製品について、お問い合わせのあった質問を掲載いたしました!質問の項目をクリックすると回答が開閉します。
下記項目以外のご質問などありましたら、お問い合わせまでお気軽にご連絡下さい。

FAQ

Q1. 塗装は必要でしょうか?
未塗装でも殆ど問題はありません。

キャラグミンは塗装なしでも設定に近い色分けが再現されておりますので、 未塗装で組み立てても設定に近い出来上がりになります。
ですが、自分で製作した上に塗装を施すとより一層「貴方のフィギュア」になるのでオススメです。
もし塗装未経験の方ならまずは筆塗りで、 まゆ毛、まつ毛、ほほ等、お顔まわりから始めるのはいかがでしょうか?
可愛くなるのが直ぐに分かるので俄然やる気が出ますよ!
Q2.「離型剤落とし」が紹介されていますが必要ありますか?
未処理でも殆ど問題はありません。

ボークス製のガレージキットは特殊な離型剤を使用しているので そのまま未処理でも殆ど問題はありません。
ですが、離型剤が強く残った箇所があった場合、塗装や接着剤を弾いてしまうので、 「離型剤落し」をする事をお勧めします。

【離型剤とは?】
ガレージキットは製造の都合上、表面に油分(離型剤)が付着しています。
離型剤が表面に残ったままだと塗装や接着剤が剥がれてしまう場合があります。

【おススメ工具・用品】
『造形村キャストクリン(離型剤落とし専用)スプレー』 (ホビー天国ウェブへリンク)
Q3.説明書に、パーツ接着の際「プラモデル用では着かない」とありますが、
具体的にどのような接着剤を用意すればよいのでしょうか?
オススメの瞬間接着剤はこちら

【おススメ工具・用品】

容量が多すぎず使い切りタイプで使い易いです。


瞬間接着剤 高強度タイプ 「剛着」 瞬間接着剤 低粘度タイプ 「即着」 瞬間接着剤 ゼリー状タイプ 「盛着」

※プラモデル用の接着剤とは有機溶剤系のプラスチックを溶かして接着するタイプの事を指しております。
 キャラグミンは瞬間接着剤を使用します。
 説明書内ではスペースの関係上「中粘度の液状タイプ」がおすすめになっていますが
 ココでは3つの接着剤の違いと使用箇所をもう少し詳しく説明いたします。


①液状瞬間接着剤(剛着)
中粘度タイプの瞬間接着剤です。キャラグミンでは最も多く使用されます。
サラサラタイプ(②)より粘度があり、強度が必要な場合に有効です。


②液状瞬間接着剤(即着)
サラサラタイプの瞬間接着剤です。
狭い隙間や、面と面が合わさる部分に使用する場合に有効です。


③ゼリー状瞬間接着剤(盛着)
ゼリー状で接着剤を盛る事が出来ます。
パーツとパーツの間に隙間がある場合や、凸凹した面を接着する場合に有効です。


Q4.スプレー塗料でも大丈夫なのでしょうか。
問題はありません。

塗料で一般的なものはラッカー系塗料、水性アクリル系塗料、エナメル系塗料等々…色々ありますが、
ホビー系のスプレー缶(ラッカー塗料系)を使用される限りウレタン樹脂で出来ているガレージキットは
溶剤で溶けてしまったり、割れてしまったりといった事はありませんので安心して缶スプレー塗料ご使用下さい。

※ただ、缶スプレーは大変便利な塗料ですが、初めての方には少し練習が必要な事と選ばれる塗料の種類によっては
塗装時にとてもニオイがキツイく、換気の無い屋内での使用には適さない物があります。
色数にも制限あったりなどで塗装を始められる方には少しハードルが高い為、ファレホカラーをオススメしております。

【ファレホカラーとは?】
スペインで生まれたアクリル塗料。隠蔽性が強く(下の色が透けにくい)発色が美しい。 水性塗料の為、可燃性が無く溶剤の嫌な臭いが少ない。室内の使用には適しており、 水を介して他の色と混ぜ合わせることも可能、その豊富な色数(400色以上)で色んな調色を楽しむ事ができる。 乾燥前であれば水や少量のアルコールですぐに落とすことができるが、乾燥すると水濡れに強く、剥がれにくい。

Q5.パーツが壊れてしまいました。
パーツの有償対応もお受けしています。

パーツが折れたり、割れてしまった時は、ボークス・アフターサービス係ご相談下さい。パーツ一つからでもお受けいたします。 (パーツによっては割高なパーツや在庫の無いパーツもありますのでご注意下さい。) もちろんウレタン樹脂は瞬間接着剤と相性が良いので接着剤で修理してしまうのも一つです。 一度接着すると、かなり強固に接着します。ただ、パーツによって接着面が少なく不安定な所は パーツ交換の方が安心です。