仙台ショールーム

ミニチュアフィギュア 記事一覧

 2月4日は二十四節季の一つ「立春」。暦の上では春が始まる日となっていますが最近は益々寒さが厳しくなっているような気がします。

どもです仙台SRのタカハシです。

 さて今年の初めに発売され仙台SRでもあっという間に完売しました「塗るガレ」の「龍神」と「ケツァルコアトル」が、再入荷しました!!

0204_01.jpg

 「筆塗りが楽しいレジン製ミニチュアキット」として先月発売しました「塗るガレ」。現在店頭で未塗装の「ケツァルコアトル」とサフ吹きした「龍神」を展示しています。(私も現在塗装中でございますので完成しましたら展示しますのでお楽しみに!)

 では改めてラインナップのご紹介です。最初に紹介するのは日本やアジアを代表する龍・・・

0204_02.jpg

塗るガレー【ドラゴネッツ】シリーズー

◆№1:「龍神」

◆価格:¥3500(税別)

◆総パーツ数:3パーツ

続いては南米アステカ神話の龍の塗るガレ・・・

0204_03.jpg

塗るガレー【ドラゴネッツ】シリーズー

◆№2:「ケツァルコアトル」

◆価格:¥3500(税別)

◆総パーツ数:4パーツ

 入荷した数に限りがございますのでお早めにお求め下さい。それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

仙台の山々もぼちぼち紅葉が始まり秋らしくなってきました。

東北にお住まいの皆様いかがお過ごしでしょうか?ミニチュアフィギュアにハマり抜け出せないでいる「塗るプラ」担当の高橋です。

さて今回ファレホの「クラックメディウム」を初めて使ってみましたのでご紹介いたします。

1107_01.jpg

■ファレホ「クラックメディウム」

■容量:17ml
2種類のコーティング部の間で「風化したような効果」を出す際に使用する水性溶剤。
塗装表面にヒビがあるように見せることが出来る特殊塗料です。

■価格:¥290(税別)

「塗装表面にヒビがあるように見せる」事が出来るという他ではあまり見ない塗料ですので、早速試しに使ってみました。

1107_02.jpg

 そうゼロテ社の「ガーゴイル像」に使ってみました。今回初めてゼロテ社のミニチュアキットに挑戦しました!前に紹介したガーゴイル像とは違い身体の半分は紫色にし、もう半分は石化状態を再現しました。さらに身体にヒビが入り徐々に解除されていく様も表現してみました。

この画像ではちょっと見づらいのでアップにした画像をご用意しました。

1107_03.jpg

 翼に入っているヒビや腕に入っているヒビが「クラックメディウム」で入れたヒビ割れです。

作り方はコチラ・・・

1:本体をファレホ「ブラックプライマー」で塗装

(塗装前にキャストクリン等で洗浄は忘れずに)

2:ファレホゲームカラーの「ストーンウォールグレー」で基本色を塗装。

3:塗装が完全に乾いたらファレホ「クラックメディウム」を塗ります。

(少し厚めに塗るとヒビが入りやすくなります)

4:ヒビが入るのに少し時間がかかりますので、ヒビの入りが浅いと思ったら再度「クラックメディウム」を塗ります。

5:ヒビの入りに問題がなければファレホウォッシュ「レッドウォッシュ」を塗ります。

(レッドウォッシュはヒビの隙間に入る事で血管のようなイメージを演出する為に使いました)

6:ウォッシュカラーが乾いたら、ストーンウォールグレーをドライブラシをかけて完成。

 コチラの作品はミニチュアフィギュアキットコーナに展示中です。詳しい作り方等ご質問がありましたらスタッフまでご質問下さい。

それでは皆様のご来店を心よりお待ち申しております。

いやぁ~朝晩の冷え込みが日に日に増してきました・・・このままだと秋を感じる事も無く冬を迎えそうな東北でございます。

どもです、最近ガンプラよりミニチュアキットにどっぷりハマってしまっている「塗るプラ」担当の高橋です。

さて皆さんボークスで「塗るプラ」はもちろん「ゼロテ」「キメラモデル」「ビックチャイルド」等、海外のミニチュアフィギュアキットを販売しており大好評を頂いております。

ですが・・・「せっかく塗装したのに飾る台座が無い!」という事ありませんか?海外メーカーさんのキットは台座が付属していない事がございます。そこでオススメしたいのがこの商品!!

塗って、飾って、組み合わせるジオラマシリーズ・・・その名も「塗るジオ」です!!

1105_01.jpg

〇「塗るジオ」とは・・・

・塗ったミニチュアをもっと素敵に飾りたい!

・ジオラマって作るのが難しそう・・・

・塗ったミニチュアにぴったりな舞台が欲しい!

そんな、ご要望にお応えするために「塗るジオ」は誕生しました!

〇商品ラインナップ

・肥沃な大地/飢渇な大地/勝鬨の巨石/眺望の岩場

全4種 価格:各¥900(税別)

■仕様:レジンキャスト製未塗装品(成型色グレー)

■サイズ:(土台部分)横幅5㎝×奥行5㎝×高さ3cm

レジンキャストですので塗装前に「キャストクリン」または中性洗剤で洗浄は忘れずに!

「塗るジオ」は塗装次第で情景が変わります。

例えばこんな感じ・・・

1105_02.jpg

「塗るジオ」飢渇の大地をベースに氷付いた大地を再現してみました。

他にもこんなやり方もあります。

1105_03.jpg

「塗るジオ」の肥沃の大地をベースに、鉄道模型のジオラマ作り等で使用する草木を再現するツールを使って荒れた大地に草を植えてみました。

最後に「塗るプラ」と「塗るジオ」のコラボがコチラ!

1105_04.jpg

「塗るジオ」眺望の岩場を使って「塗るプラ」の油すましを立たせました。

どーです?ただ置いとくだけより「塗るジオ」に乗せるだけでこんなにもカッコよくなるんですよ!これは使わない手はないですよね!!

これまで紹介してきました作品は仙台SRに展示しております。塗装のやり方もコーナーにPOPとして貼っておりますが、直接スタッフにご質問頂いても大丈夫です。

それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

東北にお住まいの皆様、朝晩の冷え込みが厳しくなりました。いよいよ本格的な秋の到来ですな~

どもども、毎度おなじみ塗るプラコーナー担当の高橋です。

前回に引き続き「塗るプラコンテスト2」のエントリー作品をご紹介致します。

1020_01.jpg

■エントリー部門:ジオラマ部門

■作者名:凛 様

■作品名:はじめてのジオラマ

■コメント:ファレホで筆塗りしました。

1020_02.jpg

フリーペイント部門でエントリーを受付した当日に、「油すまし」と塗るジオ「眺望の岩場」をご購入頂いてから僅か数日で作品をお持ちいただけるとは!

塗るジオの小石のような部分にグリーン系の塗料で塗る事で苔や草を再現しているところがGOODでございます!!そして米粒くらいの大きさに匹敵するカブトムシも塗装されていて、色分けもされています!初めてトライでここまで出来るというのは素晴らしいですよ!!

さて「塗るプラコンテスト2」エントリー受付は終了いたしました。現在はエントリー作品の投票を受付しております、もちろんエントリー作品も展示しておりますのでぜひ実物をご覧頂き「コレだっ!」という作品に一票を投じて下さい。

作品の投票期間と結果発表は下記のとおりです。

■投票期間:10月19日(土)~10月25日(金)

■結果発表&表彰式:10月27日(日)

それでは皆様のご来店を心よりお待ち申しております。

夏の暑さも落ち着いたと思いきや・・・連日の雨。しかもムシムシと、梅雨へ逆戻りしたのかと思う今日この頃ですな。

仙台SRの高橋でございます。

さて今回は仙台SR店長の倉原が塗装した作品を紹介します!

0828_01.jpg

ゼロテ社:

「ガーゴイル像」

スタッフコメント:

まさに侵入者を排除するため石化状態を解除して動き出そうとする一瞬をイメージして塗装しました。塗料はもちろん「ファレホ」を使用しました。

0828_02.jpg

使用したファレホ(ファレホ):

・ゲームカラー72010 ブラッディレッド

・ゲームカラー72014 ウォーロードパープル

・ゲームカラー72036 ブロンズフレッシュトーン

・ゲームカラー72001 デッドホワイト

・メカカラー 69027 グリーンブルー

 作品は仙台SRのミニチュアフィギュアコーナに展示しています。ぜひ実物を見に仙台SRまでお越し下さい。

皆様のご来店を心よりお待ち申しております。

仙台ショールーム 店舗情報
  • 980-0021
    宮城県仙台市青葉区中央4丁目1-1
    イービーンズ 5F
  • 022-726-3070
  • 10:00~20:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る