秋葉原ホビー天国

筆塗りに興味がある方必見!ホビー天国ファレホ筆塗り実演レポート!

 秋葉原ホビー天国 

みなさまこんにちは! ホビー天国5Fスタッフ田村です!

今回は11/28(土)、29(日)に行いました「ボークス3大水性塗料実演祭り」ファレホ筆塗り実演のレポートをご紹介します!
実演に多数のご参加を頂きまして、ありがとうございました!

1205_01.jpg

さて、実演ではガンプラ成型色仕上げを題材に、ファレホを使った「部分塗装」「スミ入れ」「ウェザリング」のテクニックをご紹介させて頂きました。
初めてファレホを使うという方にも分かりやすいよう、塗り方だけでなく、塗料の出し方から筆の洗浄まで、丁寧に細かく実演を進めていきました。

まずは部分塗装について。
私は筆ムラがなるべく目立たないよう、ファレホをきれいに塗るテクニックとして「薄く塗り重ねる」方法で行います。
モデルカラーやゲームカラーでしたら塗料1に対して水1。
メカカラーでしたら、塗料1に対して水0.5で希釈をし、薄く3~4回塗り重ねていきます。

希釈をする事で塗料の平滑性を上げ、薄く塗り重ねれば自然と塗膜表面はなめらかに仕上がっていきます。
もちろん筆塗りで塗料がはみ出る場合がありますので、リカバリー方法についても実演で行いました。

はみ出した部分の下地がプラスチックでしたら、ファレホ・エアブラシクリーナーを含ませた綿棒での拭き取りや、竹串の先端を使った削り取りでリカバリーが可能です。
下地がファレホ塗装面でしたら、塗料が乾く前に水を含ませた綿棒で拭き取ると良いでしょう。

続いてスミ入れについて。
乾燥してから定着まで時間の長い、メカカラー・メカウェザリングを使ったスミ入れ。
そして、色数の多いモデルカラー、ゲームカラー、メカカラーを使ったスミ入れもご紹介しました。

メカウェザリングは希釈なし。
モデルカラー、ゲームカラーは塗料1に対して水3。
メカカラーは塗料1に対して水2の割合で希釈して頂ければ、スミ入れがやりやすいかと思います。
スミ入れの拭き取りに関しては、上記リカバリー方法と同じように、下地別に行って頂ければ大丈夫です。

1205_02.jpg

最後にウェザリングについて。
塗装剥げ表現にはモデルカラーを使ったチッピング。
さらに汚れ表現にはメカカラー・メカウェザリングを使ったウォッシングを行いました。

私が今回の実演で最もお伝えしたかったのは、メカウェザリングの特性です。
塗料の乾燥後に定着するまで時間の猶予がありますので、時間に余裕を持って汚れのコントロールが出来ます。
パーツをランナーから切り出したままの表面がツルツルな状態であれば、プラスチックに塗装後1時間経っても筆で塗料を動かす事が出来ます。
この特性を利用すれば、初心者でもじっくりとウェザリングが行えます。

実演では平筆を使ってメカウェザリングをパーツ全体に塗り、乾燥後に面相筆で塗料を撫でて、パーツのエッジ付近に汚れが集まるように移動させていきました。
最後に水性のスプレーでトップコートをすれば完全に定着し、手で触っても大丈夫な状態になります。

1205_03.jpg

いかがでしょうか。成型色仕上げの筆塗りでも、ファレホを使えば本格的なウェザリング塗装が楽しめると思います。

実演中に「ファレホは本当におもしろい!」と、参加されたお客様がおっしゃられていました。
私もその通りだと思います。
ファレホは本当におもしろい(楽しい)塗料です。
安全な水性塗料ですので、塗装が初めての方もぜひチャレンジしてみてください!

また、ホビー天国5階では「ボークスV.K.M.ペイントコンテスト6」が開催中です!
実演で見たテクニックを参考に、ファレホをはじめとした塗装で、コンテストに参加してみてはいかがでしょうか!

秋葉原ホビー天国 店舗情報
  • 101-0021
    東京都千代田区外神田1-15-4
  • 03-5295-8160
  • B1~5F 平日 11:00~20:00
      B1~5F 土日祝 10:00~20:00
      6~7F 平日 11:00~19:00
      6~7F 土日祝 10:00~19:00
  • 定休日:無し
  • 店舗ページを見る