船橋ららぽーとショールーム

V.K.Mペイントコンテスト4 お客様作品紹介④

 船橋ららぽーとショールーム 

こんにちは!ららぽーとSRです。

ご好評いただいております「ボークスV.K.Mペイントコンテスト4」のお客様作品紹介となります!
それでは、早速いってみましょう!!

20200108-01.jpg

No.5
作者名:フクシマ 様

作品名:MINOTUR SHAMAN

コメント:骨はゲームカラーのボーンホワイト、マントはゲームカラーのロイヤルパープルとモデルカラーのライトオレンジ、ライトグリーン、肌はモデルカラーのレザーブラウンで塗っています。掲げている人はデッドフレッシュににロンドングレー、臓器はグローリーレッドとパステルブラウンで塗りました。肌にはゲームウォッシュのスキンウォッシュ、残りはウェザリングカラーのマルチブラックで仕上げています。

こちらは海外ミニチュア部門のエントリー作品。ゼロテ社の「シャーマンミノタウロス」を台座と合わせて仕上げてくださいました!
実物はそんなに大きいサイズではないのですが、それを感じさせないほどに精密に塗り分けられています。

まず目を引くのは、ボーンホワイトを使って塗られた「骨」の質感!!ウェザリングカラーによる仕上げが効果的に出ていて、シャーマンミノタウロスの凶悪さが見事に表現されています。
地面に転がる人骨まで丁寧に塗り分けられているので、それも雰囲気作りに一役買っていますね!

そしてなんと言っても、特筆すべきは掲げられた人のリアリティ溢れる塗装!!グロテスクさが見事に表現されており、シャーマンミノタウロスの凶悪さがより一層際立っています!
この作品は、とにかく「塗り」に力を入れて制作されたようで、そのこだわりが作品の至るところから伝わってくる凄まじい仕上がりとなっています!!

続いての作品です。

20200108-04.jpg

No.6
作者名:フクシマ 様
作品名:ダークネスランダー
コメント:ゲームカラーのロイヤルパープルで筆塗りしました。

ロボ、メカ部門でのエントリーとなります。
台座に施されたスカルや骨のような装甲からダークな世界観が溢れ出ています。ロイヤルパープルでの塗装もダークゴシック感があってクールですね。
筆塗りによって仕上げられたとのことですが、エアブラシ塗装と見間違えてしまうくらい綺麗に塗られていますよね!これもフクシマ様の技術の高さによるもの!

骨の装甲もクオリティが高い!茶色がかった色やゴツゴツした造形が本物の骨のような重厚感を演出しています。

続いての作品です。

2020010901.jpg

作者名:SHIGE 様

作品名:試合中です!!

コメント:みほの肌(ラッカーのフレッシュサフ)と目(デカールの上からエナメルクリアー)以外、全てファレホカラーによる筆塗りです。初めてファレホのテクスチャーを使ってみましたが、泥汚れが楽しすぎてクセになりそうでした。

こちらはフリー部門のエントリー作品、IV号戦車をガルパン仕様で仕上げてくださいました!
細部のディテールまでしっかりと塗り分けられていて、ウェザリングエフェクトと相まって非常に重厚感溢れる仕上がりとなっています。

近くに寄っても、スケールをまるで感じさせない丁寧な塗りであることがよくわかります!車体に載っている小物まできれいな塗り分け、まるで本物のようなリアリティです。
コレが全て筆塗り...SHIGE様の塗装技術、恐るべし!!

背面まで抜かりなし!車体下部に施されている泥汚れのウェザリングが、この作品の「本物感」をグッと高めていますね!

素晴らしい作品をありがとうございます!
「ボークスV.K.M.ペイントコンテスト4」は作品エントリーが終了し、本日13日(月・祝)から1月24日(金)までの期間で人気投票を行っております。

ご紹介している作品は店舗入口脇のガラスケースにて展示中!是非皆様の力作をご覧いただき、気に入った作品に投票をお願いします!