいたします!
最初の作品はコチラ!


0628_01.jpg

エントリーNo.13
参加部門:D.フリー部門
作者名:Shrimp 様
作品名:キングジョー
コメント:荒れた画面越しに見た時の質感を出せるよう努力しました。

0628_02.jpg
0628_03.jpg

スタッフコメント:

全高約30mmというサイズにもかかわらず、ここまで塗り分けをされているShrimp様のテクニックがスゴイですね!

重厚な質感で塗装されたキングジョーはそのダイナミックなポーズと相まって、小ささをまるで感じさせることが無い程の迫力があります。
また、全体的に落ち着いた質感の中、頭部や胸部の電子ランプを鮮やかに塗装する事で作品のアクセントになっていますね!

メインとなるキングジョーやウルトラセブンは勿論ですが、ベースの波の表現も格好良く、作品の臨場感が素晴らしいです!

お次の作品はコチラ!

0628_04.jpg

エントリーNo.14
参加部門:D.フリー部門
作者名:キジトラ工房 様
作品名:Carnivcan
コメント:緑部分とベースにファレホを使用しています。
甲殻のグラデーションが気に入っています。

0628_05.jpg
0628_06.jpg


スタッフコメント:

キジトラ工房様が気に入っていると仰るだけあって、甲殻の塗装が素晴らしく、美しいグラデーションが目を惹きます!
ファレホが使用されている体色のグリーンが甲殻に使用されているオレンジなどの暖色をより引き立たせており、格好良く仕上がっています!
ベースもしっかりと塗り分けられており、丁寧な塗装が施されています!


作者のキジトラ工房さんと作品をお預かりする際にお話をさせて頂いた所、違う参加部門にも興味を持って頂けていた様でしたので、そちらでも是非ご参加をお待ちしております!

そして本日最後となるのはコチラの作品!


0628_07.jpg

エントリーNo.15
参加部門:B.ミニチュアペイント 胸像部門
作者名:Fujishin 様
作品名:コルト・ウィルソン
コメント:VHFを参考に革を塗りました。塗装は全てファレホです。
渋いおじさんはかっこいいと思います。

0628_08.jpg
0628_09.jpg


スタッフコメント:

今回のV.K.M.ペイントコンテスト9において、横浜ショールームに一番乗りで、しかも一挙3点を持ち込まれたFujishinさんの4作品目となるのがコチラ!
ワールドミニズで取り扱いをさせて頂いている「PFワークス」社の胸像「コルト・ウィルソン」でご参加いただきました。

ミニチュアの分類ではありますが、全高約100㎜の胸像という事で、塗装する面積も広く、その分、塗装の技術も問われるジャンルですが、見事な革の表現が激渋です!
VHF(ボークスホビーフレンド)を参考にして頂けたという事で、担当者も感涙に咽び泣いているに違いありません!
色の濃淡が革の使い込まれた感じを見事に表現した完成度の高い作品となっています!

以上、3作品のご紹介をさせて頂きました。
今回も見応えのある作品ばかりでしたね!

今回ご紹介させて頂いた作品を含め、「V.K.M.ペイントコンテスト9」のエントリー作品は、レジ横の特設ショーケースに展示させて頂いております!
是非店頭にてじっくりとご覧ください!


また、自分も「V.K.Mペイントコンテスト9」に参加したい、と考えている方は是非こちらの詳細をご覧ください! 

【イベント情報】ボークスV.K.M.ペイントコンテスト9開催概要

「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付期間は、2022年7月31日(日)まで受け付けております!
皆様の力作を、ボークス横浜ショールームスタッフ一同お待ちしております!

V.K.M.ペイントコンテスト9 横浜ショールーム参加作品はコチラ

皆様、こんにちは。
スタッフNです。

現在、ボークス全店にて水性塗料の祭典「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付を実施しております!
参加部門にもよりますが、水性ホビー塗料の「Vallejo(ファレホ)」、「キメラカラー」、「MMP」のいずれかを、一部にでもご使用頂ければ、全塗装、部分塗装問わずご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください!

それでは今回エントリーいただいた3作品を早速ご紹介をいたします!
最初の作品はコチラ!

0627_1.JPG
0627_2.JPG
0627_3.JPG

エントリーNo.10
参加部門:D.フリー部門
作者名:きさらぎむつみ 様
作品名:メガミデバイス「ディズィー」
コメント:ピュアブラックで体、ブルーで髪、羽はスカイブルーとジャーマンダークグリーン、リボンにムーンイエロー!

スタッフコメント:大人気を誇る美少女プラモデル「メガミデバイス」を、格闘ゲーム「ギルティギア」シリーズのディズィーに大胆アレンジ!
生体兵器である「GEAR」と人間の間に生まれた心優しいハーフギアの少女を見事に再現!
美少女プラモを得意にされているきさらぎむつみ様の、ミキシング技術が存分に発揮されています。
背中の羽「ネクロ」と「ウンディーネ」、大きな尻尾、特徴的な服装や髪と尻尾に編み込まれたリボンには布を使うなど細部まで作りこまれており、キャラクターに対する愛を感じさせます!
塗装もゲーム中のイメージそのままに再現されていますので、ギルティギアファンの皆様にもぜひご覧いただきたいです。
ディズィーの争いを好まない優しい性格を感じさせる笑顔もとってもキュートな一作です!

次の作品はコチラ!

0627_4.JPG
0627_5.JPG
0627_6.JPG

エントリーNo.11
参加部門:D.フリー部門
作者名:ゆう 様
作品名:三式中戦車・チヌ
コメント:ウェザリングに複数のピグメントを使用しています。モールドの良さが消えないよう柔らかく造ってみました。

スタッフコメント:旧日本軍の三式中戦車、通称「チヌ」がエントリー!ガルパンでは大洗女子学園の「アリクイさんチーム」が乗っていた事でもお馴染みですね。
コチラはファインモールド社のキットを、旧日本陸軍伝統の緑・茶・薄黄色の3色迷彩で塗装されています。
ファインモールドとは英語で「素晴らしいモールド」という意味。精密で繊細なモールドが素晴らしい精度で施されています。
そんな繊細なキットの肝とも言えるモールドを最大限活かすように、コメントにもあるようにモールドを損なわない柔らかな塗装を施されています。ぜひ店頭でじっくりとご覧ください。
また、その際には是非ともウェザリングにもご注目!足回りには泥汚れ、砲身や車体にはスス汚れなど、複数のファレホピグメントを使用されています。
綺麗過ぎず汚し過ぎない絶妙なバランスのウェザリングは流石!の一言。ぜひ店頭でご覧いただきたい作品です。


本日最後の作品はコチラ!

0627_7.JPG
0627_9.JPG
0627_8.JPG

エントリーNo.12
参加部門:D.フリー部門
作者名:ひもーと 様
作品名:スイーツ運搬中
コメント:モデルカラーファレホ使用。パッドはアイボリーとピンクを調合。ケッテンクラートのフォルム、可愛かった‼

スタッフコメント:「少女終末旅行」などで有名なドイツ軍の半軌道車ケッテンクラート。バイクとトラクターが合体したようなユーモラスな姿が特徴的!
車体をピンク色に、履帯と前輪などはアイボリーと、POPな見た目に大・変・身!とっても可愛いらしく仕上がっています!
もちろん牽引している車もピンクとアイボリーでおそろい!お菓子のシールでデコレーションされています。
かつて戦場を駆け抜けたときとは打って変わって、ソフトクリームやマカロンなどのスイーツを運ぶお菓子と愛の伝道師といった様相に!
ラブ&ピースをその背に載せてケッテンクラートどこへ行く...次はあなたの街かもしれません...。

以上、3作品のご紹介をさせて頂きました。
今回も見応えのある作品ばかりでしたね!

今回ご紹介させて頂いた作品を含め、「V.K.M.ペイントコンテスト9」のエントリー作品は、レジカウンター横の特設ショーケースに展示させて頂いております!
是非店頭にてじっくりとご覧ください!


また自分も「V.K.Mペイントコンテスト9」に参加したい、と考えている方は是非こちらの詳細をご覧ください! 

【イベント情報】ボークスV.K.M.ペイントコンテスト9開催概要


「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付期間は、2022年7月31日(日)まで受け付けております!
皆様の力作を、ボークス横浜ショールームスタッフ一同お待ちしております!

皆様、こんにちは。
スタッフ青木です。

現在、ボークス全店にて水性塗料の祭典「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付を実施しております!
参加部門にもよりますが、水性ホビー塗料の「Vallejo(ファレホ)」、「キメラカラー」、「MMP」のいずれかを、一部にでもご使用頂ければ、全塗装、部分塗装問わずご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください!

それでは今回エントリーいただいた3作品を早速ご紹介をいたします!
最初の作品はコチラ!

20220625-3.jpg20220625-1.jpg20220625-2.jpg

エントリーNo.7
参加部門:E・カラーリミット部門
作者名:A.K 様
作品名:ガミラス艦
コメント:オレンジ、蛍光イエロー、ピュアブラックの三色

スタッフコメント:
横浜初のカラーリミット作品はコチラ!
成型色を上手く活用しつつ三色という制限の中、見事に塗り分けられたガミラス艦。
綺麗に発色させにくいイエロー系も鮮やかで、設定のカラーリングを忠実に再現する巧みなテクニック。
色のチョイス、成型色の活用が見事だからこそ、カラーリミットという制約を感じさせない作品と言えるでしょう!

次の作品はコチラ!

20220625-4.jpg

20220625-5.jpg

20220625-6.jpg

エントリーNo.8
参加部門:E・カラーリミット部門
作者名:ゆう 様
作品名:BT-42
コメント:カラリミ初参加です。前輪の軸に真鍮を入れて舵を切れる&上下にも動くように改造しました。塗料は下記です。

スタッフコメント:

V.K.Mでも作品展示でもお馴染みの「ゆう」様。
いつも独自の塗装で戦車を仕上げるのが魅力で今回のBT-42はリアル志向での塗装。
本体のグリーンをムラなく丁寧に仕上げつつ、ウェザリングを巧みに使いこなした錆表現などが魅力的。
今回は動かないように固定しているのでお見せすることは出来ませんが、前輪が本当に良く動きます!
パーツに真鍮を仕込む領域は狭く高難易度の改造となりますが、そこは凄腕のゆう様。
見栄えも、可動も、耐久力も抜群に仕上げており、デフォルトでこの仕様なのでは?と錯覚するぐらいです。
そしてベースには使用した塗料を書いてあるという芸の細かさ!
使った色がわかりやすくしたこの仕様、「作品を見る人」に向けた気配りが実に見事です!

本日最後の作品はコチラ!

20220625-7.jpg

20220625-8.jpg

20220625-9.jpg

エントリーNo.9
参加部門:C.ロボメカ部門
作者名:通りすがりのおじさん 様
作品名:四八式一型 輝鎚・甲
コメント:ファレホで全塗装してみました。グリーン系が似合いそうだったので、グリーン多めです。

スタッフコメント:
コトブキヤ フレームアームズの四八式一型 輝鎚・甲がミリタリー系グリーンの装甲を纏い、横浜ショールームに着任!
右肩にあるマーキングが如何にも特別機体らしい雰囲気、そして機体にある多数のマーキングや指先のゴールドが良いアクセントになり、ダークグリーンの渋い機体をより一層カッコ良く引き立てます。
チッピング表現した脚部の爪は戦い抜いてきた機体でありつつも、損傷もなく綺麗な状態を維持しているストーリーすら感じます。


以上、3作品のご紹介をさせて頂きました。
今回も見応えのある作品ばかりでしたね!

今回ご紹介させて頂いた作品を含め、「V.K.M.ペイントコンテスト9」のエントリー作品は、入り口すぐの特設ショーケースに展示させて頂いております!
是非店頭にてじっくりとご覧ください!


また自分も「V.K.Mペイントコンテスト9」に参加したい、と考えている方は是非こちらの詳細をご覧ください! 

【イベント情報】ボークスV.K.M.ペイントコンテスト9開催概要

「V.K.M.ペイントコンテスト9」の作品受付期間は、2022年7月31日(日)まで受け付けております!
皆様の力作を、ボークス横浜ショールームスタッフ一同お待ちしております!

横浜ショールーム 店舗情報
  • 220-8577
    神奈川県横浜市西区南幸2-15-13
    横浜ビブレ 9F
  • 045-321-7871
  • 11:00~21:00
      土日祝 10:00~21:00
    ※天使のすみかフロアは、土日祝 10:00~20:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る