横浜ショールーム

店舗情報 記事一覧

皆さん、こんにちは。
スタッフの青木です。

「V.K.Mペイントコンテスト5」大盛況のうちに終了となりました。
横浜ショールームでは過去最高のエントリー数!
ご参加してくださいました皆様、本当にありがとうございます!

さて、コンテスト終了となりましたが、作品紹介のショールームニュースは続くのです!
本日はコチラ!

1107-01.jpg

エントリー部門・フリー部門
作者名「水野 佑亮」様
作品名「RAT」
使用塗料「ファレホ」

複葉機との2機同時のエントリー!
迷彩色も揃えており、これをすべて筆塗りで塗り分けているのがスゴイです。

1107-02.jpg

ファレホ筆塗りで細部まで綺麗に塗り分けており、重厚感溢れる金属塗装も筆塗り。
素晴らしいテクニックをお持ちです!

1107-03.jpg

それでは製作者様のコメントです。

「グラディエーターの側面と下地以外をファレホ筆塗りしました。」

筆塗りで飛行機モデルに求められる塗装面の円滑さを出せるとは!実に見事!

それでは次回の作品でお会いしましょう!

皆さん、こんにちは。
スタッフの青木です。

「V.K.Mペイントコンテスト5」大盛況のうちに終了となりました。
横浜ショールームでは過去最高のエントリー数!
ご参加してくださいました皆様、本当にありがとうございます!

さて、コンテスト終了となりましたが、作品紹介のショールームニュースは続くのです!
本日は海外ミニチュア部門賞・メーカーセレクト賞を受賞した作品となります!

1106-01.jpg

エントリー部門・海外ミニチュア部門
作者名「Ken」様
作品名「Sword of Dawn」
使用塗料「ファレホ」

海外ミニチュア部門賞&メーカーセレクト賞の受賞、おめでとうございます!
ビッグチャイルドの胸像ミニチュア「夜明けの剣」を超絶なペイントテクニックで仕上げて下さいました!
ノンメタリックで表現したゴールド、陰影のバランス、メリハリの効いたグラデーション塗装、全てがハイレベルな作品です!

1106-02.jpg

後ろ姿も非常に魅力的。
夜明けの照り返しなのでしょうか?暖かい陽光で染まる髪や着物が綺麗です!

1106-03.jpg

それでは製作者様のコメントです。

「袖に金魚と鯉を手書きで描きました。金色はメタリック塗料を使わず、塗装で表現しました。」

メタリック塗料を使わないノンメタリックペイント、絵画のような表現、緻密に描き込まれた金魚と鯉、正しくミニチュアペインターと言える程の実力!
本当に素晴らしい!

それでは次回の作品でお会いしましょう!

皆さん、こんにちは。
スタッフの青木です。

超緊急速報ですぞ!

1105-01.jpg

HSGK 1/100 GTM ダッカス・ザ・ブラックナイトの展示キャラバンが開始されます!
記念すべき展示キャラバン第一号は横浜ショールームに決まりました!
展示期間は「11月6日(金9~11月8日(日)の三日間」のみ!

あのダッカス原型を間近で見るチャンス!是非この機会をお見逃しなく!

1105-02.jpg

GTM初のレジンキャストキットであり、ボークスが誇る最高の技術での立体化。
原型となりますのでグレー1色となっておりますが、HSGK版は「クリア外装と内部フレーム」の2色成形仕様となっており、設定である黒色透明装甲を再現可能。
立体物として再現不可能と謳われた「GTM 黒騎士」を限界まで再現したHSGK ダッカス。
F.S.Sファンならずとも必見ですぞ!

1105-03.jpg

HSGK 1/100 ダッカスは「イベント限定品」となりますので、店頭での一般販売はございません。ご了承くださいませ。
11月22日(日)開催の「ホビーラウンド23」にて限定販売。
その後は12月12日(土)・13日(日)に予定されている「ホビーラウンドSR」にてボークス各店舗にて限定発売。
お求めのお客様は是非、ボークス主催の「ホビーラウンド23」にご来場下さいませ。
ホビーラウンド23オフィシャルガイド絶賛発売中でございます!

今週末は是非とも、ボークス横浜ショールームにご来店いただき、「GTM ダッカス」を貴方自身の目で御覧下さいませ!
スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております!

皆さん、こんにちは。
スタッフの小野田です。

塗るプラコンテスト3、沢山のエントリーありがとうございました!
11月13日(金)まで投票期間中ですので、ドンドン投票して下さいませ!
参加の有無に関わらず投票することが出来ますよ。
今回は、前回に引き続きA部門・フリーペイント部門の作品を紹介したいと思います。
本日はコチラ!

1104-01.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「よーち」様
作品名「キジムナー」台座

今回先陣を切るのは、ギョロ目の精霊キジムナー!
沖縄のマングローブ林を彷彿とさせる絶妙な艶感との水面表現が素晴らしい作品です!
濃い目の陰影がキジムナーの妖怪らしさをグッと引き立てつつ、水面に反射するシルエットがなんとも幻想的ですね。


それでは製作者様のコメントです。

「ストレート組みの塗ることを楽しみました。」

シンプルかつ小さな空間に雰囲気や情景を落とし込む演出には、製作者様のただならぬセンスを感じる作品に仕上がっています。


お次はコチラ!

1104-02.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「うらぱぱ」様
作品名「キジムナー」

まるで高級なインテリアのようにあふれ出る気品...シンプルな中にも製作者様の丁寧な仕事ぶりが目に浮かぶ作品となっています!
黄色みがかった体毛や陰影のつけ方、木の質感、色の選定も見事ながら、筆ムラを全く感じさせない綺麗な塗装面で、まるで完成品のように丁寧に塗っていただいています。


それでは製作者様のコメントです。

「オールvallejoです。水木先生原画風に塗っています。」

まさに原画から飛び出してきたかのような作品に仕上がっています!このまま古美術展に飾れそうなほどのクオリティですね。


お次はコチラ!

1104-03.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「究孤堂」様
作品名「輪入道」

トリッキーなキジムナーに相反するように熱い造形美、輪入道!
なんとも荒々しい輪入道のイメージが様々な色を通して伝わってきます!
眼光鋭く血走る目玉の表現は、今にも咆哮をあげながら向かってきそうな迫力があります。


それでは製作者様のコメントです。

「自分のストレス込めて彩色しました。」

採食に感情が乗り移るとはこのこと...あっぱれな作品です!


お次はコチラ!

1104-04.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「裁鬼」様
作品名「東京五輪入道」

鮮やかすぎて、目が...目がぁ!
輪入道だけに魂を抜かれるというか、度肝を抜かれた作品ですね。
彩色もさることながら、それぞれの陰影のつけ方が絶妙で製作者様のユーモアと技術の高さが感じ取れる作品となっています。


それでは製作者様のコメントです。

「疫病によって中止になった東の都での祭典に対する人々の情念が妖怪となった。」

まさに煮え切らない人々の思いが宿った五つの車輪、必ず開催して見せる熱い思いが込められた作品です!

それでは次の作品でお会いしましょう!

皆さん、こんにちは。
スタッフの青木です。

塗るプラコンテスト3、沢山のエントリーありがとうございました!
11月13日(金)まで投票期間中ですので、ドンドン投票して下さいませ!
参加の有無に関わらず投票することが出来ますよ。

今回はA部門・フリーペイント部門の作品を紹介したいと思います。
エントリー多数ありますので、2回に分けさせていただきます!
本日はコチラ!

1103-01.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「MON」様
作品名「輪入道」

記念すべき初エントリー作品は新作の輪入道!
肌色や炎、特徴的な髭や髪などの塗装が素晴らしい!
ハイライトとシャドウのバランスが作品にメリハリを生んでいますね!

それでは製作者様のコメントです。

「全てファレホの筆塗です。」

全体の鮮やかなで綺麗な塗装が実に見事です!
後ろにある炎のエフェクトと相まって、あらゆるもの焼き尽くしそうな勢いを感じます!

お次はコチラ!

1103-02.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「T.W」様
作品名「輪入道 これ見る者魂を失う」

人里離れた秋の山を感じさせるジオラマ、恐ろしい風貌を輪入道、そして周囲に漂う人魂、実に見事な演出!
作品名の通り、この輪入道に遭遇したら一目見ただけで魂を持っていかれそうな...完成度の高さが素晴らしい。

それでは製作者様のコメントです。

「鳥山石燕の妖怪画の様なおどろおどろしい感じをだしたく作りました。」

灰色の肌を持つ輪入道、周囲に浮かぶ魂がおどろおどろしい雰囲気を演出しており、妖怪の恐ろしさを漂わせる見事な作品!

お次はコチラ!

1103-03.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「Atrun.cra」様
作品名「キジムナー」

新作エントリーラッシュは止まりません!
今度はキジムナーです!
オリーブドラブのキジムナー、木の実などに見える感じがいいですね!
木の枝のリアルさは勿論、木の陰にいる蛙の塗装など細部まで丁寧に塗り分けています。

それでは製作者様のコメントです。

「ファレホで全部塗り、気の向くまま3時間ほどで仕上げました。」

このクオリティを短時間で仕上げるとは...!
実に見事な塗装テクニック!

お次はコチラ!

1103-04.jpg

エントリー部門・フリーペイント部門
作者名「ナルセ」様
作品名「冬の日のキジムナー」

おお!明るめのレモンイエロー塗装のキジムナー!
鮮やかな色合いながら、寒さというものが伝わってくる雰囲気ですね。
黄色と黒の蛙も小さいながら非常に存在感があります!

それでは製作者様のコメントです。

「キジムナーは沖縄の妖怪ですがだんだん寒くなってきたので、冷たい風が吹いていそうなイメージで塗りました。使用カラー valljo MODEL COLOR MAGENTA、ROYAL BLUE、LEMON YELLOW、BLACK、WHITE」

レモンイエローのキジムナー、枯葉が舞っていそうな木の塗装が冬の訪れを告げているようですね!

それでは次回の作品でお会いしましょう!

横浜ショールーム 店舗情報
  • 220-8577
    神奈川県横浜市西区南幸2-15-13
    横浜ビブレ 9F
  • 045-321-7871
  • 11:00~21:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る