秋葉原ホビー天国

これでキャラグミンもこわくない!「フェイト・T・ハラオウン」製作編④

 秋葉原ホビー天国 

皆さんこんにちは!秋葉原ホビー天国4階です。
気温が高くならず、過ごしやすい日が続いていますが皆様いかがですか?!
さぁ元気にキャラグミン製作を進めましょう!!

引き続きお題は、キャラグミン「キャラグミン フェイト・T・ハラオウン(ブレイズⅡ)」です。
前回までの記事はこちら
製作編① 製作編② 製作編③

今回は、「仮組み」最終章です。(組み立て説明書 P.03 『仮組み』 参照)

「仮組み」で真ちゅう線を仕込みつつどんどん組み立ててゆきます。

その際にもう接着しても良いところを確認します。
私が仮組みを行い、接着しても良いかなと思いましたのは、

1、髪の毛パーツ b-14.Rとb-13、b-15.Lとb-16 のツインテール。
 同じ色で一体化していた方が今後の製作が行いやすい。

2、ベルトパーツ b-11.Rとd-28.R、b-12.Lとd-29.L のサイドアーマー。
 色は異なるが一体感を出したいので、この時にしっかりとすり合わせを行い、ピッタリと合わせて接着してしまいましょう。
 塗装したいときも分割ラインが単純ですのでマスキングが楽なのも判断理由の一つです。

接着の際は、瞬間接着剤で"しっかり"とくっつけましょう。

●ベース選び
キャラグミン「キャラグミン フェイト・T・ハラオウン(ブレイズⅡ)」を別途「ベース」へ接着しましょう!
ベースは、アクリルベース、木製ベースが一般的です。

アクリルベースは、ベースの存在感をそれほど主張せず、かつ高級感が出せます。
木製ベースは、オイルステイン、ニス等で処理を行えば、豪華なベースになります。

今回は、フェイトを目立たせたいので、アクリルベースを選択。
使用するのはもちろん

ボークス製 クリア アクリルベース (角タイプ 面取り無し)¥477(税別)です。

価格もお手頃、形状、カラーも豊富であらゆるイメージに合わせることができます。

 0715_01.jpg

ベースを使用することでさらに躍動感アップ!
ベースへの接着は、綺麗にしたかったのでグルーガンを使用して付けました。
※瞬間接着剤は、白化しますので使用は避けましょう。
 グルーガン以外だと2液性のエポキシ接着剤が良いです。

突如のお薦めアングル!!

0715_02.jpg

私が最も気分が上がったアングルです。
フェイトの髪の毛が、猛々しくかつ優雅に弧を描いています。
「激戦」であることを見事に立体で表現しています。

●瞳・まゆ毛デカール貼り (組み立て説明書 P.04 『瞳・まゆ毛デカールを貼ってみよう!』 参照)
 説明書の通りにすると失敗は、ほとんどしないと思います。
 ですのでしっかりと読み、その通りに行いましょう。

豆知識:貼り付けたデカールから余分な水分や気泡を取る際に使用する綿棒は、湿らせておくとデカールが綿棒に張り付いてしまうことを防げます。

さあ、仮組みが終了しました。

ここから、塗装したいなという場合でも、ほぼバラバラに出来ますので塗装することも可能です。
また、このまま飾りたいという時は、各部品を足元から接着してゆけば、バラバラになることなく、いろんな角度から観賞することが出来ます。
金属線で軸打ちして仮組みすれば、この時点でも様々な完成形を選択することが出来ます!!

それでは、エンジョイ、キャラグミン!!

秋葉原ホビー天国 店舗情報
  • 101-0021
    東京都千代田区外神田1-15-4
  • 03-5295-8160
  • B1~5F 平日 11:00~20:00
      B1~5F 土日祝 10:00~20:00
      6~7F 平日 11:00~19:00
      6~7F 土日祝 10:00~19:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る