ショールームニュース、すみか便りがリニューアルオープンいたしました!
最新記事は新サイトにてご確認ください。

ショールームニュース »
すみか便り »

大阪ショールーム

2016/05/25

SWS 1/32 ドルニエ Do 335 A-0 プファイル 好評発売中!

こんにちは!大阪ショールーム5Fスタッフ秋田です!!

暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか!
ついに5月21日より全世界で発売となりました。
SWS 1/32スケール 第10弾 ドルニエ Do 335 A-0 プファイル
大阪ショールーム5Fで絶賛発売中です!

エレベーターを出た、5Fの入り口正面にコーナーを展開中です!
特設コーナーには、SWS Do335のチラシも無料配布中!(痛快だいきゅうごう!)

そして!お待ちかね!アフターパーツも5月28日(土)発売!
こちらも合わせてご予約受付中です!

大阪ショールームにお越しの際は、是非5FのSWSコーナーにお立ち寄りください!

ボークス大阪ショールームの店舗情報はコチラでチェック!↓

それではスタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

投稿:大阪ショールーム

2016/05/24

まだまだっ!ガルパンに本気ですっ!!

こんにちは!大阪ショールーム4Fスタッフ島田です。

5月なのにこの暑さ!!
この暑さに負けないくらい、ガルパンがまだまだ熱いです!!

大阪ショール4FのAFVフロアでは、ガルパンコーナーを強化展開中!
関連のプラモデルはもちろん、ガルパングッズから新製品のご予約まで、
特設コーナーにて本気を出してます(笑)

ここで、ガルパンファンの皆様にビックニュースをお届けします。
なんと!エフトイズ様からご協力をいただき、6月13日発売予定の新製品
ガールズ&パンツァー劇場版 プルバックタンク Vol.2」をサンプル展示中です♪

大人気、プルバックタンクシリーズの第2弾、
可愛くデフォルメされた戦車達が勢揃い!

全8種類でIV号戦車はもちろん、劇場版&OVA版車輌が入った
ファンには堪らないラインナップで登場!

是非、4Fに見に来てくださいね♪

手に乗せるとこんな感じ!!

店頭では大絶賛ご予約受付中です。
※ご予約はBOX(10個入)でのご予約受付となります。
さぁ、ボークス大阪ショールームへ、パンツァー・フォー!!!

ボークス大阪ショールームの店舗情報はコチラでチェック!↓

それではスタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

投稿:大阪ショールーム

2016/05/23

ゼルベリオス VR-MAXIMA 好評予約受付中!

こんにちは!大阪ショールーム3Fスタッフ横山です!!

ついに、5月14日よりご予約開始となりました、
Blue Knight × VOLKS 1/24スケールインジェクションキット
「ゼルベリオス VR-MAXIMA」

おかげさまで、初日から連日大勢のお客様にご予約いただいております!

大阪ショールームではゼルベリオスのご予約開始に合わせて、
今までに発売されたBlue Knight × VOLKSシリーズの
インジェクションキット、カラーレジンキットを取り揃えた、
特設コーナーを展開中です!

階段を上がって、3階の入り口正面にある巨大なゼルベリオスの看板が目印です!

特設コーナーには、ゼルベリオスのキットの仕様を紹介した特製ポップも展示。
発売前に詳しい仕様を知ることができます!

さらに、特設コーナーには予約カードをご用意しております、
ご予約の際はこちらをレジにお持ちください。

大阪ショールームにお越しの際は、是非3階の特設コーナーにお立ち寄りください!

ボークス大阪ショールームの店舗情報はコチラでチェック!↓

それではスタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/14

【S.M.F8】アフターレポート9 次回テーマ発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

最終日には、造形村開発総司令官こと弊社社長・重田が来店し、
SWSの新製品「SWS 1/32 ドルニエ Do 335 A-0」について熱く語りました!

また、造形村のブースには貴重なデコマス展示が登場!

SWS 1/32 ドルニエ Do 335 A-0」は、好評予約受付中です!

さて、前回までのショルームニュースでは、
模型コンテストで受賞された方の作品をご紹介いたしました。

今回は、今年の秋に開催が决定した
「第9回 スケールモデルフロンティア (S.M.F9)」のテーマを
発表いたします!

S.M.Fでは、皆様にスケールモデルの世界を楽しんでいただくための
テーマを設けてきました。
過去のテーマは「水」「防衛」「ターニングポイント」「映画」
「ウェザリング」でした。

そして!S.M.F9のテーマは…

「エース」~スケールモデルで魅せる戦場を彩ったエース達~です!

エースといえば…
空中戦でのエース・パイロット、またその機体、チームの主力機、戦局などにおける「第一人者」、第一線で活躍した機体などなど…

色々想像が膨らみますね♪
模型コンテストでは「エース」をテーマにした作品を募集いたします!

S.M.F9の詳しい内容や、模型コンテストへの応募方法などは、
後日、ショールームニュースや、S.M.F9特設サイトでお知らせいたします!

S.M.F8のアフターレポートは、今回で最終回となります。
今までお付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございます!

そして、大阪ショールームはS.M.F9に向けて動き出しております!
関西最大級のスケールモデルのイベント、
「第9回スケールモデルフロンティア」にご期待ください!

以上、横山がお伝えしました!
またお会いできる日まで、さようなら~!

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/13

【S.M.F8】アフターレポート8「社長賞」「最多アンケート賞」「最優秀賞」受賞者発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

ショールームニュースでは、
S.M.Fコンテストで見事受賞を果たした作品たちと、
製作者様のコメントを抜粋してご紹介しております!

今回はついに「社長賞」「最多アンケート賞」「最優秀賞」の発表です!

社長賞

弊社社長、重田が選んだ作品がこちら!

【コメント】
「ドイツ空軍のもう一つの主力、地上攻撃航空団。 対戦車攻撃に空戦にと活躍したエクスベリテンの機体です。Fw190F8「黒のシェヴロン」第二地上攻撃航空団(SG2)第4隊長ヘルマン・ブーフナー少尉機。1944年6月ルーマニア・ツィリステア」

北川様には賞品として「SWS 1/48 ホルテン Ho 229」が贈られました!
こちらの作品は、メーカー賞の「ウィリング賞」も同時に受賞しております。

最多アンケート賞

S.M.F8の1日目にご来場されたお客様にご投票いただき、
最も多く票を獲得された作品がこちら!

【コメント】
「ジャングルの雰囲気を演出する為の草木に苦労しましたがなんとか満足な仕上がりになったかな?」

イサフー様は、シーナリー部門の「金賞」に続いての受賞でした!
会場でも、熱心にご覧になるお客様がたくさんいらっしゃいました!

最優秀賞

スキルアップアカデミーの講師様、ボークススタッフが選んだ
S.M.F8の最優秀賞がこちら!

【コメント】
「油彩絵具とパステルで日暮れを塗装表現しました。
エンジンスタートを表現する為に電飾にもチャレンジしました(9ヶ所)
エンジン始動車のトヨタダイナがお気に入りだったりします。グランドクルーセットのオネエサンをライザップするのは苦労しました。横開きキャノピーオープンは大変デスotz」

おやぢ様は、シーナリー部門で「影の表現賞」も受賞されています!
ジオラマのベースに映った人物や機体の黒い影は、会場のライティングで生まれたものではなく、なんと塗装で表現されているんです!!
「ウェザリングで魅せる」という今回のテーマに、見事な技術で応えてくださりました! 細かい部分までこだわりの行き届いた作品です。
受賞おめでとうございます!!

以上が「第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」の全受賞作品の紹介となります! お付き合いいただきました皆様、誠にありがとうございます!

次回S.M.F9でも、模型コンテストを開催予定です。ぜひ奮ってご参加ください!

そして、S.M.F8授賞式の最後に発表された次回S.M.F9のテーマは・・・
・・・あっとここでお時間が来てしまいました!

S.M.F9のテーマは、次回のSRニュースでご紹介いたします!
あと1回お付き合いくださいませ♪

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/12

【S.M.F8】アフターレポート7「スター・ウォーズ部門」「講師賞」受賞者発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

ショールームニュースでは、
S.M.Fコンテストで見事受賞を果たした作品たちと、
製作者様のコメントを抜粋してご紹介しております!

今回は特別枠「スター・ウォーズ部門」と、
スキルアップアカデミー講師様が選んだ「講師賞」の受賞作をご紹介♪

スター・ウォーズ部門

スター・ウォーズ部門とは、
バンダイ製「スター・ウォーズ」の模型をウェザリング表現で魅せる部門です。

「フォースと共にあらんことを」賞
「Yウイングを複座にして、ウェザリングしただけです。」

エピソード7賞
「バンダイ スターウォーズキットの出来の良さを利用して、ランナー状態で塗装し、特に改造もせずに素直に組み立てました。」

これぞ歴戦の勇者で賞
「ウェザリングといえばスター・ウォーズ。ということでこのキットを選択しました。このディテール・組みやすさで、このお値段。バンダイおそるべし。」

俺ームトルーパー賞
「この一年間でAFV系のプラモ作り始めて今回は、スターウォーズをAFVチックに塗りました。」

スター・ウォーズ部門 銅賞
「メッキのつやが映画の感じとはちがったのでメッキをハイターで取りのぞき
クレオスのメッキシルバNEXTにて再塗装しました+シャドーを入れています。」

スター・ウォーズ部門 銀賞
(コメントはございませんでした)

スター・ウォーズ部門 金賞
「寒さを感じてもらえるとうれしいです。」

以上が「スター・ウォーズ部門」の受賞作です!
新作映画のキットはもちろん、旧作のキットでのご応募もあり、見応えのある部門となりました!

講師賞

スキルアップアカデミーの講師、
内藤様、柳井様、上原様、吉岡様が選んだ作品です。

内藤あんも賞
「基本的にきれいに汚す派なので、スミ入れ・サビの流れ・オイル汚れ・金属のスレ位のウェザリングです。
これ位の方が後々ジオラマ等で汚しを合わせやすいと思います。」

柳井建二賞
「シュペルエタンダールといえば1982年のフォークランド戦争で英駆逐艦シェフィールドをエグゾゼ対艦ミサイルで大破させたエピソードが有名ですのでその機体の1つとして製作しました。
工作はキットに付属していないシートベルトの自作と機体の側面の筋彫りの掘り増しを行っています。」

上原直之賞
「M6が実戦投入されたと言う設定で製作しました。OVMを追加し荷物を載せ実戦らしさを強調しました。 シリコンバリアーを用いたチッピングとカラーモジュレーション塗装を行いました。 足まわりはパステルとウェザリングカラーで強目に汚しました。」

吉岡和哉賞
「キットの出来がすばらしいので、あっさりめのウェザリングで仕上げました。」
こちらの作品はシーナリー部門の銀賞とアスカモデル賞も受賞されております!

以上が「講師賞」の受賞作です!
各賞ごとに講師様が寸評を述べられておりましたが、
どの作品も非常にレベルが高く、手の込んだ作品で、大変高評価をいただいておりました!

次回はいよいよ「社長賞」「最多アンケート賞」「最優秀賞」
ご紹介です!!

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/11

【S.M.F8】アフターレポート6「シーナリー部門」受賞者発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

ショールームニュースでは、
S.M.Fコンテストで見事受賞を果たした作品たちと、
製作者様のコメントを抜粋してご紹介しております!

今回は「シーナリー部門」の受賞作をご紹介♪

シーナリー部門

シーナリー部門とは、
「天候」「地域」「環境」等を感じさせる「場面」を表現する部門です。

灼熱の大地で賞
「北アフリカの暑さが伝わるように努力しました
熱さによるボンネットの塗装の劣化」

影の表現賞
「油彩絵具とパステルで日暮れを塗装表現しました。エンジンスタートを表現する為に電飾にもチャレンジしました(9ヶ所)」

白い世界賞
「降伏勧告後の待機中のプラウダ高校に出会ってしまったキツネのジオラマです。 キツネはシェパードから改造しました。JS-2は緑を塗装後に冬季迷彩をしました。」

ロシアの大地賞
「東部戦線の雪をイメージして作りました。
キットはホビースクエア京都のサンクスフェスタ7にて購入した福袋に入っていた1-32スツーカを使用しました。」

どしゃぶりで賞
「MGS5の幻のエピソード51をイメージして作りました。 美体が熱帯の島ということで集中豪雨の直後という設定です。」

ZITADER賞
「作っていて楽しいキットでした。単色で魅せる戦車は表現が難しいです。 頭を悩ませるところは錆や雨だれ等の自然な表現が毎回試行錯誤する点です。」

シモムラアレック賞
「常は無人の景勝地やキャンプ場のトイレの雰囲気を目指しました!! 汚い、臭そうは最高の褒め言葉!!」

GSIクレオス賞
「ズベズダの1/100のシリーズはゲーム用コマとして売られていますが、スケールキットとして見てもなかなか出来が良いので塗装とウェザリングでリアルに仕上げ、あえてゲーム板の上にならべてみました。」

シーナリー部門 銅賞/メカトロウィーゴ賞(2賞受賞)
「日曜ドラマ劇場「じいちゃんの背中」第2話お兄ちゃんの帰郷 長い旅から帰ってきたお兄ちゃん、小高い丘での再会。お兄ちゃんへの憧れ、いや初恋?あの感動ドラマの名シーンを、妄想再現致しました。」

シーナリー部門 銀賞/アスカモデル賞(2賞受賞)
「キットの出来がすばらしいので、あっさりめのウェザリングで仕上げました。」

シーナリー部門 金賞
「ジャングルの雰囲気を演出する為の草木に苦労しましたがなんとか満足な仕上がりになったかな?」

以上が「シーナリー部門」の受賞作です!
まさにその場面の空気が伝わってくるような作品ばかりです♪

次回は特別枠「スター・ウォーズ部門」
そして、スキルアップアカデミーの講師様が選んだ「講師賞」のご紹介です!!

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/08

【S.M.F8】アフターレポート5「ステイン&マッド部門」受賞者発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

ショールームニュースでは、
S.M.Fコンテストで見事受賞を果たした作品たちと、
製作者様のコメントを抜粋してご紹介しております!

今回は「ステイン&マッド部門」の受賞作をご紹介♪

ステイン&マッド部門

ステイン&マッド部門とは、
「オイル汚れ」「排気汚れ」「泥汚れ」等による「汚れ」を表現する部門です。

good dirty賞
「好みの車輌がコレクションに適した1/48で出たので、久々に戦車を作りました。 (このスケールは製作や完成後の保管もやり易くて良いですね!)戦車模型はウェザリングが楽しく、 チッピングやウォッシングなどの技法を試してみました。」

ベストドロレッサー賞
「SMF7で店長賞で頂いたT-80UDを作りましたエッチングパーツの取付が非常に大変でした。」

はたらく車賞
(コメントはございませんでした)

ベストオイリー賞
「オイル汚れにこだわりました。」

オフロード賞
「初めての泥を作りました。色んな雑誌で調べて最終的には石こうとアクリル絵の具etcで作りました。初めての泥にしては...」

目に焼き付くで賞
「“アヴァランチ作戦のドイツ軍反攻作戦”シーン 
イギリス軍からの砲弾の雨がやんで、反攻の緒戦の成功し予先をイギリス軍に向けるようにと連絡しているシーン。」

汚れた英雄賞
「今回はスリムなジオラマにチャレンジしました。 スリムなジオラマに宇宙空間を出すのに、隕石を作りLEDを電飾、けっきょくメインカメラ、バーニアを電飾しました。 やはり目が光るといいなぁ~」

リアルなスス汚れで賞
「現用機のリアルなウェザリングを目指し、塗りを変えたり、汚しを色々試行錯誤しました。 塩害+ヤタ式やエナメルメインでススを油彩系で他の汚しを。機体も1/32サイズの割にサッパリしていたので、 リベットや他ディテールアップをおこないました。」

ブルーナイト賞
「キットの改修はせず、ペイントのみでの表現でどこまでできるかと、やってみた作品です。」

アスカモデル賞
「アーモーモデリング誌の特集を参考に、各部を改造。泥汚れにはピグメントを使用しました」

エアテックス賞
「ドラゴンの始祖にあたるキット、タミヤに大きな影響をあたえました。 ドイツ四号戦車の最後期のキットの出展が少ないので作成しました。」

ファインモールド賞
「基本形状と鋳造表現が素晴らしい、いわゆる素性の良いキット。 省略、簡略化されたモールド等はほぼ再現しました。」

ステイン&マッド部門 銅賞/ハセガワ賞(2賞受賞)
「東日本大震災から早5年。未だに解決できていないことも多くありますが、
そんな中活躍するアスタコを表現したくてビネットにしてみました。」

ステイン&マッド部門 銀賞/アオシマ賞(2賞受賞)
「エンジン排気・ホコリ・サビ・オイル・水など、ディーゼル機関車ならすべてのウェザリングが楽しめます。 エアブラシ・ドライブラシ・スミ入れなど、あらゆる技術を使いました。」

ステイン&マッド部門 金賞
「数々の激戦をくぐり抜けたティーガーを、冬期迷彩とハードなウェザリングで表現しました。 基本塗装はラッカーで3色迷彩、その上にシリコンバリアーで剥がした冬期迷彩、 さらにウェザリングカラーのホワイトでリタッチしています。ウェザリングは油彩を中心にしっかりと施しています。」

以上が「ステイン&マッド部門」の受賞作です!
「汚れ」の表現も様々で、非常に勉強になる作品ばかりです♪

次回は「シーナリー部門」のご紹介です!!

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/07

【S.M.F8】アフターレポート4「ダメージ部門」受賞者発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

前回に引き続き、S.M.Fコンテストで見事受賞を果たした作品たちと、
製作者様のコメントを抜粋してご紹介いたします!

今回は「ダメージ部門」の受賞作をご紹介♪

ダメージ部門

ダメージ部門とは、
「被弾」「大破」「炎上」「爆破」等による「破損」を表現する部門です。

爆発はげいじゅつだ賞
「建物の火、ハノマークの火の表現、兵士の戦死した人、捕虜の表現とハノマークのクラッシュと動きある表現などガレキの表現など、 ガレキのバランスが苦労しました。あと、1/144ムスタングの遠近方で表現しました。」

名誉ある傷賞/ピットロード賞(2賞受賞)
「パトレイバーの指揮車をメインにしたジオラマを制作しました。水の動きの表現は苦労しました。」

破損して動かないんじゃないの?安心してください動けますよ賞
「松本零士「ザ・コクピット」に登場する機体がモチーフです。大戦末期、敵機動部隊に電撃を敢行するも艦載機の迎撃を向け、穴だらけになりながらも基地へ帰還した・・・という想定です。まん丸な非弾痕・穴という穴から漏れ出るオイル等、漫画的ダメージ表現を心掛けました。」

コトブキヤ賞
「アルドノア・ゼロより主人公機、スレイプニールです。作中のイメージ通り塗装剥がれをシリコンバリアで表現しました。キットが良いので、特に加工は行わずストレートに組みましたが、後のランドセルの背面は、作中通りタンクが見えるようにしました。」

トミーテック賞
「フィクションで作るのは難しいですね。アスタコは近所の工事現場で同型機がたまたま動いていたので参考になりました。 戦車は某国の仕様は分かりませんがこんな感じで映ってました。レンガの貼り付けに時間かかりました。」

ダメージ部門 銅賞
「大破して放置され、風化の進んだ装甲車を制作しました。最も苦労したのはジオラマの草原です。あとは装甲車本体の破壊工作と緑化が一発勝負だったのでとても気を使いました。」

ダメージ部門 銀賞/炎の表現が上手いで賞(2賞受賞)
「F6Fの追撃を振り切った一式陸攻が桜花を切り離した場面を再現してみました。
被弾ヶ所や炎の配置はOVAを参考にしてます。桜花はロケット3発を同時に点火しているので炎も大きめにしてみました。山岡中尉の「はっはっはっ。まだ飛べるぜよ!」のセリフがよかったですね。」

ダメージ部門 金賞賞
「ウェザリングのテーマに沿って、T55AがHEAT弾で被弾したダメージタンクを製作しました。 ポイントは特徴的な放射状の被弾痕とその周辺の破損、アップデートされていない旧式のT-55Aのための車体の激しい損耗をいかに表現するか?が苦労したところです。」

以上が「ダメージ部門」の受賞作です!
「破損の表現」という、難しいテーマに挑んだ力作が揃いました!

次回は「ステイン&マッド部門」の紹介です!!

投稿:大阪ショールーム

S.M.F

2016/04/06

【S.M.F8】アフターレポート3 S.M.F8コンテスト受賞者発表!!

皆様、こんにちは!
大阪ショールームスタッフ横山です!

関西最大級のスケールモデルのイベント、
第8回 スケールモデルフロンティア (S.M.F8)」にお越しいただきました皆様、
誠にありがとうございます!!
おかげ様で、大盛況のうちに閉幕いたしました!!

今回からは、S.M.Fコンテストで見事受賞を果たした作品たちと、
製作者様のコメントを抜粋してご紹介いたします!

まずは「エイジング部門」の受賞作から♪

エイジング部門

「エイジング部門」は、
「サビ」「雨だれ」「風化」といった「経年劣化」を表現する部門です。

ボトムズ賞
「エアースプレーが使えない環境での製作となりました。塗料も水性無臭のアクリル系「サクラカラー」を使って、筆塗りのみで仕上げました。」

わびさび賞
「Kow YOKOYAMA Ver.をボロサビにしました。」

歴戦の風格賞
「イメージの念出に大層苦労した。時間がなくシンプルになってしまったのが残念だが、、、それもまた良し。」

ヴィンテージ賞
「のちにデ・ハビランド社を創業するジェフリー・デ・ハビランドの設計になる航空機で、最初の形式BE2aの初飛行は1912年2月。戦闘機という凶悪な存在が登場することなど想定外の時期の、安定性を重視した機体でした。」

日焼け賞
「今回は友人の誘いで初めてコンテストに参加しました。テーマ選びに迷いましたが、エイジング部門ということで、局地主に砂漠での戦闘で砂漠の砂で汚れ、長期間放置された感じになるようにウェザリングしてみました。」

雨ニモマケズ風ニモマケズ賞
(コメントはございませんでした)

ゴッドハンド賞
「チュニジアで大損害を出すのがこれらのタイプです。エアフィックスのキットは1975年ごろ出たもので約40年前のものですが、プロポーションは割合いけてますので、今回細部を修正して作り込んでみました。」

ウェーブ賞
「形状ではなく塗装で魅せられるよう意識して塗ってみました。ムラの出にくいファレホを、あえてムラを強調するように塗り、アルコールで剥がしながら使用感を出してみました。」

時間が一番残酷で優しいで賞
「1942年2月22日にパプアニューギニアの沼地へ不時着し30年以上その存在が
忘れられていたSwampGhost(沼地の亡霊)を再現してみました。」

グッドスマイルカンパニー賞
「解体中の伊勢です。映像や写真を参考に被弾箇所や潮の満ち引きでできた汚れを表現してみました。」

童友社賞(takepon様)
「市販されているモデルカステイジのシナイグレーではグレーの色合いが強すぎる為
IDFグリーンを基本塗装してからシナイグレーを色調補正で使い
2色が微妙に合わさったカラーにしました。」

童友社賞(マムシ様)
「ゲーム『Fallout 3』のラストシーンを1/35でジオラマにしました。」

エイジング部門 銅賞
「マスキングの良い練習にはなりました3台です。」

エイジング部門 銀賞
「今回新しい技法を試したく、ヤタ式で班を作り汚しにアクセントを持たせる感じにしてみました。」

エイジング部門 金賞
「塗装剥がしで理想の剥がしかたも出来たかと思います。「ドイツ軍の寂しさ」を感じて頂けるようあえてシンプルな情景にしてみました。」

以上が「エイジング部門」の受賞作です!
どちらの作品も、見事にエイジング(経年劣化)を再現した作品ですね♪

次回は「ダメージ部門」のご紹介です!!

投稿:大阪ショールーム

| ショールームニュースTOPへ | 次の記事へ >>

※記事内の価格表記は、掲載時点での消費税率に基づいた価格を表示しています。
※税率改正後も、2014/3/31以前に開催され終了、完売している各イベント告知・商品特設ページ内については、一部旧税率(5%)で価格が表示されていることがあります。