ショールームニュース

全国のボークス店舗の最新情報をお伝えします!

店舗情報 記事一覧

キャラグミン制作実演レポート(2)

2018/08/16 広島SR 店舗情報 

こんにちは!
広島ショールームのコウゾウです!

前回に引き続き、8月の毎週土曜日に定期開催しております「キャラグミン 1/7 ダージリン(水着ver.)の制作実演会」を振り返っていきたいと思います!
この記事を読んで、是非キャラグミン作りにチャレンジしてください!

前回はパーツチェックと整形を行いました。
整形は根気がいる作業ではありますが、そこまで大変ではないのでご安心ください。

では、さっそく仮組みを行っていきます!

まずは「軸打ち」から。
キャラグミンはパーツ分割とダボがしっかりしているので、軸打ちは必ずしも必要というわけではありません。
しかし、イベント等で入手したディーラー製キットを作る際には必要な工程ですので、今回はしっかり軸打ちをしていくことにしました。

用意するのは1.5mmのアルミ線、1.5mmと2mmのピンバイスとシアノン。そして瞬着硬化スプレー!

いきなり1.5mmのみで中心に穴を開けてもいいですが、キレイに中心を取るのが難しいという方にオススメの方法がこちら。
まずは1.5mmのピンバイスでダボの中心あたりに穴を開け、アルミ線を刺していきます。

ここで役立つのが、パーツ整形でも使用したタミヤの「クラフトニッパー (プラスチック/軟金属用)」!
2.5mmまでのアルミ線ならスパスパカットできるので、ガレージキット用ニッパーはこれ1本あればOKといっても過言ではありません。

アルミ線を通し終えたら、反対側のパーツに2mmの穴を開け、はめ込みます。
多少強引にでも、ピッタリ合わせることができれば準備完了!

次に、2mm側の穴にはみ出さない程度のシアノンを流し込みます。
ニッパーで目止め用の傷をいれたアルミ線に、瞬着硬化スプレーを多めに吹き付け、はめ込んで待つこと20秒ほど。
あとは慎重に力を入れ、引き抜けばしっかりと固定されているはずです。

これをサクサク進めていき、すり合わせしつつはめ込んでいくと…。

はい、仮組み完了!
後から取り付け予定の小さいパーツ等は、マスキングで仮止めしておきます。
この時点でも既にかわいいですね!

今回はここまで!
次回は、水転写デカールの貼り付けを行っていきたいと思います。

キャラグミン ガールズ&パンツァー
1/7 ダージリン(水着ver.) 制作実演会

【開催日程】
第1回:8月4日(土)13:00~14:00 (ゲートカット&パーツ整形)※終了しました
第2回:8月11日(土)13:00~14:00(表面処理~仮組み)※終了しました
第3回:8月18日(土)13:00~14:00(デカール貼り付け&部分塗装)
第4回:8月25日(土)13:00~14:00(部分塗装~組み立て)

【会場】
ボークス広島ショールーム 店内入り口特設ブース

【参加費】
無料

【商品情報】
ボークス キャラグミン 1/7 ダージリン(水着ver.)
¥9,000(税別)

それでは、今週の土曜日も皆様のご参加をお待ちしております。

お客様のスケールモデル作品紹介 『BT-42』

2018/08/15 横浜SR 店舗情報 

こんにちは、横浜ショールームの☆野です。

横浜ショールームでは、スケールモデルを充実取扱中!
それだけではなく、入替制でお客様による完成品をウィンドウに展示しています。

さて、そんなお客様の制作したスケールモデル完成品を随時ご紹介していきます。

今回の作品はこちら!

作品名:BT-42
制作者様:生存者 様
使用キット:タミヤ 1/35 フィンランド軍突撃砲 BT-42

みんな大好きBT-42! まさかこの車両がここまで有名になるなんて、本キットが発売されたときに誰が予想しただろうか…。

さすがベテランモデラーの生存者様。アニメのイメージに実写風のウェザリングをわずかに加え、写実感を出していますね。

なんて巨大な砲身!
作中のワンシーンが蘇るようです。
車体の表面を覆うダストや、足周りのウェザリングもお見事!

ちなみに、この大砲は見た目こそ強そうですが、実際は対戦車能力が著しく低かったことで知られています。
BT-42とは、言わば寄せ集めで作った「バランスの崩れた自走砲」です(フィンランドにとってはこれでも貴重な戦力だったのですが)。
この戦車でパーシングを超至近距離から撃破していく所に、継続高校の凄みを感じます。

それでは、制作者様のコメントです。

一体この色は何色なのか…。
監修された方いわく「パロラの博物館にある実物のような緑色」がイメージらしいです。わからん…。

ちなみに、フィンランドにあるパロラ戦車博物館のBT-42は、当初野外展示でした。
そこで近年、クラウドファンディングで調達した資金を使って屋根が設置されました。
これには日本からも多くの送金があったとの話です。

それにしても、生存者様の塗装はお見事!
是非、実物をご覧いただきたいです!

本作品はスケールモデルコーナーに展示中です。
それでは、次の作品紹介でお会いしましょう!

キャラグミン制作日記『ガウリイ編』その3

2018/08/15 ホビー天国 店舗情報 

皆様、こんにちは!
秋葉原ホビー天国4階、フィギュア担当のスタッフKです。

今回は、引き続きキャラグミン「スレイヤーズ ガウリイ=ガブリエフ」の制作日記をお送りします!
これまでの制作日記を未読の方は「キャラグミン制作日記『ガウリイ編』その1」と「キャラグミン制作日記『ガウリイ編』その2」をご覧ください!!

さて、本日の工程は「部分塗装」です。

部分塗装

やってまいりました!部分塗装のお時間です!
使用するのは、スタッフKのオススメ塗料「ファレホ」シリーズです!
今回はその中から、指定カラーである「モデルカラー」と「ゲームカラー」を使用します!

余談ですが、「ファレホ」にはメカキャラクター制作にぴったりの「メカカラー」もございます。
こちらも併せて宜しくお願いします!

・アーマー裏のベルト部分→モデルカラー レッドレザー
・アーマー裏の金具部分→ゲームカラー ポリッシュドゴールド
・ブーツの靴底→モデルカラー ブラックグレー
各¥290(税別)

今回は筆塗り塗装を施していきます!
細かい部分は、筆先の細い物を使うときれいに塗ることが出来ます!

もし塗装がはみ出てしまっても、乾燥後にはみ出た部分をセラカンナ等で削れば修正出来ます。
失敗を恐れずにドンドンチャレンジしていきましょう!

・ベルトの金具部分→ゲームカラー ポリッシュドゴールド

お次は金具部分を塗装していきます!
ゴールドカラーは一度の塗装だとうまく発色しない事があります。
数回に分けて重ね塗りすると、キレイに発色します!

以上で今回の行程は終了です。

次回は引き続き「部分塗装」をお送りします!
「見てくんないと、暴れちゃうぞぉ!!」

また、今回ご紹介したキャラグミン「スレイヤーズ ガウリイ=ガブリエフ」は、秋葉原ホビー天国4階にて好評発売中です!

それでは、皆様のご来店をお待ちしております!