秋葉原ホビー天国

IMS「L.E.D.ミラージュ V3」(単騎仕様)定期制作実演(1月26日)

2019/02/01 ホビー天国 店舗情報 

皆様こんにちは!
秋葉原ホビー天国、5階スタッフの田村です。

今週もボークスIMS「L.E.D.ミラージュ V3」(単騎仕様)の定期制作実演にたくさんご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

実演中、嬉しい事にお客様の方からお声掛けをいただく機会も多く、ついつい模型に関する話題で盛り上がってしまう事がたくさんありました。

ご自身で制作された作品をスマートフォンの写真で見せてくださるIMSファンの方もいらっしゃいました。
その美しい仕上がりに感激し、塗装のレシピなどのお客様の知識を共有させていただく場面もございました。

さて、今回の制作ではランナーからパーツを切り出す際に、造形村「プロ絶ニッパー」を使っています。
切れ味の良い薄刃、握りやすいグリップ形状など、私自身が特に気に入っている工具の一つです。

実演にお越しいただいた方に造形村の工具を体験していただくために、実際に「プロ絶ニッパー」を使ってパーツを切り出していただきました。

お客様から伺った感想には「切ったときに、ほとんど音がしない。」というものがありました。
そうなんです。ふつうのニッパーですと、切ったときに「パチン」と音がするものなのですが、この「プロ絶ニッパー」はスッとゲートが切れてしまうのです。

パーツ本体にダメージを与える事なく、確実に狙った箇所を切ることができるのが、「プロ絶ニッパー」の素晴らしい特長ですね。
硬いクリアーパーツも得意としており、「L.E.D.ミラージュ V3」の制作には欠かせない工具なのではないかと思います。

「プロ絶ニッパー」は本体自体が薄く、ランナーとパーツの空間が狭いゲートカットも難なくこなします。

ゲートを少し残してカットし、そこからもう一度カットしたのが上の写真です。
切断面もキレイで、パーツのギリギリまでニッパーでカット出来ますから、その後のゲート処理がものすごくラクになります。

今回は頭部外装の組み立てを行いました。
外装は半透明のプラスチックで、割れてしまった場合などは、リカバリーの難しい材質です。
こういったパーツにも、確実に切り出せる「プロ絶ニッパー」は大活躍ですね!

こういった様子で、お客様に体験していただきながら制作を進めております。

「それでは、また来週!」といきたいところなのですが、続きを楽しみにしていただいていた皆様、申し訳ございません。
今週2月2日(土)の「L.E.D.ミラージュ V3」(単騎仕様)の定期制作実演はお休みさせていただきます。

代わりに2月2日(土)・3日(日)の二日間は、塗るプラ「鬼太郎」の制作実演を行います!
話題の塗るプラを、組み立てからファレホを使った筆塗りによる塗装まで、分かりやすくご説明しながら進めていきます!

詳しくはホビー天国のショールームニュース「塗るプラコンテスト開催決定&プラモデル組立講座は塗るプラです!」でご案内していますのでぜひご覧ください。

それでは、プラモデル組立講座(塗るプラ編)への皆様のご参加をお待ちしております!

*次回の「L.E.D.ミラージュ V3」(単騎仕様)の定期制作実演は2月9日(土)13:00~17:00(予定)となっております。

秋葉原ホビー天国 店舗情報
  • 101-0021
    東京都千代田区外神田1-15-4
  • 03-5295-8160

  • ▼ 1~5F
      平日 11:00~20:00
      土日祝 10:00~20:00
    ▼ 6~7F
      平日 11:00~19:00
      土日祝 10:00~19:00
  • 定休日:無し/ビルの休館日は休業
  • 店舗ページを見る
秋葉原ホビー天国 カテゴリー別記事